ガードたるもの


「点を取るガードであれ!」
これがいわゆる藪内流のポイントガード。

マッチアップする相手のベテラン選手に最初はひるんでいたルイ。
しかし、そんな弱い気持ちも、中盤以降はしっかりと振り切って、攻める。

果敢にリングを狙っていきました。
うまいこと、連続写真にも納まってくれたのでちょっとご紹介。

今日の#10ルイはそういう意味では、14得点をマークし、、しっかりとその教えを体現していたと思います。
※そうは言ってもきっと「まだまだやでぇ」と辛口なコメントが飛んできそうですが

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave 79th 皇后杯特集


相方の分まで


ちょっとお留守番になっている、同輩の#12リーの分まで頑張ってくれたんですが、前半はトヨタディフェンスの強いプレッシャーに、なかなか持ち前の得点力を発揮できず、我慢の時間が続いていました。

しかし、後半からは何かを吹っ切ったかのように、得点を量産☆
最後の最後まで取られても取り返し、こちらもパル同様、点取り屋としての能力をいかんなく発揮。

しかしこれが・・・・・・。
残り44秒、逆転の望みをかけて放った3Pでしたが、無常にもリングとバックボードの隙間にハマってしまい、これが勝負の明暗を分けてしまいました。

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave 79th 皇后杯特集


折れない心


リングに立ち向かっていくという点では、やはりこの人の強さは光るものがありました。

今日もチーム2位の17得点をマークし、あの19得点追い上げのきっかけを作ってくれた#45パル。

チーム全体で4本しか決まらなかった3Pも、パルが2本、勝負どころで決めてきました!
折れない心の原動力はまさにパルでした。

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave 79th 皇后杯特集


追いつけど、追いつけど。


想いはひとつでした。

ベテランも、若手も、一丸となって立ち向かっていきました。
途中、19点もの差をつけられても、そこからの巻き返しはまさにRedWaveの真髄。

「あと5点」

しかし、追いつけども、追いつけども、その度に跳ね返され、最後まで逆転することは叶いませんでした。

それでも頑張ったみんなの姿をお届けいたします。

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave 79th 皇后杯特集


届かなかった「ONE MORE」


あと少し。
本当にあと1歩でした。

2年ぶりの決勝の舞台のために、ひとりひとりが精一杯を尽くしましたが、届きませんでした。最後まで温かいご声援を送っていただき、本当にありがとうございました。

まずは一言、ファンの皆さんへ―――――!

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave 79th 皇后杯特集