完敗から何を得るか……


レッドウェーブファンのみなさん、こんばんは

長崎シリーズ初戦……完敗です
レッドウェーブ 73-111 JX-ENEOSサンフラワーズ

もはや言い訳のしようもありません。
悔しさと不甲斐なさと、応援してくださっているみなさんへの申し訳なさしかない。
100点以上の失点で負けたのなんて、いつ以来でしょう?
本当に悔しい

でもその悔しさ、不甲斐なさを誰よりも強く感じているは選手やコーチたちだと思います。
111失点もするなんて……自分たちは何をしているんだろう?
そう思っているはずです。
だからこそ、明日、もう一度JX-ENEOSに今日以上のエネルギーで立ち向かっていかなければいけません

こんなことを書いてはいけないと思いますが、今は勝ち負けよりも、自分たちが納得できる、ファンのみなさんに「これがレッドウェーブのバスケットだ!」と胸を張れるようなゲームをしてほしい。
それがきっとプレーオフにつながるはずだから

と、ちょっと熱くなってしまいましたが、今日のゲームはけっして悪いことばかりではありませんでした。
ん? これ、先週も同じフレーズを使ったような……

今日は#11シィ(篠崎)が積極的にアタックし、久々に(?)シィらしいプレーを見せてくれました。

本人はまだまだみたいな感じなので、明日以降、もっともっと上げてもらいましょう

また#16クゥ(栗林)も、初のJX-ENEOS戦でよく頑張りました。
JX-ENEOS#10渡嘉敷来夢選手を相手にもゴール下で戦っていましたし、


終盤には、同じルーキーの#33梅沢カディシャ樹奈選手とのマッチアップは見応え十分でした こういうライバル関係が#16クゥ(栗林)をより高みに引き上げていくのでしょう。

もちろん#10渡嘉敷選手や、#21大崎佑圭選手にはやられてしまう場面のほうが多かったのですが、彼女たちはいわば今の日本の頂点に立つビッグマンです。

 そんな彼女たちとマッチアップをすることで得られるものもあったはず
この経験を次に生かしてほしい。
もちろん「次」というのは、数年後という意味だけでなく、明日すぐにでもできることをやってほしいという意味です。

負けて終わりにはしませんよ

もちろんほかのメンバーだって、このままで終わる選手たちではありません
明日、もう一度
最後の最後で勝つために、今できることを精いっぱいやり抜きます

明日は大村市体育文化センター(シーハット大村)13:30ティップオフです

🔗 ファンクラブの入会はコチラ

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave 19th Wリーグ特集