ご声援ありがとうございました


わざわざ会場まで足を運んでいただき、大きな「RedWaveコール」を続けくださった皆さま。そして、Twitterを通じてご声援を送ってくださった方々、インターネットなどで観戦していただいていた方々、とにかく、レッドウェーブの勝利を願っていただいていた方、みなさん本当にありがとうござました!

良い試合を見せられず本当に悔しさいっぱいですが、チームは全員、とにかく最後まで勝利だけを目指して戦い続けました。

そして来週はもうすぐにリーグ戦、大分でのトヨタ紡織戦が待っています。

しっかり切り替えて臨みますので、どうか引き続き、
温かいご声援、よろしくお願いいたします。

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave 80th 皇后杯特集


掴み切れなかったもの


「今年こそ、この準決勝で勝ちきって決勝に行くことをチームの目標としてやってきたのに、去年と同じ結果、内容で見ればそれ以下になってしまった。チャンスだったと思うのですが、それを自分たちで手放してしまったかなと思います」

スカイ(#7中畑)は語りました。

今年こそは、何かを掴める準決勝になるんじゃないか、
きっとそう感じていた選手たちも多かったんじゃないでしょうか。

レッドウェーブはここ数年ベスト4の壁を乗り越えられないでいます。
オールジャパンなら準決勝、Wリーグならプレーオフ・セミファイナル。
その大きな壁を、今のチームは破ることができていません。

しかし、今シーズン開幕から年末のデンソー戦まで、
苦しいゲームの中でレッドウェーブは、少しずつヒントを学んできました。

インサイドを攻めれば、活路は開かれる。

誰かがヘトヘトになってもチーム全員で守り抜くディフェンス

スピードとパワーを活かしたブレイク。

その武器を使って戦えば、最終目標としているものに少しでも近づけるんじゃないか。
そんな期待感が、ここ最近のチームには少なからずありました。

しかし、結果は大敗。

試合後、多くの選手の目に光るものがありました。

それは、積み上げてきたものを出し切れなかったからか
自分への不甲斐なさか、
お客さんにいいプレーを見せられなかったからか、
掴みかけていたものがまた遠くに行ってしまった気がするからか。

ただ、その悔しさが必ず今後に向けての力になると信じて。
チームは、ただ前進を続けます。

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave 80th 皇后杯特集


完敗


挑戦者として全力をつくして戦おう。
そのつもりでしたが、出させてもらえませんでした。

完敗です。
元々想定はしていたのに、トヨタ自動車のプレッシャーディフェンスの前に、
試合をするどころか、ボールをまともにキープできない、パスを通せない、
ドリブルもできない状況に陥ってしまいました。

もちろん技術的に劣っていた面もあったかもしれません。
でも、それだけではありません。
マークマンと対峙した時に「1対1で絶対に抜いてやる」という気持ち、
アジャストしてくる相手への対応、経験、自信・・・・・・。

全てひっくるめて、実力不足でした。

次の対戦、来年の大会では、こんな内容で終わらないように。
必ず、力をつけて戻ってきます!

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave 80th 皇后杯特集


決勝の舞台を目指して


いよいよやってきました、オールジャパン準決勝。
対戦するのはトヨタ自動車。去年も決勝進出を阻まれた相手です。

というよりも過去数年、タイトルを賭けた決勝・プレーオフファイナルに
進出できていないレッドウェーブ。
頂点をかけた試合というのは、とにかく経験するだけでも、
大きな成長のきっかけになるもの。

藪内夏美ヘッドコーチが、まずは目標に掲げているのも、
「ファイナルの舞台に立つ」こと。
もちろん、その先にあるものが最大の目標ではありますが、
目の前の試合にすべてをかけて、そしてみなさんの記憶に残るプレーを見せられるように、
チーム一丸となって戦います。

試合は13時から。みなさん応援よろしくお願いします。

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave 80th 皇后杯特集


選手たちへの応援コメントをお願いします!


みなさん、こんにちは。
昨日の試合も無事に勝ち、準決勝へと駒を進めることができました。
準決勝の相手は昨年と同じトヨタ自動車アンテロープス。

昨年は4点差で負けてしまいましたが……
今年は雪辱を果たすべくがんばります。

実力は互角のチーム、勝敗を分けるカギは、選手たちをよりいっそう奮い立たせるみなさんからの応援です。

皇后杯の特設サイトでは、選手たちへの応援コメントや投票の受付を実施中

ぜひ、みなさまから選手に宛てたメッセージをこちらにご投稿ください!
たっくさん投稿いただけると、選手たちのモチベーションもぐぐーんとアップ!

投稿お待ちしています。

投票はこちらから!

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave 80th 皇后杯特集


反省を糧にファイナルへ


オールジャパン1戦目、どこか消極的なプレーでシュートも打てず得点も伸びず、ディフェンスも粘りが見せられなかったレッドウェーブ。

チームは反省しました。とにかく積極的に打って守るんだ、と。
そして今日、チームはその反省を糧にして、とにかく積極的にシュートを打ちました。

その結果、モエコ(#0長岡)は3P2本を含む16得点。さらにリバウンド15本でダブルダブル達成。とにかく、試合終盤までオフェンスリバウンドに食らいつくその姿は、相手にプレッシャーを与え続けました。

そしてルイ(#10町田)は、あいたらすぐさま自分のタイミングで3P&ジャンプシュートを放ち、17得点。今日は、3Pが4本中3本成功。また、2Pは4本中4本成功と100%。1戦目に続いてスコアリーダーとなりました。

攻撃のリズムが良くなったことで、ディフェンスも安定。マークマンに対してプレッシャーをかけ続けて、いい形でのブレイクが増えましたやっぱり、レッドウェーブのバスケはディフェンスから!

それもこれも、1戦目の反省があったからこそ。そして、それをしっかりと2戦目のプレーで修正したからこその結果です。

思い返せば昨年のオールジャパン、レッドウェーブは準決勝でトヨタ自動車の前に僅か4点差で敗れました。
そして今年、再び準決勝で戦うのはトヨタ自動車です。
昨年の反省を糧にして戦えれば、きっと勝機は見えてくるはず。

チームが目標とする、まずは“ファイナルの舞台に立つこと”を目指して、
チーム一丸となって戦いますので、みなさん応援よろしくお願いします。

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave 80th 皇后杯特集


ゴール下の存在感


ここ数試合、スターティングメンバーで出ているリー(#12篠原)。

今日は、得点は4点とあまり伸びなかったものの、ゴール下の存在感はバツグン。開始してすぐには、ブロックショットも記録。今までも、なが~い手を活かしたパスカットや、味方が抜かれてもブロックショットなどでフォローしてくれているリー(#12篠原)は、まさにレッドウェーブのディフェンスにおいて最後の砦です。

そして何より、リバウンド。今日はトータル12本。特にオフェンスリバウンド8本はモエコ(#0長岡)と並んでチーム最多。

今日は相手がゾーンディフェンスで来たのもあって、3Pが増えましたが、そういう時にオフェンスリバウンドを拾ってくれる味方がいると、頼りになります。

そういば、彼女が大きな注目を浴びたのも、ルーキーイヤーの皇后杯でしたね。すでにリー(#12篠原)の得点力を高さを他のチームもわかっているので、マークも厳しくなる一方ですが、これからは得点にも期待!

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave 80th 皇后杯特集


スリーポイントで33点


今日は、本当に3Pがたくさん入りました。

実に成功数11本。3Pだけで33点を稼ぎました。打った数は33本で、成功率33.3%。
もうちょっと高確率だといいなぁーというところですが、十分な数字です。

では、決めた本数順にご紹介。

1本成功は2人。ひとりは職人レイ(#1三谷)。とにかく、この人が決めるとチームに一気に流れが来ます。2Qでの猛攻に勢いをつけたのも、彼女の3Pでした。

もうひとり、1本決めたのはスカイ(#7中畑)。今日は3Pよりも、ブザービーター2回の方が目立ったかな。

そして、3P2本成功はモエコ(#0長岡)。今日はアウトサイドも積極的に4本打ちました。インサイドの強さはもちろん最大の武器ですが、外からのシュートもうまいのです。

続いて、3本成功はルイ(#10町田)。1戦目からシュートが絶好調。次も期待大!

そして、今日もっとも多く、4本の3Pを成功させたのがウィル(#15山本)。
今シーズン、チームの調子が悪くてもコンスタントに得点を獲って結果を残していますが、今日は14得点。

相手のディフェンスの関係もあり、あまり迫力のあるドライブは見られませんでしたが、本人は「次はドライブなども増やしてインサイドの得点を狙いたい」と反省。

やっぱりウィル(#15山本)といえば、力強いインサイドと思い切りのいいアウトサイド。次は両方見られたらいいな!

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave 80th 皇后杯特集


ベスト4を賭けて


いよいよ幕を開けた第80回皇后杯!3回戦を突破したRedWaveは、本日15時より、国立代々木第一体育館にて新潟アルビレックスBBラビッツと激突。

準決勝進出を賭けた大事な一戦です。がんがん攻めて、向かって行きます。

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave 80th 皇后杯特集


新年初戦の堅さ


改めて、新年あけましておめでとうございます!
レッドウェーブは今年も、みなさんの期待に応えるプレーをするべく、新年初戦のゲームを元気いっぱいで快勝…というわけにはいきませんでした。

最終スコアだけを見れば、点差を離しての勝利と言えるかもしれません。
しかし、今のチームのテーマでもある、しっかりディフェンスでプレッシャーをかけてリバウンドを取ってブレイクというプレーが、特に前半全くできませんした。

もちろん、選手たちも力や気を抜いているわけではありませんが、ここ数年どうしても新年初戦は堅さが出てしまうレッドウェーブ。有明キャプテンが語るように、これも自分たちの“未熟さ”。

私たちは挑戦者なのです。目の前の敵に全力で。ただ、ひたむきにゴールを目指して。

次戦以降はしっかりと、ディフェンスから自分たちの目指すプレーができるように頑張りますので、今年も応援よろしくお願いいたします。

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave 80th 皇后杯特集