新しい波を起こせ


レッドウェーブファンのみなさん、こんばんは

2019-2020シーズン開幕第2戦。

レッドウェーブ 64-82  JX-ENEOSサンフラワーズ

前日に続いての連勝とはなりませんでした
さすがはリーグ11連覇中のチームです。
しかし、そう感服してばかりいては、いつまで経ってもその壁を乗り越えられません。
いつか、いや、今シーズン中に乗り越えたい
そう思わせるゲームでした。

レッドウェーブもいいところはたくさんありました。
相手の高さを怖れず、積極的にリバウンドに飛び込んでいたし、


トップリーグでの経験がまだまだ浅い若手にとっては、ギアを上げたJX-ENEOSとコート上で戦えたことは何よりの収穫。

#21ナル(松本)は積極的な姿勢を貫き、彼女の持ち味である攻撃性を見せたし、


#13ニチカ(谷口)も果敢に仕掛けていました。


#14マナ(田中)は自ら3ポイントシュートを打ち、それを自らリバウンドするなど、コートを駆け回りました。


#25キラ(内尾)もオフェンスこそ苦しみましたが、少なくともディフェンスでは体を張るなど、高いレベルになってきています。


こうした若手の発奮はチームに勢いをもたらします。
結果的に今日は敗れましたが、何か新しい波、そうレッドウェーブの

ニューウェーブ

が生まれてきています

シーズンはまだまだ始まったばかり。
これからもいろんなウェーブを起こして、シーズンを戦っていきます

本日も応援ありがとうございました


🔗 後援会・ファンクラブの専用サイトはコチラ

🔗 Instagram ★Red Wave公式アカウント
🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave 21st Wリーグ特集