だから68点?


68対48で勝利した今日のゲーム。
しかしカメラマンはどうやら選手やスタッフのポージングが気になっていたようです。

まずはナツさん。

足をスッと交差して立つ姿、美しいですねー。
さすが元CA!

次に横須賀っ子、#22立川(サミ)。

一昔前のギャグでいえば「だっちゅうの」のポーズでしょうか?

#10町田(ルイ)も負けじとベンチで…

私ってかわいいでしょ?のポーズ。
となりの#0長岡(モエコ)は呆れている???

そんな3人のポーズを見て、ファンは

10点、10点、10点、9点、10点、9点、10点…合計68点!
(ボードで得点を出す、NBAオールスターのダンクコンテストをイメージしてください)
だから今日は68点なんです。

「えー、そんなわけあるかい」
と、#45名木(パル)が言ったとか、言わなかったとか…

……
……

はい、このブログが68点ですね……すいません。
来週は満点ブログを目指して、ネタを探します。

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave 15th Wリーグ特集


優勝を知る者として…


今のチーム内でレッドウェーブの
Wリーグ制覇(2007-2008シーズン)を経験しているのは4人。
#1三谷(レイ)、#45名木(パル)、
#7中畑(スカイ)、そしてアシスタントコーチのニナさんです。

一足先に現役を引退し、コーチの道に進んだニナさん。
アシスタントコーチには多種多様な仕事があるわけですが、そのなかの1つが聞き役。
ハーフタイムには――

若い選手だけではありません。
かつての同僚・パルの話も聞いたりします。

もちろんそこでコーチとしてアドバイスもしているのでしょう。
そうすることで後半、選手たちはより的確なプレーがしやすくなるわけです。

こうした光景は毎試合見られますが、
それでもやっぱりニナさんの気持ちが伝わってきます。
レッドウェーブの黄金期を知っている者として、もう一度あの勝利を味わいたい!
選手に味あわせたい!

さぁ、来週は大館で痛い目に遭わされた羽田との2連戦です。
しっかりと借りを返して、ニナさんと一緒に笑いましょう。

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave 15th Wリーグ特集


目には目を…


今日の対戦相手、日立ハイテクには東京成徳大学高校出身の選手が4人もいます。どの選手も素晴らしい選手ですが、となれば、レッドウェーブの東京成徳大学高校OG2人も黙ってはいません。

まずは#12篠原(リー)。

守っている35番の選手(天野選手)は2つ上、つまりリーが高1のときの高3です。そんな先輩の前で見事なフックショットを決めました。手の長いリーのフックショットは、先輩と言えどそう簡単に抑えられるものではありません。まだまだ足の調子が万全ではなく、今日は8分間の出場時間でしたが、今後は少しずつでも出場期間が伸びてきてほしい選手の1人です。

もう1人はもちろん、リーと中高6年間をともにした#15山本(ウィル)です。今日は5得点と、攻め気抜群の本人としては不満足かもしれませんが、それでもいいドライブがありました。

2人のディフェンスなどものともせず、強引に割って入ります。むしろ2人のディフェンスがトンネルを作ってくれているかのようですね。ちなみに2人のディフェンスのうち向かって左側、有山選手もウィルの3つ上の先輩であります。

「目には目を、歯には歯を」の倣いで言うならば、成徳には成徳をということでしょうか。

プレーオフ進出に向けて、ベンチスタートながらいい働きをする成徳コンビには今後も注目です。

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave 15th Wリーグ特集


目指せ2連勝!


昨日は今シーズン初の100点ゲームで快勝をおさめたRedWave。
本日もここ横須賀アリーナにて日立ハイテクとの第3戦に臨みます。

昨日のような展開が理想ですが、相手も必ず対策を講じてくるはず。
それに上手くアジャストし得点を重ねたいですね。
目指せ2連勝。

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave 15th Wリーグ特集


勝利の女神たち


今日のゲームを勝利に導いた3人の女神がいました。
実際にはすべての選手、スタッフ、そしてファンさえも勝利に導いた立役者なのですが、
なかでもこの3人は別格の輝きを放っていました。

まずはこの人…

はい、ナツさんです。
今日はいつも以上に選手たちに声をかけ、指示もバンバン飛ばしていました。
ヘッドコーチとして先週の連敗に責任を感じていたとは思いますが、
選手同様、見事にカムバックしてくれました。

2人目はこの人…

応援リーダーのマミーゴ。
先週は雪の影響で秋田に来られなかったからね。
その分、今日はファンの応援をしっかりリードしてくれていました。
さすがとしか言いようがない。

そして最後は…

横須賀が生んだスピードクィーン、#22立川(サミ)です。
やっぱりこうしたサミの躍動感はいいよなー。
しかも今日は地元開催のゲームだからか、
こんな艶めかしいポーズまで特別披露してくれましたよ。

さすがはベテラン、魅せ方も知ってる(笑)

さぁ、明日は誰が勝利の女神になるのか。
勝利の女神を探しに…いや、勝利に女神になるべく、ぜひ横須賀アリーナまでお越しください。もちろん男性ファンも大歓迎でーす。

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave 15th Wリーグ特集