2018年ラストゲーム


レッドウェーブファンのみなさん、こんばんは

2018年最後のゲーム、対トヨタ紡織サンシャインラビッツ戦、勝ちました

レッドウェーブ 65-51 トヨタ紡織サンシャインラビッツ

序盤こそ劣勢でしたが、ハーフタイムに立て直しての逆転勝利
リーグ戦の連勝を

に伸ばしました。

いや、ホント、年内ラストゲームで、なおかつホーム・川崎でのゲームを連勝で終えられてよかった
これもひとえに毎試合レッドウェーブを応援してくださっているファンのみなさんのおかげです。
本当にありがとうございます

今週も多くの声援がレッドウェーブの波を作ってくださいました


チームとしてお返しできることは勝利と、ささやかなイベントだけ。
そうしたイベントさえもみなさんが会場に足を運んでくださるからこそできるのです。

エスコートキッズたちの、選手たちに対する憧れの目が選手たちの自覚を伸ばしてくれ、


昨日のハーフタイムにはキッズチアの子たちが応援してくれて、後押ししてくれました。


今日のハーフタイムはフロンティアレッツのみなさんとレッディ&フロンティーのコラボ応援。


さらにはレッディチームvs.フロンティーチームのフリースロー対決も、参加してくださるみなさんと、それを応援してくださる方がいるからこそ実現できるのです。

楽しんでいただけましたでしょうか?

選手たちがプレー以外にできることはこうしたハイタッチくらい。


わずかな時間ですが、みなさんから応援の声を直接聞けることで、やはり選手としての自覚や責任、勝ってみなさんと喜びたいという思いを再確認できるのです。
本当にありがとうございます

なにせシャイで、口下手な選手が多いレッドウェーブ(一部を除く)。
うまく対応できているかわかりませんが、みなさんの声や気持ちはしっかりと届いていますからね

これで2018年の試合は終わりますが、レッドウェーブの戦いはまだまだ続きます
神奈川県内のゲームは2月2日、3日秦野市でおこなわれる山梨クィーンビーズ戦。
それまでもW-TVなどを通じて、レッドウェーブを応援してくださいね
直近の試合は皇后杯のファイナルラウンドです
初戦は日立ハイテククーガーズ
まずはその試合に勝てるよう、少しのオフを挟んで、チームの質を今以上に高めていきます。

まずは2018年のご声援、本当にありがとうございました


🔗 後援会・ファンクラブの専用サイトはコチラ

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave 20th Wリーグ特集
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP


ツナグ


レッドウェーブファンのみなさん、こんばんは

チーム史上初(?)となる「カルッツかさわき」でのトヨタ紡織サンシャインラビッツ戦……
勝ちました

レッドウェーブ 60-55 トヨタ紡織サンシャインラビッツ

第1Qこそ最高の立ち上がりでしたが、そこから失速してしまい、第4Qには逆転を許す場面もありました。
それでも最後に勝ったのはレッドウェーブでした

そんなゲームについて、ここで何を書うべきか、迷いました
迷った挙句、写真に頼むことにしました。
てことで、今日は写真多めのブログです

今日はこんなシーンがいつにも増して多かった

誰かが倒されたら、誰かがサッと手を差し伸べ、起こしてあげる。
つないだ手の先に

信頼

が生まれるのでしょう

というわけで、今日のブログは

ツナグ

をテーマにします。

ツナグといえば、この選手のこのプレーはいつ見ても勇気を与えてくれます…!

#31シオリ(高田)はどちらのチームのボールでもないボール=「ルーズボール」に飛び込んで、自分たちのボールへとつなぎました。
彼女はリバウンドでも活躍し、今日はチームトップの12リバウンドをもぎ取っています

「ツナグ」といえばパスもあります。
パスといえば、この選手。

#10ルイ(町田)による、まさかの真後ろパス
相手選手もさることながら、もしかしたら#13ニチカ(谷口)もビックリ
彼女は昔からこういう「遊びのプレー」が好きだったみたいです。

そんなやりとりしたわけではないでしょうけど、2人が交差すると試合中にこんな表情も。

試合中にいい笑顔です

ベンチと選手もしっかりつながっています。

ナイスプレーを称える出迎えとハイタッチ
これで選手たちも自信を深めていきます。

そして今日のゲームで得点をつないでいったのは彼女でした。

#15ウィル(山本)です。
チームトップの18得点

体勢が崩れたこんなシュートもねじ込みましたから、

“スコアラー”ウィル

の復活でしょうか
期待しちゃうなぁ

ゲームの終盤には、その#15ウィル(山本)を中心にチームはつながっていました。

手をつなぎ、心をつないでいくことで、今日のような苦しいゲームでもチームで乗り越えられるのでしょう。

おっと、「ツナグ」といえば、この人を忘れてはいけません。

レッディはチームとファンをつなぐ大事な存在です。
だからこそ最後は選手たちもみなさんに感謝を伝えているのです。

これも「ツナグ」です。
選手とスタッフで構成されるチームは、しかしそれだけでは強くなれません。
ファンのみなさんとつながることで選手たちの心は強くなれるんだと思います。

今日もおこなわれたイベントの模様は後日またこの場でお伝えしますが、今日はゲームのなかに見えた「ツナグ」でまとめてみました。

明日も同じ場所、同じ時間、そして同じ相手ですが、みんなでつながって連勝を伸ばしましょう


🔗 後援会・ファンクラブの専用サイトはコチラ

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave 20th Wリーグ特集
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP


ホームの温かさを反撃のチカラに


レッドウェーブファンのみなさん、こんにちは

先週末のシャンソン化粧品シャンソンVマジック戦を1勝1敗とし、
通算成績を

3勝3敗

としたレッドウェーブ。今週はトヨタ自動車アンテロープスと対戦します。
場所は
1戦目:北九州市立総合体育館(福岡県北九州市)
2戦目:飯塚第1体育館(福岡県飯塚市)
です。会場に来ていただける方は現地にて、遠方の方は映像配信などで、ぜひご声援いただければ幸いです。

さて、今シーズンの「とどろきアリーナ」での試合は、先々週末の2試合で最後だったってご存知でした

もちろん先週の平塚、12月の「カルッツ川崎」、2月の秦野など、神奈川県内の試合はまだまだあります
ですが「ホームコート」と呼ばれるアリーナでのゲームはあの2試合で終わりだったんです。
だからこそ勝って終わりたかった

それでも試合前には伊藤弘・川崎市副市長が応援の挨拶と、ティップオフセレモニーをしてくださり、

市議会議長、副議長、向坂中原区長も応援に駆けつけてくださいました。

本当にありがとうございました

もちろんファンの方々からもいつも以上に多くのご声援をいただきました。

ありがとうございます

BTテーブスヘッドコーチに対しても


「待ってたぜ」なんて……嬉しいなぁ

我々ができる一番大きなお返しは勝利で応えることだったのですが、2戦目に関してはそれができず、本当に悔しい

それでもハーフタイムにはフリースロー大会をおこなうなど、ファンのみなさんには少しでも楽しんでいただけたのなら嬉しいです

ちなみにフリースロー大会の結果は2日連続でフロンティーチームの勝利

レッディ、次回は頑張ろう

そして試合後にはファンのみなさんをハイタッチでお見送りさせていただきました。

負けた後でも温かいタッチをしていただき、それが今週のチカラになります。

またピンクリボンや災害への募金もご協力いただき、ありがとうございました。


みなさんの思いをしっかりと受け止めて、今週こそ連勝します
今週も温かいご声援をよろしくお願いいたします


🔗 後援会・ファンクラブの専用サイトはコチラ

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave 20th Wリーグ特集
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP


頼もしき新参者


レッドウェーブファンのみなさん、こんばんは

ホーム・とどろきアリーナでおこなわれた三菱電機コアラーズとの第2戦

71-81

で敗れました。
逆転負けです

まだまだ足りないところの多いレッドウェーブですが、課題をひとつひとつ克服して、もっとよいチームになっていきます
とはいえ、今シーズンはレギュラーシーズンの試合数が各チーム全22試合と少ないため、ゆっくりしているわけにはいきません。
焦らずに、でもスピーディーにチームを立て直していきたいと思います

2週続けて連勝ができませんでしたが、新たな戦力が徐々にその力を発揮してくれています。
ルーキーの4人もすでにWリーグデビューを果たしていますが、今日はこの選手を紹介しましょう。

#8内野智香英選手

です。
コートネームは

リツ

です。
静岡商業高校から、#11シィ(篠崎)のいる松蔭大学へ進み(シィの一学年下)、
シャンソン化粧品シャンソンVマジックに3シーズン在籍。
今シーズンからレッドウェーブのメンバーになりました。

177センチのスモールフォワードで、3ポイントシュートが打てて


速攻にも走れる


レッドウェーブの課題であるリバウンドにも参加できるし、


ルーズボールで体を投げ出すことも厭いません


何よりも魅力なのは彼女の運動能力の高さ
力強いステップから相手の接触にも負けずシュートを打ち切りますし、

2人のディフェンスの間を割って入る、男子顔負けのドライブもします

前日には「ユーロステップ」と呼ばれる、1歩目と2歩目のステップを異なる方向に踏み出すステップで相手をかわしていました。
なんて

頼もしい新参者

なんだ

とはいえ、まだまだミスもあるし、チームメートとのコンビプレーにも多少のズレがあります
ということは、そこが改善されればもっともっと大きな戦力になる
ワクワクしますねぇ

今日は敗れましたが、レッドウェーブののびしろはまだまだ大きい
来週は#8リツ(内野)の前所属チーム、シャンソン化粧品とのゲームになります。
第1戦は平塚開催ですし(第2戦は栃木県の小山)、#8リツ(内野)のダイナミックなプレーをライブで観つつ、
レッドウェーブへのご声援をよろしくお願いいたします


🔗 ファンクラブの入会・更新はコチラ

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave 20th Wリーグ特集
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP


WAして勝つ!


レッドウェーブファンのみなさん、こんばんは

少し遅くなりましたが、ホームコート、とどろきアリーナでおこなわた27日の三菱電機コアラーズ戦は見事、レッドウェーブが勝ちました

ドウェーブ79-68三菱電機コアラーズ

シーズン序盤でまだまだかみ合わない場面は多々ありました。
正直ミスも多かった

でもレッドウェーブにはチームの

和(WA)

があります。

ゲームが始まる前もスタメン5人とベンチが一体となり、


劣勢にはチーム全員で1つのボールを守る。


そうして守ったボールをみんなでつなぎ、誰かがシュートを決めれば、ベンチも大盛り上がり

#12篠原、#9村山も満面の笑みでチームメートを称えます。

取りようによってはルーキーの#13谷口から「リーさん(#12篠原)、いつまでも喜びすぎですよとツッコまれているようにも……


それくらいチームが1つの

輪(WA)

になって、今日のゲームを勝ち取りました

むろんそこにはファンのみなさんの存在も不可欠です。
今日もどれだけみなさんの声援が力になったことか……


これはもうお世辞ではなく、本当に力強い後押しになっているんです

私たちがみなさんに直接できることは、試合後のハイタッチくらいしかありませんが、そこでみなさんと交わす手の温もりがまた、明日のチカラになるんです

そういう意味ではみなさんとのつながり、すなわち

和(WA)

がレッドウェーブを勝利に導くのでしょう
本当にありがとうございます

シーズン序盤、まだまだ厳しい戦いは続きます
引き続きご声援いただき、

WA

――和であり、輪となって、頂点を目指しましょう

ともに同じ時間を過ごし、ともに戦ったことは、ファンのみなさんだけでなく、我々選手やチームにとっても財産になるんです
そうして20年目のWリーグをみんなで勝ち抜きましょう

明日も、今日以上のご声援をよろしくお願いいたします


🔗 ファンクラブの入会・更新はコチラ

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave 20th Wリーグ特集
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP