#3 梶原理奈:アス「謙虚に、ひたむきに、コツコツと」を忘れずに/2017-2018シーズン新人特集


#3 梶原理奈 コートネーム:アス

177センチのサイズがありながらも、高確率の3Pシュートを武器とするフォワード。インサイドもアウトサイドもこなすプレーは、チームが目指すスタイルにもマッチしており、ハマれば大きな活躍が期待できる。ひとまず1年目は、与えられた出場機会の中で積極的にシュートを放ち、得点に絡む動きをするのが当面の目標。シュート力とディフェンスを強化し、ポジション獲得に向かって先輩たちに負けないだけの力をつけたい。

――コートネームは「アス」ですが由来は?

『向上心』という意味の英語『aspiration(アスピレーション)』から取りました。私はウィルさん(#15山本)に昔から憧れていて、その話を小滝ヘッドコーチにしたら、ウィルさん(#15山本)本人がつけてくださったんです。

――何か趣味はありますか?

写真を撮るのと散歩するのが好きなので、散歩しながら携帯や一眼レフで写真をよく撮ります。一眼レフは高校生の時に、「どうしても欲しい」と親にお願いして、ひとつ買ってもらいました。もともと空を見るのが好きだったので、高校の時は部活前後に夕日の写真を撮ったりしていました。

――社会人になって変化を感じるのはどんなところですか

「やっぱりプロだな」と思うことがたくさんありますね。バスケの練習でも切り替えが速かったり、すべての切り替えが速い。最初はそこになれるの大変でした。練習量も多くなって大変ですね。

高校時代は、体のケアも全然やっていませんでしたが、社会人では基本的な体のケアは自分でやるものだと、トレーナーさんに教えてもらいました。最初はなかなか継続できませんでしたが、筋トレの後など筋肉痛を残さないようにマッサージして、次の日の練習に向けて良い準備をするように心がけています。

――現在取り組んでいる課題は何ですか?

自分はシュートが得意なのでスリーポイントを決められるように、今は頑張っています。それから、ディフェンスも少しずつ頑張るようにしています。少しずつ、ですね。

――初任給は何に使いましたか?

恩師に枕を買ったのと、出身校である埼玉栄高校のバスケ部にトレーニング器具を寄付することになって、その購入費用の一部の負担するのに使いしました。それで給料がなくなっちゃって、ちょっと大変だったんですけどね…。器具は今でも使ってもらっているので良かったかなと思っています。在校生は、トレーニングが大変になって嫌がってるかもしれないんですけど…。

――1年目の選手としての意気込み、どんなプレーをしたいと思っているか教えてください

私は今まで「謙虚に、ひたむきに、コツコツと」という言葉を大切にしてきました。それを常に心に置いてプレーしてきたので、それを社会人でも忘れないように継続して、頑張っていきたいと思います。

🔗 ファンクラブの入会はコチラ

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave 19th Wリーグ特集