頼りになるインサイド


皇后杯を終え、リーグ再開となる兵庫・大阪遠征
一時、1点差まで詰め寄られるシーンもありましたが、後半は波に乗って

富士通レッドウェーブ 79-64 トヨタ紡織 サンシャインラビッツ

と勝利しました。これでリーグ戦は連勝です

皇后杯からの良い流れをキープしていたのは、インサイドの2人、#12リー(篠原)#16クゥ(栗林)

序盤はセンター中心の攻めでリードを奪ったチーム。得点の流れが一時的に重たくなった時も、センター陣が1対1から決めたり、突破口を作ってくれました。

そこにこだわったのもあって、第2Qで一時ミスが増えた時もありましたが…。

でも、その前半があったからこそ、後半は外からの3ポイントが打てるようになり、これが決まりだしてからチームは決定的なリードを奪うことができました。ありがとう、#12リー(篠原)#16クゥ(栗林)

そのあたりの中と外の攻撃を、もっとスムースにうまく使い分けられれば、チームはより進化すると思います

他にも、#11シィ(篠崎)も好調をキープ

#31シオリ(髙田)も改めて、ルーズボールへのこだわりを見せてくれていましたね。

ゲーム終盤には#25キラ(内尾)と、#14マリ(橋詰)もしっかり活躍

富士通レッドウェーブ Wリーグ明日のゲームでは良かった部分をもっと早くから出せるように。あと、ブレイクなどチームが狙ったようなプレーでの得点が増えれば、もっといい内容の試合が見せられるはず

さてさて、あともうひとつ
ニュースでお伝えしましたが、今シーズンからWリーグにはアーリーエントリーという制度が導入され、来シーズン正式入社予定の選手がチームに帯同し、試合にも出られるようになりました

今週のゲームからレッドウェーブにも以下の3人が帯同しています。
・王 昕(わん しん)/東京医療保健大学 181cm/C
・松本 愛美(まつもと なるみ)/筑波大学 165cm/G
・谷口 二千華(たにぐち にちか)/愛知学泉大学 173cm/G
レッドウェーブの未来を担う選手、覚えておいてくださいね。

ちなみに、今日の試合の舞台となった兵庫県は、谷口選手(写真中央)の地元でした(といっても淡路島出身とのことで、試合会場からは少し距離がありますが)。

富士通レッドウェーブ Wリーグまだ、緊張の面持ちですが…
少しでも早くチームにもリーグにも慣れて、レッドウェーブの力になってくれることを期待しましょう!

🔗 ファンクラブの入会はコチラ

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave 19th Wリーグ特集