共生


今日のホームゲームでは、レッドウェーブの本拠地である神奈川県川崎市と包括協定を結んでいる特定非営利活動法人ピープルデザイン研究所の方々が、運営のお手伝いに来てくださいました。

帽子をかぶっている方々がそうです。

活動等の詳細は彼らのホームページを見ていただくとして、ざっくりといえば
障がい者と健常者の境界をなくそうという活動をされている団体です。

今回はそこに所属する――という表現さえも妥当なのかどうか、少し不勉強で申し訳ないのですが――何らかの理由で社会に出てくることが難しい方々が就労体験に来てくださったのです。

前回のとどろきアリーナでのゲームでも来ていただきましたが、そのときは受付のお手伝いくらいでした。

でも今日は子どもたちを応援ボードを作るための場所に誘導したり、ゲーム中はレッドウェーブを強く後押しする応援をしてくださいました。

こうしてみても何ら境はありませんよね。みんなレッドウェーブファンです!

今日は、彼らを含めたファンのみなさんの後押しで逆転勝利をつかむことができました。

彼らは明日も来てくださるとのこと。
レッドウェーブファンとして、これからも共に生き、これからも今日と同じくらいの熱い応援を続けてくださいね。明日も共に勝つぞ。

🔗 【川崎フロンターレ×富士通レッドウェーブ】コラボ企画&ハイタッチ実施などのお知らせ

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave 16th Wリーグ特集
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP