#30中島彩(アヤ)インタビュー「まずは強くなりたい」


男子バスケットの新リーグ(Bリーグ)が開幕し、女子日本代表はリオデジャネイロ2016オリンピックで8位入賞を果たした。日本のバスケット界が新たな時代に入ろうとしている今、我がレッドウェーブもその波に乗り、さらなるビッグウェーブを起こしたい。

というわけで、今シーズンからはゲーム以外の一面――これまでも誕生日やイベント、メディア出演情報などは掲載していたが――をファンのみなさんと共有していきたい。

第1弾はレッドウェーブの未来たちの紹介から。

【#30中島彩 コートネーム:アヤ】

東京・八雲学園から入団した、182センチのセンター。#12リー(篠原)、#14マリ(橋詰)に次ぐインサイドプレイヤーとして期待は膨らむ。リーグ対応のフィジカル強化に取組中だが、シュートタッチはいいものを持っている。自他ともに認める「マイペース」さが、リーグに君臨する百戦錬磨のインサイド陣たちのリズムを狂わせる? 少しでも多くの経験を積んで、少しずつステップアップを目指したい。

――唐突ですが、趣味を教えてください。

アヤ マイペースなので、コロコロ変わるけど、最近は抹茶にハマっています。音楽も聞くけど、特にこれというものは決まっていません。そのときのテンションによって決まります。あ、でも同級生にフェアリーズ(6人組のアイドル)がいるんです。同じクラスだったので、ライブにも何度か行きました。

――ご自身の性格はマイペース?

アヤ はい。遠征ではキラ(内尾)と同じ部屋で、同じタイミングで部屋を出たのに、集合場所につく時間が違うんです。キラがパーッと行っちゃうから…

キラ あれ、アヤがいないって(笑)。先に行っていいのかなって思ったんだよ。

アヤ 私も「あ、キラ、いない……」って(笑)。

――初任給は何に使いましたか?

アヤ 両親と妹と食べ放題に行きました。

――会社はいかがですか?

アヤ 私は蒲田の事業所に配属されて、一度、飲み会にも誘っていただきました。あ、まだ19歳なので、もちろんお酒は飲んでいませんよ。そこでみなさんから「若い、若い」って言ってもらって、みなさん優しいし、かわいがってくれています。よくわからない世間のことも教えてもらっています。

――ではバスケットのことを。今はどんな練習に取り組んでいますか?

アヤ 金(平鈺)テクニカルアドバイザーがセンターを担当してくれています。高校までは頭抜けて大きかったので、普通にジャンプシュートを打てていました。でも今は普通に打ったら普通にブロックされてしまうので、金さんからフックシュートを教わっています。4か月、ひたすらフックシュートを練習していますが、金さんからは「まだまだ」と言われています。

――では最後に全国各地のレッドウェーブファンのみなさんにメッセージを!

アヤ 今の自分に足りないのは強さ。いつもリーさん(篠原)やマリさん(橋詰)に押し出されています。自分からぶつかっていっても、跳ね返されるんです。なので、まずはとにかく強くなりたいです。そしてリーグが始まれば、今の自分にできること――声を出すことを含めて、なんでも一生懸命に取り組んで、応援してくださる方々のためにも頑張りたいと思います。

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave 18th Wリーグ特集