伝染する積極的な空気


レッドウェーブファンのみなさん、こんにちは

連敗を4で止め、連勝を2としたレッドウェーブですが、今週末は一筋縄ではいかないチームが対戦相手です。
前回もお伝えしましたが、

10日(土)が13時からシャンソン化粧品シャンソンVマジック
11日(日)が15時からデンソーアイリス
とのゲームになります。
両日で試合開始時間が異なるのでご注意ください。

会場は大分県立総合体育館

大分のみならず、九州のレッドウェーブファンのみなさん、現地での応援をよろしくお願いいたします
大分には来られない全国のレッドウェーブファンのみなさん、W-TV、もしくは念だけでもよいので後押ししてください

さてレッドウェーブの現状はというと、前週のゲームあたりから、いわゆるバックアップの選手たちが積極的なプレーを見せてくれています
文字どおりスタメンをバックアップする彼女たちの活躍は、チームに活力と勢いを与えてくれますね。

#8ハル(佐藤)は彼女らしいドライブで得点を決めてくれましたし、


#14マリ(橋詰)も積極的な攻撃で得点を奪っていました。


彼女たちが奮起できたのは、もちろんスタメンが頑張ったからでもあります。
小滝道仁ヘッドコーチが言っていましたが、「空気は伝染する」のです。
スタメンが積極的に攻めることで、バックアップのメンバーも流れに棹差すプレーを出すのでしょう。

一方で彼女の存在も忘れてはいけないと思います。
#5ナオ(曽我部)です。


彼女も一時期の低迷期を脱し、今はのびのびとプレーしています。
もともと実力のある選手ですから、気持ちの切り替えで見事に自分を立て直しました。
彼女の頑張りが、他のバックアップにも伝染しているように思います。

もちろん彼女も


どんなときでも#31シオリ(高田)は自分の仕事をしっかりと果たしてくれます。
もしWリーグに「シックスマン賞(NBAにあるバックアップとして活躍した選手を表彰する賞)」があれば、間違いなく獲るでしょう。
そう信じています。

先輩たちが頑張ると、若手も「やらなきゃ」という意識を持てます。
前週の2試合とも得点をあげた#30アヤ(中島)などがよい例でしょう。


ミスもありましたが、ディフェンスリバウンドでは自身の高さを生かして、頑張っていました

試合に出る、出ないはそのときの状況によるとは思いますが、
どんなときでもチーム全員が積極的な意識を持っておくことはとても大切なことです。

それこそが

ONE TEAM, ONE HEART

です。

今週もONE TEAM, ONE HEARTで連勝を狙います

🔗 ファンクラブの入会はコチラ

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave 19th Wリーグ特集