ファイナルは総力戦!


プレーオフ・セミファイナル勝利の興奮から、まだ覚めません。
7年ぶりのファイナル進出です。

7年前…当時、まだJOMOサンフラワーズだった、現在のJX-ENEOSサンフラワーズを破って、頂点に立ったファイナル。リーグ戦を2位で通過し(1位はJOMO)、セミファイナルでトヨタ自動車アンテロープスに連勝。

ファイナルは
勝ち
負け
勝ち
負け
そして最終第5戦までもつれこみながらも、最後は4つのQすべてで勝利し、Wリーグ初優勝を遂げたのでした。

そのときのメンバーを見てみると、今も残っているのは
レイ(#1三谷)
スカイ(#7中畑)
パル(#45名木)
の3人だけ。
しかし、その3人は今も貴重なバックアップとして、若いチームを後押ししてくれました。さすがはV戦士たち。

少し苦い話を付け加えると、その前年、初めてファイナルに勝ち上がったシーズンはJOMOに負けています。
つまり今シーズンの対戦相手JX-ENEOSは、レッドウェーブにとって因縁の相手であり、越えなければいけない相手でもあります。
今シーズンに限っては、リーグ戦は勝ち越しているとはいえ、皇后杯の準決勝 では辛酸を舐めた相手ですから、その悔しさはこの大舞台で返してこそ、リベンジとなるわけです。

前置きが長くなりました。

そんな大勝負だからこそ、選手たちには忘れてほしくないことがあります。

選手の後ろにはいつも仲間や応援してくれている人たちがいることを。

今シーズンからヘッドコーチとなり、レッドウェーブの伝統の上に新しいスタイルを植え付けてくれたBTテーブスヘッドコーチ
その後ろに見える藤田正美顧問福永伸一部長吉田順治チームアドバイザーがチームをしっかりと支えてくださっています。
パル(#45名木)の手が邪魔で見えづらいですが、チームが円滑に動けるように動いてくれている渡邊奈々子チーフマネージャーもチームに欠かせない存在です。

あれ、誰か重要なスタッフを忘れているような……

忘れていませんよ。
今シーズンのチームスローガンである
PRIDE & PASSION
のPASSIONを地で行く男、小滝道仁アシスタントコーチ抜きに今シーズンのレッドウェーブは語れません。

そんな、どんなときでも温かく、ときに厳しく迎えてくれるスタッフいるからこそ、コートの5人は思い切りプレーができるんです。

ベンチだけじゃない。今シーズンから立ち上がったブースタークラブのみなさんが、どの会場でも応援をリードしてくださいました。彼らの熱さがファンにも呼応して、さらに熱い応援になってコートに降り注いでいるのです。

最近しつこいほど言っていますが、今シーズンの応援は今まで以上に熱く、力強く、選手たちの気持ちを高めてくれます。ファイナルも会場をで染めてください。

黄色をで飲み込みましょう。そして選手、スタッフ、ブースタークラブ、チアリーダー、そしてファンが1つになって頂点に立ちましょう。ファイナルは総力戦です。

ファイナルの開幕戦は
4月2日(木) 19時~
福島・郡山総合体育館
です。

獲るぞ、頂点。

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave 16th Wリーグ特集
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP