課題に向き合い、頂点を目指せ!


年内のゲームがすべて終わり、レッドウェーブはこれからオールジャパンに向かいます。ですが、年内最後の新潟アルビレックスBBラビッツ戦は、けっして喜べる内容ではありませんでした。

司令塔のルイ(#10町田)は6つのアシストをしながら、6つのターンオーバー。

ガードとしてはいただけない数字です。

またスコアラーのウィル(#15山本)はこの日、無得点に終わっています。

本人も調子の悪さを自覚していながら、原因がもうひとつ掴めていないようでした。

ただ、レイ(#1三谷)が言っていたのですが、長いシーズン、必ずそういう時期はあるものです。それを乗り越えてこそ、真のチャンピオンチームになるのです。

ファンもそのことを信じて、応援してくださる。

完全アウェイの新潟でも…本当にありがとうございます。

調子が悪いときでも…いや、そんなときこそ、チームが1つになることが求められます。スタメンも、ベンチメンバーも、スタッフも、応援リーダーたちも、そしてファンも。なりましょう、1つに!なりましょう、チャンピオンチームに。

最後に、レイ(#1三谷)からファンの皆さんにメッセージです。

「いつも応援ありがとうございます。年内のゲームが終わり、これからオールジャパンに向かいます。(Xリーグで優勝した)アメフト部に負けないように、私たちもまずはオールジャパンで頂点を目指しますので、お正月はぜひ会場に足を運んでいただき、応援をよろしくお願いします!」

みなさん、よいお年を!
そして、来年もレッドウェーブをよろしくお願いいたします。

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave 16th Wリーグ特集
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP


昨日に引き続き…


本日も新潟アルビレックスBBラビッツに勝ちました。
67-47
昨日ほど点差をつけることができなかったのは、ひとえに新潟の奮闘によるものです。敵ながら、あっぱれ! でした。

と、ここで一旦リーグ戦はお休みに入ります。
ここからは正月明けに行われる、オールジャパンにシフトしていくわけです。

そんな平成26年最後のゲームは、昨日に引き続き、ベンチメンバーが頑張ってくれました。

まずはレイ(#1三谷)は、今日もワイドオープンな3ポイントシュートを的確に沈めていきます。

10本中6本を沈めて、1本のジャンプシュートと合わせて20得点!
両チームトップのスコアリングです。

ダイ(#8鈴木)は数字に表れないところで、体を張ってくれます。

ダイのような“つなぎ役”の選手は、強いチームに必要不可欠です。

ほかにも、ヨウ(#3石川)は3ポイントシュート1本を含む5得点をあげていますし、

スカイ(#7中畑)は4得点2アシスト。

彼女たちがベンチに控えていると思うから、若いスタメン組も失敗を恐れずにプレーができるのです。前半戦を2位で折り返した要因の1つが、そこにあるのかもしれません。

これからのチーム一丸となって、次の勝利を目指していきます。

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave 16th Wリーグ特集
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP


年内ラストゲーム


レッドウェーブファンのみなさん、こんにちは

レッドウェーブは本日も新潟アルビレックスBBラビッツと対戦します。
昨日のいいところは伸ばして、反省すべきところは修正して、連勝を狙います。

今日のゲームが年内のラストゲームになります。
新しい年を気持ちよく迎えるためにも、勝つだけではなく、内容もよくしたいところです。
そうすることで年明けのオールジャパンに向けても勢いがつくというのもです。

年内ラストゲームも大きく、熱い声援をレッドウェーブに送ってください。
本日もよろしくお願いいたします。

🔗 試合速報はこちら→http://www.wjbl.org/

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave 16th Wリーグ特集
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP


ベテランの味


本日おこなわれました、新潟アルビレックスBBラビッツとのゲームは
87-44
でレッドウェーブの快勝です。

これでリーグ通算11勝2敗。
首位のデンソーも勝ちましたので、順位は変わらず2位のままですが、前半戦をいい形で折り返せそうです。

さて、そんなレッドウェーブを陰に日なたに支えているのがレイ(#1三谷)です。

今日は5本の3Pを沈め、3ポイント成功率でついにリーグ首位に躍り出たわけですが、

当の本人はどこ吹く風。
その飄々としているところもレイ(#1三谷)の魅力です。

さらに今日はBTヘッドコーチから「リバウンドがよかった」と、お褒めの言葉を引き出しています。

あまりいい写真ではないけど、ここ数年のレイ(#1三谷)はリバウンドなど、泥臭いところにも顔を出してきています。味方にとってはこれほど頼りになるものはない、相手にとってはこれほど嫌なものはない選手ですね。

表現が妥当かどうかわかりませんが、年齢を重ねるごとに“旨味”が増しているように感じます。

今日も3Pを3連続で沈めた後、当然ディフェンスが3Pを警戒してくることを理解したうえで、シュートフェイク~ドリブルイン~ストップジャンプシュートを決めていました。

これには、思わずうまい!と唸ってしまいました。

それがこれ。

基本と言えば基本かもしれませんが、完全にディフェンスは遅れています。
しかもストップをしたときに、しっかりと体を寄せていますから、ディフェンスがブロックショットをしようと飛ぼうものなら、確実にファウルになりますからね。

さすがはベテラン。

そんなレイ(#1三谷)も試合が終われば、ただのお姉さん。
後輩たちに

「チョコいる?」

って配ってました。

もちろんひざや足首にはアイシングパックを装着して。

明日で一旦リーグ戦は中断となります。
すぐにオールジャパンですが、少しくらいは休める時間があるのでしょうか…。
休めることを祈って、明日もベテランの旨味を出してもらいましょう。

まだまだ賞味期限切れには程遠いレイ(#1三谷)でした。

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave 16th Wリーグ特集
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP


年内あと2つ…


レッドウェーブファンのみなさん、こんにちは

今週は新潟県に降り立ったレッドウェーブ。
東総合スポーツセンターで、新潟アルビレックスBBラビッツを対戦します。

1勝11敗と苦しんでいる新潟ですが、今日は兄貴分(?)の新潟アルビレックスBB(tk bjリーグ)とのダブルヘッダーということもあり、いつも以上に多くのブースターから後押しを受けそうです。ブースターの力は侮れません。

ですが、今週で年内のゲームは最後になるので、しっかりと勝ちにいきたいと思います。負けませんよ。

今週も熱い声援をお願いいたします。

🔗 試合速報はこちら→http://www.wjbl.org/

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave 16th Wリーグ特集
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP


アメフト観戦!ついに念願の日本一!


昨日はみんなで、同じ富士通の仲間であるアメフトチームの富士通フロンティアーズの応援に行ってきました。

JAPAN X BOWLはいわゆる決勝戦!
フロンティアーズは6度目の出場(決勝進出)となり、まだ一度も日本一になったことがありませんでした。そして結果は、富士通フロンティアーズが、ついに悲願の初優勝。

序盤からまるでレッドウェーブのようなスティールからのブレイク?(インターセプトからのタッチダウン)の連続で、最終スコアは44-10で快勝。喜ぶ選手・ファンのことを見ていると、やっぱり優勝はいいものだなぁと改めて思いました。

今年も、たちも他のクラブの刺激を受けて、目の前の試合に集中し、目標とするファイナルの舞台に立つため頑張っていきたいと思いますので、応援よろしくお願いいたします。

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave 16th Wリーグ特集
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP


走るレッドウェーブの起点


日立ハイテククーガースに連勝し、11勝2敗としたレッドウェーブは週末(20日、21日)、新潟で新潟アルビレックスBBラビッツと対戦します。

下位に沈んでいるチームですが、攻撃力のある選手が複数いますので、けっして侮れません。手痛い負けを喫しないためにも、さらに気を引き締めていく必要があります。

その一方で、今のレッドウェーブは本当に強い。
そう思わせる安定した戦いぶりです。

それを生み出しているのが、攻撃的なディフェンスです。

ポイントガード(ルイ:#10町田)がトップからしっかりプレッシャーをかければ、相手チームはコントロール不能に陥ります。

それはまたほかのアウトサイドのプレーヤーにも伝わり、ディフェンスが得意なシィ(#11篠崎)などは、さらにプレッシャーをかけてきます。
相手はもはや嫌気が差してきているところでしょう。

それでもなんとかシュートまで持ち込もうと頑張った相手を、インサイド陣が止めにかかります。この連動したチームディフェンスでボールを奪い、反転、速攻で一気に攻め上がる。それが今年のレッドウェーブのバスケットです。

新潟との連戦を終えると、オールジャパンに向かうことになります。年内最後のゲームをきちんと勝つためにも、ディフェンスからリズムを作っていきましょう。

新潟戦は、走る富士通の起点=ディフェンスにも注目してくださいね。

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave 16th Wリーグ特集
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP


地元への恩返し


日立ハイテククーガースとのゲームは、本日もレッドウェーブが【80-47】で勝利しました。

今回の舞台となった茨城県は、ヨウ(#3石川)サエ(#21小沼)の出身県でもあります。そのため、昨日はヨウ(#3石川)とサエ(#21小沼)に花束の贈呈が…本当にありがたいことです。特に昨日のひたちなか市は、サエ(#21小沼)の地元中の地元だとか。まさに凱旋帰郷でした。

で、ゲームでの活躍はといえば……お世辞にも大活躍とはいきませんでした。

今シーズン、シックスマンとして出場機会の多いヨウ(#3石川)ですが、地元開催とあって気負いすぎたのでしょう、少し空回りしていたように思います。普段はもっといいアクセントをつけられる選手なのですが…でもディフェンスはいつもどおり、一生懸命にやっていましたよ。

一方のサエ(#21小沼)は、今はまだ出場のチャンスすら与えられていません。でも、短い時間であってもコートに立てば、ゴールに向かおうという気持ちが十分に伝わってきました。その気持ち、大事です。

プレーはもうひとつでしたが、茨城県が生んだ2人のトッププレーヤーの姿を見せられただけでも、地元に恩返しができたのではないでしょうか。今日も多くのミニバス、中学、高校の選手たちが見に来ていましたが、彼女たちがヨウ(#3石川)とサエ(#21小沼)の姿を見て、

「私もいつかはレッドウェーブでプレーしたい!」

と思ってくれたら、プレー以上のファインプレーです。

茨城県のみなさん、そして、もちろんレッドウェーブファンの皆さん、今週も大きく、熱い応援をありがとうございまいた。これからもヨウ(#3石川)とサエ(#21小沼)、そしてレッドウェーブの応援をよろしくお願いします。

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave 16th Wリーグ特集
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP


違う展開でも勝つ!


レッドウェーブファンのみなさん、こんにちは

昨日、完勝したレッドウェーブは、舞台をひたちなか市から水戸市に移して、本日も日立ハイテククーガースと対戦します。

昨日はプレッシャーの効いた、いいディフェンスをしていましたが、BTテーブスヘッドコーチは

「同じことはしないかも…」

と言っていました。
先を見据えて、さまざまなことを試そうということなのかもしれません。
昨日とはまた違った展開が楽しめるのでしょうか。
期待大です。

というわけで、本日もレッドウェーブに勢いを与える応援を、よろしくお願いいたします。

🔗 試合速報はこちら→http://www.wjbl.org/

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave 16th Wリーグ特集
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP


STEP BY STEP


リーグの2巡目がスタートしました。

ここからは同一チームとの連戦になるわけですが、その初戦でレッドウェーブは日立ハイテクと対戦し、【75-47】で完勝しました。

しかしエースは満足していませんでした。

選手コメントにも出ていますが、

「決めるべきところで決められなかったり、止めなければいけないところで、(レッドウェーブにとって)無駄なシュートを打たせてしまった…」

高みを目指すチームのエースは、勝ってなお冷静に省みることができる選手に成長しているんです。

しかもそれをチーム全体に対して言っているのと同時に、自分自身にも矛先を向けているんです。たしかに今日、こんなシーンがありました。

おお、高いリバウンド。
それくらいなら驚きはしないのですが、

そのボールにさらに飛びつき、

力強く、三度飛び上がり、シュートを放ったんです。
す、すごいぞ、モエコ(#0長岡)。

が、モエコ(#0長岡)が反省したのは、けっして超ハードなコンタクトではなかったこのシュートを決めきれず、バスケットカウント(3点プレー)にできなかったことです。残念。あ、フリースローはきっちり2本とも決めましたよ。

「勝ちはしたけれども、まだまだ」というのは、こんなところにも表れているのでしょう。

もともと持っている得点力に加え、リバウンドの高さ、連続ジャンプを力強く飛べるフィジカル、そして何より、勝ってもそれを反省として自ら口にできるあたり、モエコ(#0長岡)は精神的にも“エースの品格”が備わりつつあるようです。

むろん、まだまだ3年目の若さが裏目に出ることもあるでしょうけど、それでも一歩ずつレッドウェーブのエースとして成長していってもらいたいですね。

明日は茨城・水戸市青柳公園市民体育館で13時30分にTIP OFFです。
熱い応援をよろしくお願いいたします。

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave 16th Wリーグ特集
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP