成長の証


レッドウェーブファンのみなさん、こんばんは

皇后杯ファイナルラウンド準決勝、デンソー戦。2年連続の決勝進出をかけて戦ったゲームは、
富士通レッドウェーブ 62-76 デンソーアイリス
で負けました

うーん、残念

もたついたところはあったものの、第3Q終わりでリードを奪っていたので、そのまま行けるかと思いましたが、第4Q序盤の連続失点が響きました。負けた限り、言い訳も何もありませんが、惜しい負けだったのは確かです。

今日のゲームのキーは、何と言ってもインサイド勝負

篠原 恵(185cm)‐栗林 未和(188cm)
髙田 真希(183cm)‐赤穂 さくら(183cm)

内容的には、リバウンド勝負に始まり、得点の奪い合い、ファウルの仕掛けあいと、非常に見応えのあるものになったと思います

特に新年が明けてからのこの2戦、大活躍だった#16クゥ(栗林)は、ここまでの成長の証を、得点でリバウンドで、しっかり見せてくれました

それでも、やはりデンソーセンター陣の前に力及ばず
こちらも#12リー(篠原)が13点、#16クゥ(栗林)が10点と奮闘しました。しかし、デンソーは#8髙田選手が19点、#12赤穂さくら選手が21点。トータルでは、上回られてしまいました

特に、第3Q終盤から第4Q序盤の#12赤穂さくら選手の爆発が、大きく勝負を分けたところからも、ここをコートに立っている選手全員で守れなかったのが敗退の要因になったと言っていいと思います

しかし、完全に負けていたわけではなく、良い時間帯であれば、相手をリードできたのはチームとして得られたものだったと思いますもちろん、その流れをしっかり立て直せるようになることが、チームの長年の課題ではありますが、とにかく成長することが大事その意味では収穫のあった大会になったと思います。

みなさんの熱い応援も、チームの力となりましたありがとうございいました


今年は決勝進出を果たせませんでしたが、また来年さらに成長して、この舞台で頂点を目指して戦いたいと思いますので、ひきつづきご声援よろしくお願いいたします

もう来週からは、トヨタ紡織戦でリーグ戦再開!しっかり切り替えて、良いゲームがお見せできるようにがんばります

🔗 ファンクラブの入会はコチラ

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave 第84回皇后杯特集