オフェンスだけ……じゃない!


今週から、これまで以上に厳しい戦いとなる、リーグ屈指の強豪との星のつぶし合い。

まずはトヨタ自動車アンテロープス戦。

勝ちました。

富士通レッドウェーブ 63-45 トヨタ自動車アンテロープス

苦しい場面もありましたが、相手の実力を思えば勝ち切ったことに意味があります。

得点面でいえば#11シィ(篠崎)が21得点でチームを勝利に引っ張りましたが、今日、陰でいい仕事をしたのは

#0モエコ(長岡)です。

得点こそ12得点と、シィ、#10ルイ(町田:14得点)に次ぐ、3番目の数字でしたが、リバウンドは両チームトップの11本

しかも、内10本がディフェンスリバウンド。

ディフェンスから速い展開の攻撃に持ち込むことを得意とするレッドウェーブにとって、ディフェンスリバウンドはその根幹ともいうべきプレー。

それをしっかりと見せてくれたのです。

しかも、写真こそありませんが(…すいません)、今日はモエコのブロックショットからゲームが始まっていて、ディフェンスでもいい仕事をしてくれました。

昨シーズンまでは、どちらかといえば常に得点ばかりを意識していたところがありました。
今シーズンも、得点への意識は高く持っています。
だって、レッドウェーブのエースですから。

それはそれでいい。

でも、今シーズンはオフェンスだけじゃなく、ディフェンスやリバウンドといった、泥臭いところへの意識も高めて、チームの勝利に貢献しています。

そしてチームメイトが倒されれば、いち早く駆け付け、抱き起すのもモエコ。
そんな優しさも兼ね備えたレッドウェーブのエース。

レッドウェーブファンのみなさん、選手として、また人として、モエコはまだまだ進化の真っ最中にいます。

明日も海老名運動公園総合体育館で、14時から、トヨタ自動車と対戦します。

エースの進化をぜひみなさんの目で見てください。

明日も激しく、華麗に勝~つ。

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave 17th Wリーグ特集
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP