悔しさの理由


思い出すのは去年のオールジャパン。
大会前最後のリーグ戦となったデンソー戦で、レッドウェーブは試合を通じて我慢のディフェンスを披露。
これだけ頑張れたんだから、今年(2014年大会)のオールジャパンは何かの結果を残せるんじゃないか。そんな自信を持って挑んだ大会。
そんな想いは、トヨタ自動の激しいプレッシャーディフェンスの前に砕け散りました。
ろくにボールを前に運べず、43-70の大敗[E:down]期待があったからこそ、悔しい。
その試合だけではありませんが、そんな気持ちを糧に、レッドウェーブというチーム、そして選手たちは少しずつ成長を遂げてきました。

今年、その自信はもっと大きくなりました。
リーグ戦でJXに92-64で快勝。
もちろんその数字はあまり参考になりませんが、きっとこのチームなら決勝に行ける。
優勝だって手の届くところまで行ける。
そんな気持ちが選手たちの中に、あったはずです。

全員が一丸となって戦いました。

レイ(#1三谷)の3Pはいつもチーム最高のエンジンであり、2Qでの彼女の2本の3Pから、この日最大の13点差がつきました。

ルーキーのシィ(#11篠崎)は、動き回ってチームにスピードを与えるという自分の役割を、この大舞台でもしっかり果たしてくれました。3Q、コート外のルーズボールを追って届かず、エビぞりになって悔しがっていた姿が印象的。

リー(#12篠原)は、日本最高峰のJXインサイドを果敢に攻め続けました。実は、同い年のJX渡嘉敷選手が相手だと、よりパフォーマンスがいいんじゃないかというのはここだけの秘密。

ウィル(#15山本)は、いつも通り強気のドライブで、何人に囲まれても強引に2点・3点をもぎとってきました。試合終盤のターンオーバーの後、最初に手を握りに行ったのは中学校から一緒のリーでした。

ルイ(#10町田)の攻撃のリズムを生み出すそのパスは、今やレッドウェーブ最大の武器ともいえます。アシストもですが、今大会のスピードあふれるドライブは誰にも止められませんでした。

そして、モエコ(#0長岡)。リバウンド、ディフェンス、ジャンプシュート、さらに3P。みんな頑張りました。今シーズン、守備では我慢強さが出て、攻撃面も1つのプレーに対する集中力が増し、精神的に大きな成長が見てとれる今シーズン。今年こそ、という気持ちを持って最後の最後まで戦い続けました。

そして、ベンチに座っていたメンバー全員、ヘッドコーチ他スタッフ陣
みんな一緒に戦いました。

ですが、わずかに3点かないませんでした。
決勝が目の前に見えていただけに、この負けは本当に悔しい。
だから、この小さな点差こそ大きな実力差だと理解して、チームはもっと成長しなければいけない。そんな想いが残った今年のオールジャパン。

BTヘッドコーチは言います。
「レッドウェーブが決勝に進んでもおかしくないチームだということを証明できたと思う」来年こそ、それを現実にしたいと思います。

観客席・TV観戦いただいたファンのみなさま。一緒に戦っていただいて、ありがとうございました。
今後のリーグ戦、そしてまた来年のオールジャパンでこの悔しさを返せるように、引き続き一緒に戦っていただければ幸いです。

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave 81th 皇后杯特集
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP


準決勝JX戦まで、あと45分


ついにやってきました。オールジャパン準決勝JX-ENEOS戦、いよいよ試合開始まで、あと45分。念願のファイナル目指して、全力を尽くします。

遠方の方にはNHK BS1でのテレビ放送もございます。あわせて応援お願いします!

🔗 2015年1月10日(土曜日)11:00~【LIVE】→NHK BS1
🔗 試合速報はこちら→http://alljapan2015.japanbasketball.jp/schedule#5

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave 81th 皇后杯特集
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP


全てを出し切れ!準決勝!


先週はアイシンAWとシャンソン化粧品に勝利し、オールジャパン準決勝までコマを進めたレッドウェーブ。明日は、11時から国立代々木第一体育館にてJX-ENEOSと対戦します。

Wリーグでは11月15日(土曜日)川崎市とどろきアリーナにて対戦し、92-64で勝利しましたが、一発勝負のトーナメント戦。こういう場面でこそ、何度も優勝を経験しているJXの本当の強さが、発揮されるものです。私たちは挑戦者。勝利だけを考えて、ガムシャラに臨まなければなりません。BTヘッドコーチの言うとおり、「前回勝った試合の点差はもうない」のです。

先週2試合で課題として残ったリバウンドやディフェンス、体力面などを少しでも改善して、最初からディフェンスで攻撃して、スピードを活かすバスケットで勝利を目指し頑張ります!

みなさんは、どうぞ赤いものを身につけ会場へ足を運び、熱い応援をよろしくお願いいたします。

遠方の方にはNHK BS1でのテレビ放送もございます。あわせて応援お願いします!

🔗 2015年1月10日(土曜日)11:00~【LIVE】→NHK BS1
🔗 試合速報はこちら→http://alljapan2015.japanbasketball.jp/schedule#5

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave 81th 皇后杯特集
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP


気持ちの戦い


皇后杯準々決勝、シャンソン戦。激しいゲームになることは予想していました。勝利への強い意欲を持つチームとの対戦は、必ず競った試合になる。つまり、どっちが勝ちたい気持ちが強いかで、勝敗が決まる。昨日の試合は、本当にそんなゲームでした。

そしてレッドウェーブは見事、その気持ちの面で、しっかりとした準備をして厳しい戦いに競り勝ちました。

中でも光ったのは、ルイ(#10町田)とモエコ(#0長岡)のコンビ。

ルイ(#10町田)は前半から積極的に攻め込み、ドライブやジャンプシュートで21得点。ご覧になっていた方には伝わったと思いますが、信じられないようなスピードで相手ディフェンス陣を何度も切り裂きました。

本当にここ1~2年で覚醒したと言えるぐらい、得点力もついて、自信を持ったプレーでチームを引っ張ってくれています。

そして、もう一人が18得点を決めたモエコ(#0長岡)。

今シーズンは苦しい試合でも地味な仕事を黙々とこなし、一層の成長が見て取れるシーズンとなっています。その中でも多少の波がやはりありますが、シャンソン戦では最後まで集中を切らしませんでした。

ディフェンスも我慢強くねばり、ブロックショットも披露。中長距離のシュートと、ゴール下でのパワープレーをうまく使い分けて、攻撃の軸として活躍しました。そして何より、ルーズボールに必死に飛び込む姿からは、“絶対に負けない”という強い意志が伝わってきました。

この気持ちがあれば、きっと次の準決勝も、王者JXを脅かすようなプレーできるはず。そう信じてチームのみんなは、この皇后杯に全力をつくします準決勝もどうぞ、ご期待ください。

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave 81th 皇后杯特集
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP


負けるわけにはいかないベスト8


昨日はアイシンAWに快勝を飾り、2015年初戦を白星で終えたレッドウェーブ。
今日は18時からオールジャパン2戦目、シャンソンとの対戦になります。

昨日のゲームは十分な点差で勝利したものの、ディフェンスやリバウンド面に、途中で波が出てしまったチーム。問題はボックスアウトの意識や、試合の最初から最後まで徹底してやりぬく、気持ちの問題。去年から変わらない課題ではありますが、とにかくこれができない限り“決勝の舞台にあがる”という目標には近づきません。

ご存知の通り、今日の対戦相手シャンソンは強豪チーム。勝てる保証などどこにもありませんが、こちらもベスト8での敗退は許されません。しっかりと泥臭くがんばって、勝利を掴みますので、応援よろしくお願いします。

🔗 試合速報はこちら→http://alljapan2015.japanbasketball.jp/schedule#4

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave 81th 皇后杯特集
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP


2015年初陣!


ついに迎えた、2015年初陣!レッドウェーブは見事、オールジャパン初戦でアイシンAWに勝利しました。
初得点はモエコ(#0長岡)。3Pで幕開けです。(ボケてしまいましたが・・・)

その後、ウィル(#15山本)の3P爆発あり、

シィ(#11篠崎)の機動力をいかした攻撃あり、

リー(#12篠原)は特にリバウンドや、積極的にシュートに行く姿勢が輝きを放っていました。

とそれぞれレッドウェーブらしさを発揮したゲームでしたが、昨年からの(むしろ数年前からの?)課題としている試合中の波や、目立つターンオーバーの数は減らず・・・。
点差が開いて、集中力を持続するのが難しい展開だったとは言っても、こういうところで手を抜いてはいけません。

今日はシャンソンとのゲーム。「そこで手を抜いたらやられる」というのが、HCはじめ選手たちの共通認識。

しっかり締めるところを締めて、すっきりした勝利で、決勝への道を切り開く。

数年遠ざかっているファイナルの舞台を目指して全力を尽くしますので、今年も応援よろしくおねがいします。

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave 81th 皇后杯特集
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP