チームで生み出したリズムで快勝


まだまだ途中経過ですし、喜ぶつもりもありませんが――

2位浮上

です。

富士通レッドウェーブ 80-67 シャンソン化粧品シャンソンVマジック

序盤こそシャンソン化粧品に連続失点をしましたが。

あとは終始レッドウェーブのペースでゲームを進めることができました。

何がよかったって、まずは#1レイ(三谷)の復調。

今日は3P×5本を含む19得点

「少し急いで打ちすぎていたので、2~3週間前くらいから、急がずに落ち着いて打つようにしていました」

と#1レイ(三谷)は言います。

さすがはベテラン。

自分の修正すべきポイントを見つけて、リーグ戦の中でしっかりと対処してくれました。

BTテーブスヘッドコーチも

両手を掴んで、離しません。

しかし、#1レイ(三谷)も言っていましたが、これは#1レイ(三谷)だけの力で取った得点ではありません。

今日のゲームで、もうひとつ目に留まったのは

カッティング(=ボールを受けるために走り込むプレー)の多さ。

短い距離とはいえ、ディフェンスを振り切るためにダッシュをするのですから、相当疲れるはず。

でも、選手たちはそれを最後までやり通していました。

そうすることで、ディフェンスのポジショニングに微妙は“ずれ”を生み、またはスイッチ(守る相手を変えること)のミスを誘って、ノーマークが生まれたわけです。

しかもそこに絶妙のパス。

チームでスペース(空間)を生み出し、そのスペースに絶妙のパス。

今日は#10ルイ(町田)の9アシストを筆頭に、チームで21個のアシストを記録しています。

これが今日のオフェンスのリズムを導いた1つの要因と言えます。

さぁ、明日は年内最後のゲーム。

この調子で明日も最後まで走り抜いて、レッドウェーブらしく勝利をつかみます。

宇都宮市体育館で14時ティップオフ。

チームとファンのみなさんが気持ちよく年を越せるよう、明日も熱い応援で盛り上がりましょう!

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave 17th Wリーグ特集
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP