2018-19シーズン激励会レポート


10月9日(火曜日)、10日後のWリーグ開幕に向けて、富士通川崎工場にてレッドウェーブ激励会を開催されました。日頃よりご支援いただいている会社関係者や選手・スタッフ上司の皆様、抽選で当選された女子バスケットボール後援会・ファンクラブの皆様との交流を深めるとともに、シーズン開幕に向けて一体となって士気を高めるイベントです。

チームから、日頃のご支援への御礼と今シーズンの応援のお願いから会はスタートしました。

レッドウェーブ顧問:富士通ISサービス(株)代表取締役社長吉村浩平

吉村浩平代表取締役社長

「Wリーグは戦国時代ですが、もう1段上の戦いをするために、今シーズンからBTテーブスヘッドコーチを迎え、BTを前チームで支えた宮永雄太AC、昨シーズンは兄貴役としてチームを支えた日下光AC、この3名でBTを軸したコーチ陣で今シーズンを戦います。ファイナル、そして頂点をめざすということで選手・スタッフとも共有しております。レッドウェーブはもちろんのこと、全社強化指定運動部であるフロンティアーズ、陸上競技部、そしてスポンサードチームの川崎フロンターレとともに、皆さんとともに勝利の美酒を味わいたいと思います。今シーズンもご支援・ご声援をよろしくお願いいたします」

ヘッドコーチ:BTテーブス

「富士通に戻ってくることができて、選手たちを指導させていただけることをありがたく思っていますし、それが何よりも私の毎日のモチベーションです。素晴らしいスタッフたちにも恵まれ、嬉しく思います。今シーズンのチームもファイナルを目標にしなければいけません。今日ここにいる選手たちが、ファンの方々に、レッドウェーブのバスケを、情熱とハングリー精神をもってプレイする姿をお見せできることを願っています。いいときも悪いときも皆さんのサポートをよろしくお願いいたします」

ヘッドコーチ BTテーブス

後援会長:富士通(株)執行役員常務 中野克己

中野克己執行役員常務

「皆様のご支援もあり、レッドウェーブも、コーチングスタッフも充実しましたし、選手層もさらに厚くなりましたし、今シーズンは、私自身、後援会長ですけれども、開幕を楽しみにしております。試合は1/3少なくなりましたけど、ひとりでも多くの方に試合会場に足を運んでいただきたいし、応援していただきたい。周りの方、ご家族含めてとにかく連れてていただいて、応援いただきたい。皆様にはその1つのお願いばかりです」

毎年感じるのは、支援してくださる皆様が作ってくれる暖かい雰囲気の中に、チームや選手への期待感。
参加者おひとりおひとりから、選手・スタッフ一同、「激励」を受けました。

#12 C 篠原恵
#27 F 藤永真悠子、#7 C 王昕
#8 F 内野智香英
#21 G 松本愛美
宮永・日下両アシスタントコーチ

選手スタッフ紹介では、新人・移籍選手がご挨拶。宮永・日下両アシスタントコーチが進行した“お楽しみ抽選会”、後援会・ファンクラブの皆様からお寄せいただいた質問に選手が答える質問コーナーなど、盛りだくさんの内容でした。
また、いつも会場を盛り上げてくれるブースタークラブリーダーやチアリーダ部からの激励もいただきました。

#13 G 谷口二千華
#31 F 高田汐織
#10 G 町田瑠唯

会の終盤では、町田・高田キャプテンが選手を代表して挨拶。
「新人4人、移籍者1人を加えて、選手16名で今シーズンを戦います。今期は、レギュラーシーズンが22試合と試合数が少なく、その分、ひとつの勝敗が昨年以上に結果を大きく左右します。ブースターの皆さん、チアリーダーの皆さんはじめ、皆さん、最後まで一緒に戦っていただけたら嬉しいなと思います。皆さんの支えがあることを忘れず、プレーで感謝の気持ちを表現し、恩返しができるようにかんばって行きますので、応援をよろしくお願いいたします」

#25 CF 内尾聡菜
#16 C 栗林未和
林博司執行役員常務

そして、会社を代表して林博司執行役員常務から
「非常によい雰囲気の激励会。今シーズン、レッドウェーブが素晴らしい好成績を残すこと、選手全員が大きなケガなく、2年後の大きな世界大会の代表につながるような大きな成長をしてくれること、それと、ここにいる皆さんと一緒に、RWを本当に心から応援しバスケットを見ることを楽しみたい」
と最後にご挨拶をいただき、和やかな雰囲気の中、激励会はお開きとなりました。

いよいよ開幕まであと2日!
今シーズンは「Right Now!」をスローガンに掲げ、1戦1戦、目の前にあるその瞬間を大切にして戦ってまいります。
是非、試合会場で、W-TVやバスケットLIVEを通じて、チームへのご支援・ご声援をよろしくお願いいたします。


NEXTGAME
10月19日(金曜日)19:00~(バスケットLIVEでも配信
10月20日(土曜日)15:00~
vs 東京羽田ヴィッキーズ
at スカイアリーナ座間
チケット情報はこちら 無料LIVE配信「W-TV」はこちら


🔗 ファンクラブの入会・更新はコチラ

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave 20th Wリーグ特集
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP


富士通レッドウェーブバスケットボール教室の開講終了報告


スクール担当の泉です。
『富士通レッドウェーブバスケットボール教室』の2018年度第二期(2018年7月~9月)を終えて、1年間のスクール活動が終了しましたのでご報告いたします。

このスクールには経験者をはじめ、初めてバスケットボールを始める多くのお子さんも参加して下さいました。

みんなで一緒に楽しみながら、基本技術の反復練習をして、シュートがコントロールできるようになったり、パスやドリブルなどハンドリングが上手くなったり、良い判断が出来るようになったり・・・本当に沢山の成長を感じることができました。

また、私自身は試行錯誤しながらも、バスケットボールの普及や育成に関われたことで、指導の学びにつながり、とても貴重な時間をいただけたかと思います。みなさんありがとうございました

今度はレッドウェーブの試合会場で会えたら嬉しいです。お待ちしております!!
10月からはOGの三谷(レイ)と市野(テン)で継続しておりますので、また元気に参加してくださいね

① 小学3・4年生のクラス 1
① 小学3・4年生のクラス 2
② 小学5・6年生のクラス 1
② 小学5・6年生のクラス 2

富士通レッドウェーブバスケットボール教室について

地域貢献・社会貢献活動の一環であり、WJBLに在籍しているチームとして、バスケットボールの普及・強化に努めること。また、子ども達とのふれあいをより深く、多くする機会を増やし、バスケットボールやチームのファン拡大を目指すことを目的に活動しております。

なお、この教室は、川崎市スポーツ・文化総合センター「カルッツかわさき」のジュニア教室の1つとして、小学3~6年生の女子を対象に個人のスキルアップ目指した教室を開講しております

🔗 カルッツかわさき


🔗 ファンクラブの入会・更新はコチラ

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave 20th Wリーグ特集
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP


いよいよ今週金曜日、第20回Wリーグ開幕!!


みなさま、こんにちは
ブログがだいぶご無沙汰になってしまい、申し訳ございません
Twitterでの開幕カウントダウン企画、ご覧いただいてますでしょうか?
試合中はなかなか見せないチャーミングな姿や、意外な一面が見えたのではないかと思います

いよいよ今週金曜日より、第20回Wリーグが開幕いたします!
開幕戦より、座間👉川崎👉平塚と神奈川県内で開催する試合が続きますので、是非会場に足を運んでいただき、レッドウェーブへ熱いご声援を頂ければと思います。

ここで、開幕戦イベントのご紹介です。
富士通レッドウェーブでは、ピンクリボン運動 🎀(乳がんの正しい知識を広め、乳がん検診の早期受診を推進する運動)に賛同し、その証として推進月間に当たる10月の試合では、試合終了後に募金活動を実施いたします。(※神奈川県内開催の試合に限り)

本活動にご賛同いただける方は、是非この機会に寄付をお願いいたします。
皆さまからの寄付に、レッドウェーブ一同からのものをあわせ、以下の団体に寄付させていただきます。
寄付先:認定NPO法人J.POSH 🎀

また、西日本豪雨災害並びに北海道胆振東部地震の災害支援募金活動もあわせて実施いたします。

10月19日(金曜日)19:00TipOff VS羽田ヴィッキーズ スカイアリーナ座間
バスケットLIVEでの生中継あり
10月20日(土曜日)15:00TipOff VS羽田ヴィッキーズ スカイアリーナ座間

今シーズンもWJBL公式動画サイト『W-TV』でのライブ配信があります!!


🔗 ファンクラブの入会・更新はコチラ

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave 20th Wリーグ特集
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP


長野クリニックを実施しました!


8月9日(木曜日)、長野市立豊野中学校でバスケットボールクリニックが行われ、#5ナオ(曽我部)、#8リツ(内野)、#15ウィル(山本)と宮永ACが参加しました

2010年から行われている長野クリニックは富士通長野工場・長野支社の主催で長野市内の中学生を対象にバスケットボールの技術向上とさらなる発展を目的とした毎年恒例のクリニックとなっています

開催に先立ち、長野市バスケットボール協会理事長)相澤様から参加者の皆さんに開会のご挨拶をいただいて、教室はスタート。

ハンドリング・パスと基本的なスキルを練習していきます。

宮永ACの真似をしよう

何事も基本が大事。地味なパス練習もしっかり行います
シュート練習はグループに分かれて取り組みました

クリニック後はサイン会を実施

元気にクリニックに参加してくれたみなさんありがとうございました
たくさんの笑顔で選手・スタッフもエネルギーをもらいました

開幕まで残り2か月を切りました
毎日、チーム全員で汗を流して練習に取り組んでいます
今シーズンも皆さまにレッドウェーブらしいバスケをお見せできるように日々頑張りますので引き続き応援よろしくお願いします

選手・スタッフコメント

#5曽我部奈央 #5曽我部奈央
長野市の中学生はとても元気がよく、教えたことを素直に実践してくれました。私自身も楽しかったですし、チームに戻ってからも中学生に負けないように頑張ろうという気持ちになりました!今回教えた中学生から、数年後私たちと同じ舞台に立っている子がいたらいいな、と思います。
宮永AC 宮永AC
長野クリニック、ご尽力いただきました皆さまありがとうございました!一番楽しんだのは私だったかもしれません。それは、参加してくれた生徒たちの眼差しが素晴らしかったからです。いつの日か同じステージで活躍できる日を楽しみにしております!

🔗 ファンクラブの入会・更新はコチラ

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP


富士通レッドウェーブバスケットボール教室の開講報告Ⅲ


スクールコーチの泉です。
『富士通レッドウェーブバスケットボール教室』の2018年度第一期(2018年4月~6月)が終了しましたので、ご報告をいたします

このバスケットボール教室のこと、巷ではじわじわと広まり、人気になっているようで、今回も2クラスとも抽選

教室は当選した40名(定員20名×2クラス)で始まりました。
10回の教室のうち、前半5回はシュートフォーム作りに注力し、後半5回はレッドウェーブアナリストの阿蘓さんも加わってくれて、ドリブルやパスの基礎的なドリルを中心に楽しく進めました。

どうやら多くの参加者が、教室がない日でも個人的に練習してくれているようで、ハンドリングがとっても上手になったような…みんなの成長を感じられる機会となりました。

また、今回はチームが始動する前ということで、ガンガントレーニングしている合い間をみつけて、#9ショウ(村山)と#25キラ(内尾)、#16クゥ(栗林)と#27マユコ(藤永)も教えに来てくれ、互いに貴重な時間になったかと思います

ご参加くださったみんな、ありがとうございました。試合を見に来たらコートネームで応援してくださいね!また会いましょう

教室の風景の写真…多少ぼんやりしてますが、掲載しておきます

① 小学3・4年生のクラス
② 小学5・6年生のクラス
富士通レッドウェーブバスケットボール教室について

地域貢献・社会貢献活動の一環であり、WJBLに在籍しているチームとして、バスケットボールの普及・強化に努めること。また、子ども達とのふれあいをより深く、多くする機会を増やし、バスケットボールやチームのファン拡大を目指すことを目的に活動しております。

なお、この教室は、川崎市スポーツ・文化総合センター「カルッツかわさき」のジュニア教室の1つとして、小学3~6年生の女子を対象に個人のスキルアップ目指した教室を開講しております。

🔗 カルッツかわさき

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP