感謝


2013年11月9日に開幕したレッドウェーブの今シーズン。
いきなりの連敗スタートに心配されたファンも大勢いらっしゃると思います。
途中、下位のチームに足元をすくわれたとき、驚きとともに、
憤りを感じた熱いファンもいらっしゃるでしょう。
それでも最後まで応援してくださったファンのみなさまには、心から感謝申し上げます。
本当にありがとうございました。

昨日のゲームも多くの…本当に多くのファンの声援を受けました。

あまりの多さにカメラマンが持っているレンズの画角に収まりきらないほどでした。

こんな応援ボードを作ってくださったファンもいて、本当に嬉しかったなぁ。
選手たちもどれほど力を得たことか。
感謝しても、し尽せないほどの思いでいっぱいです。

ファンだけじゃなく、そのファンを導いてくれたマミーゴや
チアリーダーたちにも本当に感謝です。
ありがとう!

だからこそ、勝って、みなさんと一緒に勝利の喜びを味わいたかった。
それは叶わなかったけど、みなさんと一つになれたことは、
チームにとって本当に大きな財産です。
本当にありがとうございました。

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave 15th Wリーグ特集


レッドウェーブ・プライド!


結果として今シーズンの最終戦になった今日、選手たちは最後まで戦い抜いてくれました。これをプライド――レッドウェーブ・プライドと呼ばずにどうしましょう。
それほどまでに、かっこよかった。

ルイ(#10町田)は昨日宣言したとおり、今日も得点面で積極的でした。

ウィル(#15山本)も持ち前の攻撃力で相手を苦しめました。特にウィルのドライブ&ターンアラウンドは、JXと言えども、そう簡単には止められません。

モエコ(#0長岡)は、JXに対しての苦手意識を克服しなければ、
その壁を越えられないこともよくわかっています。
だから、たとえ何度跳ね返されても、うつむかず、ゴールに向かって攻め続けます。

スターティングメンバーだけでなく、他の選手たちも、文字どおり死力を尽くして戦いました。

挙げればキリがありません。
それくらい、みんなが力を出したのです。
出し切ったのです。
だからこそ、試合が終わった後、悔し涙を流すのです。

本当に悔しい。
だからこそ、また次に戦う意欲も湧いてくる。
乗り越えるべき壁が高ければ高いほど、乗り越えたとき気持ちがいいものだ――どこかの人気グループの歌詞にもあったと思います。来シーズンこそ、全員でその壁を乗り越えてみせます!それがレッドウェーブ・プライド。

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave 15th Wリーグ特集


悔しいけれど…


悔しいけれど、今シーズンの終わりを迎えてしまいました。

12点差か…
昨日のように序盤が悪かったわけではないし、むしろ途中で離されそうになっても追いついて、追い越したんです。でも最後は突き放されました。
これが「女王」と呼ばれるチームの強さなのかもしれません。

でもレッドウェーブも、その女王に勝るとも劣らない強さを見せてくれました。
結束力の強さです。
試合では負けたけれども、結束力ではけっして負けていなかったのです。

ベンチは最後までコートのなかのメンバーを信じていました。
コート上で精いっぱいプレーして、ベンチに戻ってきた選手には

試合後、モエコ(#0長岡)が言っていました。

「レッドウェーブは誰か1人のチームではなく、みんなで戦って、みんなで勝つチームなんです」

勝てはしなかったけど、その可能性を十分に示したゲームでした。
もしかしたら今シーズンで一番のゲームだったのかもしれません。
反省点はもちろんたくさんあります。課題も山積みです。
でもチームが1つになって、最後まで戦い抜いたことは必ず来シーズンにつながります。
来シーズンこそ…

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave 15th Wリーグ特集


負けられない戦い。セミファイナル2戦目!


プレーオフ・セミファイナル第1戦 を落として、後がなくなったレッドウェーブ。
今日15時から始まる2戦目は、負けたらそこでシーズン終了となる大一番です。
相手が王者JX-ENEOSだろうが、どこだろうが関係はありません。
この一年間かけて育ててきた自分たちのバスケットを、負けられない大事な一戦で出し切る。そういう芯の強いチームになるために、チームはここまで悩み、苦しみながら戦ってきました。今こそ、それを見せる時。

舞台となるのは、ここ東京・国立代々木競技場第二体育館。
みなさん、一緒に戦ってください。
応援よろしくお願いします。

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave 15th Wリーグ特集


追い風


一時は20点近く離された場面もありましたが、
それでも諦めることなく、最後まで戦い続けた選手たち。

その精神的な支えになってくれているのはいつも、
応援してくださるファンのみなさんです!

今日は川崎工場から「応援バスツアー」を組んで、
いつもよりもさらに多くのファンが会場に駆けつけてくださいました。
まずはお礼を申し上げたいと思います。
本当にありがとうございました。

最前列のコートサイドで応援してくださる方々

応援リーダーのマミーゴのリードについてきてくださる方々

そして地元の中学生でしょうかおそろいのジャージを来て、でも手には赤いハリセンを持って応援してくださった方々、

本当にありがとうございます。

また写真には写っていないけど、ほかの場所でもレッドウェーブを応援してくださる方々が多くいたと信じています。

女王の壁は厚く、まるで強い向かい風のなかを進まなければいけない試合でした。
それでもみなさんの声援がレッドウェーブにとっては、心強い“追い風”になるんです。
だから最後まで戦える。
明日をシーズンの最後にしないためにも、最後まで力を貸してください。
今こそ、みんなで1つになるときです!
よろしくお願いします。

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave 15th Wリーグ特集