この流れを止めずに、さらなる前進へ


レッドウェーブファンのみなさん、こんにちは

10月の開幕月を

6勝1敗

として、現在3位につけているレッドウェーブ
11月は女子日本代表のプレOQT(オリンピック予選のアジア予選。日本はすでに開催国枠でのオリンピック出場が決まっていますが、これらの大会に出なければならないのです)のため、リーグは1か月お休みとなります

その間に立て直してくるチームもあるでしょうから、レッドウェーブも今月のいい流れを止めずに、さらなる前進へ精進していきたいと思います

しかし10月はいろんなことがありました。

開幕戦でWリーグ11連覇中のJX-ENEOSサンフラワーズを下し、

5年ぶりの横須賀大会

4年ぶりの横浜文体(文化体育館)


そして台風19号による日立ハイテククーガーズとのGAME2の中止
改めて被災された方々にお見舞いを申し上げるとともに、一日でも早い復興をチーム一同願っています。


ホームコートであるとどろきアリーナやその近辺も大きな被害を受け、今もあのコートは使えず、復旧作業に入っているとか。
もう一度あのコートでプレーし、みなさんと勝利を分かち合いたい。
そして試合後のハイタッチをしたい。


やはりレッドウェーブがスタートダッシュに成功できたのも、みなさんの応援があったからこそ
だからこそ、どんなときでもみんなで一緒に乗り越えていきましょう


10月は開幕戦の2試合と最終戦を除いた4試合が神奈川県内の、いわゆる

ホームタウンゲーム

でした。
それがチームに力を与えてくれました。


12月は皇后杯セカンドラウンド(@京都)、リーグ再開後も全国各地(@三重、宮崎、旭川)に伺いますが、ホームタウンゲームに負けない応援をよろしくお願いいたします。
みなさんにお会いできることを楽しみにしています

応援のリードは全国どこにでも駆けつけてくださる

ブースタークラブリーダー

がしてくださいます。
このTシャツを見かけたら、ぜひレッドウェーブのハリセンをゲットしてください


そうして全国各地にいるレッドウェーブファンのみなさんとともに頂点へ

10月の温かいご声援、本当にありがとうございました
次回12月1日、皇后杯のセカンドラウンド@京都でお会いしましょう

 


やっぱり笑顔がいいね


レッドウェーブファンのみなさん、こんばんは

今シーズン初のアウェーゲームとなるウイング・ハット春日部でのゲーム、勝ちました
しかも逆転勝ち

レッドウェーブ 77-73 シャンソン化粧品シャンソンⅤマジック

前半は苦しい展開でした
後半途中で、このゲーム最大の得点差

16点

を背負ってしまいました

しかしそこからレッドウェーブの怒涛の反撃が始まりました
そこには#25キラ(内尾)の積極性があったり、
#11シィ(篠崎)の速攻があったり、
#10ルイ(町田)の3ポイントシュート、
#8リツ(内野)のバスケットカウントもありました。

しかし、今日の逆転勝利にこの人の存在は欠かせません

#12リー(篠原)

です。

開幕後、ここまでなかなかペースが上がらないリーでしたが、ディフェンスでは貢献してくれていました。
それは今日も変わらなかったのですが、


それ以上に今日は

16得点

をあげました


得意のインサイドプレーはもちろん、なんと

3ポイントシュート

まで

「練習してきた甲斐がありました」

と、試合後に本人も笑顔でした。

もちろんベンチは大騒ぎ


3ポイントシュートだけでなく、バスケットカウントも第4Qだけで2本。


中学時代の同級生#15ウィル(山本)ともガッチリハイタッチ

そしてベンチに戻った#12リー(篠原)も十分な手応えからか、それとも安堵からか、いい笑顔。


うん、やっぱり笑顔はいいね
これは#12リー(篠原)に限った話ではありませんが、やはり選手たちの笑顔はいい

こんな笑顔をファンのみなさんに届けるべく、#12リー(篠原)にはこれで吹っ切れてもらいましょう。
本人曰く
「吹っ切れたらいいんですけどね(笑)」
……ダメ、吹っ切りなさい(笑)

11月は日本代表活動があるため、Wリーグはお休みになりますが、その間、チームも#12リー(篠原)もさらに上げていってもらいましょう


本日も熱いご声援、ありがとうございました


🔗 後援会・ファンクラブの専用サイトはコチラ

🔗 Instagram ★Red Wave公式アカウント
🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave 21st Wリーグ特集


流れを作った“3ポイント祭り”


レッドウェーブファンのみなさん、こんばんは

4年ぶりの文体(横浜文化体育館)でのゲーム、勝ちました

レッドウェーブ 84-63 シャンソン化粧品シャンソンVマジック

今日は前半から……というか第1Qから

3ポイント祭り

でした。
流れを作ったのはこの人。


#8リツ(内野)です。
リツの3ポイントシュートをかわきりに、第1Qだけで
#10ルイ(町田)


#11シィ(篠崎)


#15ウィル(山本)


と次々に決めていきます

それを受けた第2Qの立ち上がりには
#21ナル(松本)


#13ニチカ(谷口)

も連続3ポイント

シャンソン化粧品もタイムアウトを取りましたが、その流れは切れず、その後も第2Qだけで
#11シィ(篠崎)が2本
#8リツ(内野)も2本
締めくくりは#21ナル(松本)のブザービーター3ポイントシュートでした

これはもう今日は止まらないな。
そう思ったのですが、さすがはシャンソン化粧品です。
しっかり修正をしてきて、第3Qは残り6秒で決めた#21ナル(松本)の1本のみ。

第4Qも終盤に#13ニチカ(谷口)が1本決めただけ。
それでも最終的には

14本

の3ポイントシュートを沈めました

いや、第4Qの立ち上がりに#12リー(篠原)がバスケットカウントから3ポイントプレーを決めたで、それも“祭り”に入れましょう


ま、後半は少なくなりましたが、前半のあの3ポイント祭りは圧巻でした
後半に少なくなったのは、

今後の伸びしろ

です。

あれだけ激しいディフェンスを序盤から続けて、オフェンスもずっと高いレベルをキープするのは至難のわざです。
でも、だからこそ前半の“祭り”はゲームの主導権を握るのに必要な要素でした

しかし、今日のような負け方をしたあとのシャンソン化粧品は要注意
しっかりと立て直してくると思いますので、レッドウェーブもしっかり立ち向かっていきたいと思います

できれば今日のような3ポイント祭りを再び

明日はウイング・ハット春日部(埼玉)でのゲームになります。
14時ティップオフ

ブレイク月間となる11月前にある最後のゲームです。
みんなで勝って、10月を締めましょう


🔗 後援会・ファンクラブの専用サイトはコチラ

🔗 Instagram ★Red Wave公式アカウント
🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave 21st Wリーグ特集


私たちにできることを


レッドウェーブファンのみなさん、こんにちは

ただいま3連勝中のレッドウェーブは、さらにその連勝を伸ばすべく、週末のシャンソン化粧品シャンソンⅤマジック戦に向け、練習を重ねています。
今週末は
26日(土) 14:00~ 横浜文化体育館
27日(日) 14:00~ ウイング・ハット春日部
でのゲームになります。
みなさんと勝利を共有したいと思っていますので、ぜひ足を運んでください

さて、レッドウェーブは今月の神奈川県内のゲームで2つの社会貢献に取り組んでいます。
ひとつは、乳がんの早期発見・治療と、正しい知識を持ってもらう

ピンクリボン運動

に賛同し、それを知っていただくべく、シンボルカラーのピンクを携えています。

たとえば髪の毛を束ねるゴムだったり

これはマネージャーも

……ちなみにマネージャーを含めた女性スタッフはピンクのシューズも履いていますので、チェックしてみてください

テーピングが必要な選手はそこにもピンクが


レッドウェーブのピンクを見て、
「ピンクリボンだな。ちょっと勉強してみよう。家族で話し合ってみよう」
そう思っていただけると幸いです。

ちなみに乳がんは男性でも罹るそうなので、男性の方もしっかりチェックしてくださいね

もうひとつは、今月12日から各地を襲った台風19号によって被害を受けた方々への義援金も募っております
試合後、選手たちがロビーに出て、声を掛けさせてもらっています。


ぜひご協力をお願いします

改めて、台風19号によって被害に遭われた方々に、心よりお見舞いを申し上げます。

私たちのできることといえば、バスケットボールを懸命にプレーすることで、少しでも被災したみなさんに元気を取り戻していただき、再び立ち上がる勇気を持っていただくことと、こうした啓蒙活動や募金活動くらいです。

私たちにできることを懸命に取り組んで、みなさんとともに何度でも立ち上がりたいと考えています

一緒に乗り越えていきましょう


🔗 後援会・ファンクラブの専用サイトはコチラ

🔗 Instagram ★Red Wave公式アカウント
🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave 21st Wリーグ特集


予言どおり?


レッドウェーブファンのみなさん、こんばんは

横須賀で行われた三菱電機との第2戦、勝ちました。

レッドウェーブ 83-71 三菱電機コアラーズ

ついに、今シーズン初の80点超え
しかも逆転での勝利
前半に苦しんだゲームを逆転で勝ちきったことはとても大きな意味があります

そして昨日の当ブログで予言したとおり(?)、今日は若手が奮起してくれました

苦しい前半にアグレッシブな姿勢を結果に結びつけてくれたのは#13ニチカ(谷口)でした。

試合後のコメントにもあるとおり、得意なオフェンスをするために、まずはディフェンスとリバウンドから入ったと言うのですから、2年目になると頼もしさが増しますね。

こんなシーンもありました。
スティール成功……と思ったら、サイドラインを踏んでいて、地団駄を踏んでいるニチカです
私は韻を踏んでいます(踏んでないか)

同じく2年目の#21ナル(松本)。
前半こそミスが続いてしまいましたが、それでもテーブスヘッドコーチが何度もコートに送り出したことで、第4Qにきっちりと答えを出してくれました。


そして移籍1年目の#99モニカ(オコエ)はブロックショットに、1対1に、3ポイントシュートに大活躍。

まだまだ若さによるミスもありますが、ゲームの最終盤に見せた

5連続得点

は圧巻でした

……ここだけの話、6連続になる可能性もあったんですけどね
ま、それを言ったら4連続で終わっていた可能性もあったわけで

こうした若手が活躍することでベテランも刺激を受けたり、安心して休むこともできます。
そうしてチームは強くなっていくんです

苦しい前半でしたが、若手の奮闘とベテランの落ち着きが見事に融合した、ナイスゲームでした

チームはまだまだ発展途上
ゲームによってさまざまな“表情”を見せると思いますが、選手それぞれが持てる力を発揮しながら、全員で勝利に近づいていきたい

これを継続できるよう、来週も頑張ります

6シーズンぶりの横須賀シリーズ、たくさんの応援をありがとうございました


🔗 後援会・ファンクラブの専用サイトはコチラ

🔗 Instagram ★Red Wave公式アカウント
🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave 21st Wリーグ特集