とどろき2連勝!


昨シーズンは1勝3敗。その前、更にその前のシーズンはなんと1勝もすることができず、8連敗を喫していた相手でした。

8連敗後、9回目の挑戦が、あの皇后杯2011・準決勝での勝利だったのですが・・・。RedWaveの目指すファイナリスト。その常連チームに対して、ここで2連勝をしたことは、本当に大きく、意味のあるものだったと思います。

連勝は10に伸ばし、現在順位も2位と快調に飛ばすRedWave。
しかし、レギュラーシーズンはまだまだ中盤。

「勝って兜の尾を締めよ」という言葉もある通り、どんな相手であっても、RedWaveらしさを忘れないよう戦っていきます。

次週は新潟への遠征となり、また少し川崎を離れますが、引き続きたくさんのご声援をよろしくお願いいたします。

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave 14th Wリーグ特集


ハイタッチでお見送り!


ブログでもお知らせしていたとおりに、試合終了後は選手全員でハイタッチのお見送り!
今日はあいにくの悪天候でしたが、昨日よりもさらにたくさんの方にご声援をいただき、勝利で終え、ハイタッチも気持ちよくできました☆

と、そのハイタッチの列に見たことのある人が・・・。

よく見ると、陸上競技部の高瀬選手と仁科選手、吉川マネージャーです。
はるばる千葉から応援にかけつけてくれたそうです。

という事で、富士通陸上競技部 feat. RedWave!

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave 14th Wリーグ特集


起爆剤


サミの代名詞と言えば、やはり鉄壁のディフェンス力とそのスピード。
相手のゾーンディフェンスに対して、少し攻め手を欠いていた時間帯、藪内ヘッドコーチは、サミに2つのキーワードを託して、コートへ送り出しました。

1つ目が「ディフェンス」。サミが入ってからのディフェンスの引き締まり方は、スコアではっきりと分かりますよね!それが2Q、3Qでの失点の少なさに繋がったわけです。

2つ目はオフェンスでの流れ。
サミが試合後のコメントでも語っていたように、相手のゾーンが組まれるまで待つ必要なんてないんです。その前に走れるところは走ってなんぼ!それがRedWaveのスピードバスケット。これにより、速攻からのプレーが何本も生まれました。

しかし、今日のサミはこれだけではなく、プラスαの効果をもたらしてくれました。

いやー、もう入りだしたら止まらないとはこういうことを言うんでしょうね!本日サミの決めた3Pは実に5本。ここのところ、一向に入る気配を見せなかったRedWaveの3Pの確率を、見事に復活させてみせました。

終了のブザーが鳴った瞬間、思わず飛び上がって喜びを表現したサミ。

今シーズン、ここまで少し大人しめだったのは、今日のために溜めてたらしいです(笑)

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave 14th Wリーグ特集


2日連続!


昨日は残り1秒での劇的な逆転シュートを担った#0モエコですが、今日もひるむことなく、コートの上で存分にそのポテンシャルを発揮してまいりました(v^ー゜)

会場でご覧いただいた方はとてもよく分かると思いますが、モエコの持ち味は、何と言ってもちょっと接触されたぐらいでは吹っ飛ばない、逆に跳ね返してゴールをもぎ取ってくる、そのボディバランスの強さ。

小さい選手たちのように外からスパスパ入れるシュート力はなくとも、違う方法で「3点」を入れる術をとてもよく知っています。

ディフェンスとのタイミングをずらしてシュートを打てる技術も持ち合わせ、

リバウンドに飛び込みながら、もう頭の中では次の行動を考えている、独特の勘も。

今日は途中からゲームをしっかりとコントロールした#22サミに、その能力を存分に活かしてもらいながら、22得点と2日連続の大活躍。そう言えば、サミの背番号分、点を獲ってきたんですね。

反省点といえば、フリースローだけ。でも、そこがしっかりと噛み合ったなら、モエコは一体どこまで行くのでしょうね。

WJBL全選手での得点ランキングは、現在2位!
こうなったら、行けるところまで行こう、モエコ。

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave 14th Wリーグ特集


復活の兆し


特に大事があったわけではないですが、2週間ほど戦線を離脱していた#12リーが、昨日のゲームから本格的にコートに戻ってきました。

とは言っても、さすがのリーも2週間のブランクは存外大きく、そう簡単には試合感も戻らなかったようで、昨日は不完全燃焼気味。

しかし、今日は遅ればせながらも後半からの得点への絡み方は、さすがの一言。

高さを存分に生かして、のびのびとしたポストプレーからの得点もあり、

そうかと思いきや、珍しいドライブから、

しっかりと相手ディフェンスを交わしきっての技ありのゴール下。

ディフェンスでも最終戦線を#0モエコとともに死守。相手にとって、こんなに脅威の最終防衛線はありませんよね。今日は12得点、5リバウンド、2ブロックショットと、勝利にもしっかり貢献。来週もしっかり頼みます、リー!

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave 14th Wリーグ特集


今日はバッチリ☆


昨日のゲームではいくつか目の醒めるようなスティールを見せながらも、その後のレイアップシュートで、微妙にしっかり決めきれてこれなかったスカイ。

本人もさすがに反省しっぱなしでしたが、今日も同じような場面、同じシュートを打つ機会に恵まれ、果たしてどうだったんでしょうか?!

よし、スティール成功!!

今度こそーーー!

「あぁ、お願いスカちゃん!」とハラハラのベンチ。

いえいえ、今日はしっかりと丁寧に決めてきましたよ!

いやー、良かった!

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave 14th Wリーグ特集


マスコットとしてできること


試合開始前、アップ中の1コマ。
#22サミの後ろからじーっと見つめるレッディがいました。

しかし、これも何かの予兆だったんですかねぇ。
サミはこの後、素晴らしい活躍を見せることになるんですから。

もちろん、ヒーローインタビューのときもそばにしっかりと寄り添ってます。

なんと川崎まで遠征してくださったトヨタ自動車のマスコット『アンテノーワ』ちゃんにもしっかりとご挨拶。でも、レッディもマスコットとしてしっかりとこうやってお仕事してるんですよ☆

しかし、ちょっと油断するとこんな目にもあったりするワケですが・・・。

でもやっぱりレッディの永遠のライバルは#10ルイ。
マスコットとして負けるわけにはいかないのですっ!

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave 14th Wリーグ特集


RedWaveがいっぱい♪


試合開始前の1コマからお届けします。本日エスコートキッズを担当してくれたミニバスの皆さんと記念撮影。

しかし、最近の小学生は背が高いですよね・・・。
よぉーく見ると、RedWaveの選手と遜色ない身長のメンバーも。

この中に未来の大器が混ざってる可能性もありますよね!

というわけで、本日のダイジェスト始まります!

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave 14th Wリーグ特集


雨のとどろき


皆さん、こんにちは!
ご覧のとおり、外はあいにくの雨模様。

しかし、とどろきアリーナの中はアツいですよ~!

応援ハリセン作成コーナーでは、今日も思い思いの選手へのメッセージを作成中!

受付ではジャック・オ・ランタンも皆さんをお迎え!

試合はこの後14時から。
本日もご声援、よろしくお願いいたします。

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave 14th Wリーグ特集