まだ下を向くときではない!


負けました…10月11日の三菱電機戦以来の敗戦です。

富士通レッドウェーブ 46-50 トヨタ自動車アンテロープス

今日は第1Qの2得点に始まり、終始、オフェンスで波に乗りきれませんでした。
悔しいっ。

しかし、まだ下を向く必要はないと思っています。
なぜかって?

レッドウェーブの根幹であるディフェンスが崩れていなかったから。

得点の46は確かにこれまでと比べると少ないですが、失点の50も少ない。
失点が少ないとは、つまり、いいってことです。

ボールマンへのプレッシャーもしっかりかけていたし、ポジショニングも悪くない。
相手の走り込みに対しても、しっかりと対応していました。
…第1Qを除く。

終盤、レッドウェーブが追いかけたい場面、裏を返せばトヨタ自動車にとっては突き放したい場面。
そんなときに指先まで神経を研ぎ澄ませてシュートチェックをしていたことで、トヨタ自動車のシュートは何本も外れていました。

終盤のディフェンスへの意識の高さは、あっぱれです。

もちろん、最終盤にそうして外れたシュートのリバウンドを取れなかったことは、オフェンスとは別の反省ですが……。

反省点のほうが多い試合でしたが、よかったところも忘れずに、それを継続し、さらに伸ばすことも長いリーグ戦では大事なことだと思います。

下ばかりを見ていても、そこには何も落ちていません。
負けを受け止め、明日からまた前を向いて、突き進むのみ。
ゴールは今日のゲームではない。

本日はみなさんの熱い声援に応えられませんでしたが、レッドウェーブはこの敗戦を糧に、さらに強くなってきます。
引き続き、熱い応援をよろしくお願いいたします。

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave 17th Wリーグ特集
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP