今だからこその「今でしょ!」」


レッドウェーブファンのみなさん、こんばんは

山梨クィーンビーズとの第2戦。
勝ちました

レッドウェーブ 94-63 山梨クィーンビーズ

今日も反省点の多いゲームでした
特に前半は
でも選手たちはよく切り替えました
後半はフルコートのプレスディフェンスで完全に相手を翻弄しましたね。

これを前半からやれれば……と思わずにはいられませんが
とにもかくにもレッドウェーブにはその力があることはわかりました


でも、だからこそ、やはり前半から……
そうすれば頂点に立つことも夢ではありません

レギュラーシーズンの終盤。
選手たちも疲れているのでしょう。
体力はもちろんのこと、メンタルでも疲れはピークに近づいているのかもしれません。

でもそこを乗り越えてこそ頂点に立てるんです

今頂点にいるチームも、これまで頂点に立ってきたチームも、
……そこにはかつてのレッドウェーブも含まれていますが、
みんな自分を超えていったんです

いろんな感覚や思いはあるかもしれないけど、今こそ踏ん張るとき
頑張るとき
そして応援してくださるファンのみなさんとともに、次の一歩を力強く踏み出したい

スコア上は快勝ですが、もっともっと高みを目指さなければなりません

諦めたらそこで試合終了ですよ

こんなときは「今さら?」と言われようとも言いたい。
いや、プレーオフを目の前にした、レギュラーシーズンも残り2試合だからこそ言いたい。
いつやるの?

今でしょ!

来週はレギュラーシーズンの最終節。
なんとなく漂っている閉塞感を打ち破って、連勝でプレーオフに乗り込むぞ
そして一気に駆け上がろう

ただ、内容はともあれ今シーズン最後のホームタウンゲームを勝って終われたことは本当によかった
今週も応援ありがとうございました


🔗 【富士通CM】 スポーツ篇「挑戦は終わらない」30秒
🔗 【富士通CM】 スポーツ篇「挑戦は終わらない」60秒

🔗 後援会・ファンクラブの専用サイトはコチラ

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave 20th Wリーグ特集
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP


シュートがダメでも……


レッドウェーブファンのみなさん、こんばんは

秦野市総合体育館に山梨クィーンビーズを迎えた本日のゲーム。
勝ちました。

レッドウェーブ 92-51 山梨クィーンビーズ

内容としては完璧なものではありませんでした。
決めるべきシュートを決めきれず
凡ミスともいえるようなミスも多くありました
試合後のコートインタビューで、BTテーブスヘッドコーチが厳しめの言葉を発したのも仕方のないことだと思います。
今日のような内容では目標も遠のいてしまいます
それ以上に応援に来てくださったファンの方々にも申し訳なく思います。

明日はしっかりと気持ちを切り替えて、よりよいプレーをお見せいたします

しかし、悪いことばかりではありません

レッドウェーブのチームディフェンスは山梨クィーンビーズを翻弄しましたし、
課題のリバウンドも、相手に大きなセンターがいないこともありますが、それでも全員でボールに食らいつきました。
今日はチームで52リバウンド

なかでも#8リツ(内野)

12リバウンド

チームトップタイの数字です


ほぼノーマークの3ポイントシュートを8本打って1本も決められないという調子の悪さはありましたが

テーブスヘッドコーチも認めるとおり、そういう日はあるものです。

それでも#8リツ(内野)は、ならばとセンターのようにゴール下のシュートをねじ込み、リバウンドでもチームに貢献しました。


アウトサイドプレーヤーのリバウンドといえば#31シオリ(高田)がすぐに思い浮かびますが、実は#8リツ(内野)もリバウンダーなんです

と言っても、今日は#10ルイ(町田)#11シィ(篠崎)#15ウィル(山本)#25キラ(内尾)もリバウンドに絡んでいました。

ミスが続き、シュートの調子も上がらないときでも、バスケットボールではそれを取り返すプレーがあります。
そこにすぐ目を向け、行動に移せるかどうか。
#8リツ(内野)はそれができるプレーヤーなんです

そうしてチーム内に伝播するリバウンドへの意識。
それは必ず今後につながります。
これがプレーオフを勝ち抜く起爆剤になるかも

リバウンドを制する者(チーム)はゲームを制する

明日も応援をよろしくお願い致します


🔗 【富士通CM】 スポーツ篇「挑戦は終わらない」30秒
🔗 【富士通CM】 スポーツ篇「挑戦は終わらない」60秒

🔗 後援会・ファンクラブの専用サイトはコチラ

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave 20th Wリーグ特集
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP


運気アップ!


レッドウェーブファンのみなさん、こんにちは

レギュラーシーズンも残すところ4試合。
レッドウェーブの対戦相手は
山梨クィーンビーズ
日立ハイテククーガーズ
山梨は現在11位ですが、当然気の抜けない相手です
日立ハイテクは現在8位なので、プレーオフに向けて、より研ぎ澄ましてくるでしょう
どちらもしっかり戦って、しっかり勝ち切りたいと思います。

そのためにも

運気アップ

を図りたい

技術や体力、精神力に、戦略・戦術も大切ですが、勝負にはときに運も必要になってきます。

たとえばこんなシーン。


#10ルイ(町田)の打ったシュートがリングの根元で完全停止してしまいました
そこに運が加わると、ストン、とリング内に転がり落ちることがあるかも

これはデンソーとの2試合目のシーンですが、もしこれが1戦目にあったら……
スポーツに「たられば」はありませんが、もしそうだったら同点、延長で勝利ってこともありえたわけです。

そんな運気を取り込むために必要なことは何か?

真摯な姿勢

でしょう。

デンソーとの2試合目、第3Qの終わりにデンソーの選手がロングシュートを打ちました。
ゴールからゴールへの大遠投です。
ボールはゴールに当たることなく、誰もいないゴールの向こう側に抜けていきます。
それを走って取りに行ったのが

#31シオリ(高田)

でした。


ゲームの進行をスムーズにしようというキャプテンの姿勢。
こうした姿勢は、すぐには結果に出なくても、残りの試合で必ずやレッドウェーブに運気アップをもたらしてくれます

11勝7敗でリーグ5位、しかも直近で見ると3連敗中のレッドウェーブですが、最終目標達成に向けて、運も味方につけていきますよ


加えて、みなさんの応援でチームにさらなる力を

今週末も応援よろしくお願いいたします


🔗 【富士通CM】 スポーツ篇「挑戦は終わらない」30秒
🔗 【富士通CM】 スポーツ篇「挑戦は終わらない」60秒

🔗 後援会・ファンクラブの専用サイトはコチラ

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave 20th Wリーグ特集
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP


今日の敗因を次回の勝因に!


レッドウェーブファンのみなさん、こんばんは

デンソーアイリスとの2試合目。
負けました

レッドウェーブ 71-81 デンソーアイリス

選手たちは本当によく頑張りました。
昨日は「目標を達成するためにはナイスゲームではいけない」と書きましたが、それでも今日もよく頑張りました
レッドウェーブのセンター陣が満身創痍のなか……
どのチームにもそうした選手はいると思いますが……
本職のセンターなしでゲームをスタートさせたレッドウェーブ。


デンソーには日本を代表するセンターフォワードの#8高田真希選手がいます。
高さだけでなく、体の強さやシュートのうまさもある、今年度の女子日本代表のキャプテンです
そんな素晴らしい選手をスモールラインアップで守らなければならなかったのです
その難題に選手たちは誰一人逃げることなく戦い続けました

もちろんデンソーは高田選手だけのチームではありません。
周りの選手たちも非常に高い実力を持つため、それらの選手たちを防ぎつつ、高田選手も抑えなければならない。
選手交替をおこないながら、チームみんなで。


結果的には高田選手に30失点したことが大きな敗因になるのですが、ここで経験したことは必ずや次に繋がります。

あまり先を見すぎると足元をすくわれてしまうので気を付けなければいけません。
でもプレーオフで、もしデンソーと対戦することになれば、この経験を生かして、少しでも彼女を苦しめたい。
レギュラーシーズンのときよりの苦労したと言わせたい。

今日の敗因を次回の勝因にしたい

んです。

けっして簡単なことではありません
でもみなさんが応援するレッドウェーブはこのまま引き下がるようなチームではありませんよね?
選手たちも、コーチやスタッフも必ずやってくれます。
レッドウェーブのセンター陣だって、これまでセンターを本職として戦い続けてきた意地を必ず出してくれるはずです


ここまで来たら技術だけじゃありません。。
いい意味での

気合いだぁ

連敗の週末でしたが、来週以降、プレーオフの幕が降りるまで、すべて勝てば優勝です
さすがにそれは言い過ぎか
でもそれくらいの気持ちで向かっていきますので、引き続き、さらに熱い応援をよろしくお願いします


🔗 【富士通CM】 スポーツ篇「挑戦は終わらない」30秒
🔗 【富士通CM】 スポーツ篇「挑戦は終わらない」60秒

🔗 後援会・ファンクラブの専用サイトはコチラ

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave 20th Wリーグ特集
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP


1点の重みを大切に


レッドウェーブファンのみなさん、こんばんは

レギュラーシーズンも残すところ6試合
これからはプレーオフに向けて、どのゲームもこれまで以上に重要な意味を持ってきます。
特に現在リーグ4位につけているレッドウェーブにとって、同じ勝敗数で5位につけているデンソーアイリスとの今週のゲームは、さながらプレーオフ前の大一番です

結論を言いましょう。

負けました

レッドウェーブ 75-77 デンソーアイリス

無念

実力が伯仲しているチームの争いですから、接戦になることは、ある意味で予想できていました。
しかし本気で頂点に立つつもりなら、ナイスゲームで終わらせてはいけないんです
もちろん選手もベンチも勝つつもりで戦っていました


勝敗を分けたポイントの1つは

フリースロー

でしょう。

18本打って11本を沈めました
それを「よし」としてはいけません。
フリースローは1本につき1点ですから、7点損をしているわけです。
結果論ではありますが、2点差で負けているわけですから、それが響いたのは言うまでもありません。

あ、この3人が外したという意味の写真ではありませんよ
誰が外したかは問題ではないので、ここではフリースローのイメージ写真と思ってください

話を戻しましょう

誰も落としてもいいやなどと思って、打っているわけではありません。
もちろんフリースローが入らない、もしくは苦手な選手たちでもありません。
いろんな条件、たとえばこの試合に対する緊張感や気負いなどがあったのかもしれません。
でもそんなときでも決めていくところに私たちの最終目標はあるのです

誰にも邪魔をされずに打つフリースロー。
だからこそ選手たちには

自分自身を越えてほしい

この悔しい敗戦を無駄にせず、明日以降、しっかりとフリースローを沈めて、ファンのみなさんと笑顔で勝利を分かち合いたい

1点をおざなりにする者はその1点に泣く

プレーオフに向けて、よい教訓ができました。

今日も応援ありがとうございました

今日の負けは明日の姫路で取り返す🏯


🔗 【富士通CM】 スポーツ篇「挑戦は終わらない」30秒
🔗 【富士通CM】 スポーツ篇「挑戦は終わらない」60秒

🔗 後援会・ファンクラブの専用サイトはコチラ

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave 20th Wリーグ特集
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP