チームも徐々に上向き!


レッドウェーブファンのみなさん、こんにちは

2次ラウンドの最終戦、三菱電機コアラーズとの対戦は2月7日(火)の19時からなので、いつもより少し時間があります。
これまで蓄積してきた疲労がすべてなくなるわけではないですが、少しリフレッシュして最終戦に臨みたいと思います。

さて、前回の投稿で「見えてきた兆し」と題して、#0モエコ(長岡)の活躍を紹介しました。

しかしプレーオフに向けて、よい兆しが見えてきたのは彼女だけではありません。
チーム全体が少しずつ上向いてきたように思います。

たとえば

#15ウィル(山本)のベースボールパスを使った速攻!
結果的にこれはミスになってしまいましたが、2次ラウンドに入って鳴りを潜めていた速攻が、JX-ENEOS戦あたりから出てくるようになりました。これは吉兆!

やはり走ればレッドウェーブのペースになります。
相手もそれをわかってリバウンドに飛び込んできますが、それをしっかりと封じて、さらに走りたいところです。

さらに

#14マリ(橋詰)も先週末のゲームではよいつなぎをしてくれました。
やはり#12リー(篠原)ひとりに激戦区のインサイドを任せるのは、体力的にも厳しくなってきます。

そんなときに#14マリ(橋詰)がリバウンド争いに絡んでくれると、チームにとっては大きなプラスです。

また

#1レイ(三谷)のこのプレーもよかった!
3Pの決定力がもうひとつ上がってこない彼女ですが、そんなときでも走り込むプレーでスペースを作ったり、ランニングプレーからでもシュートを決めてくれます。
3Pはプレーオフに入ってから、大事な場面で決めてくれると信じています。

それ以外の選手もJX-ENEOS戦あたりから徐々に調子を取り戻しつつあるように思います。
常に高いピークを保つことは難しいので、今は若干下がっていますが、勝負はプレーオフに入ってからです。
もちろん7日の三菱電機戦も今後につながるゲームですので、しっかりと勝ちに行かねばなりません。

ここから少しずつ上げていって、最後にみなさんと一緒に笑いたい。笑って、泣きたい!

引き続き、選手に熱いエールを送っていただき、一緒に頂点を目指しましょう!

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave 18th Wリーグ特集