この負けをきっと、必ず!



レッドウェーブファンのみなさん、こんばんは

今日から始まりましたプレーオフ。
レッドウェーブはセミクォーターファイナルで東京羽田ヴィッキーズと対戦しました。

負けました

レッドウェーブ 79-81 東京羽田ヴィッキーズ

まずは東京羽田ヴィッキーズのみなさん、彼女たちを応援するファンのみなさん、おめでとうございます
明日のクォーターファイナルも頑張ってください

今日のゲームは立ち上がりから東京羽田ヴィッキーズの気迫と集中力がすさまじく、一発勝負の怖さを改めて思い知らされるゲームになりました

ただレッドウェーブの選手たちも頑張りました
苦しい前半を耐えしのぎ、後半は逆転し、最大4点のリードをする場面もあったんです。
どちらが勝ってもおかしくないゲームまで持ち込みましたが、勝利の女神が微笑んだのは東京羽田ヴィッキーズでした。

ただ神様は「乗り越えられない試練を与えない」と言います。
これはレッドウェーブがもっともっと強くなるために与えた試練なのだと思います。

今シーズンからBTテーブスヘッドコーチが復帰したことで期待も高く、それに応えるかのようにテーブスヘッドコーチは最後まで勝つための手段を講じていました。

それに対して選手たちも要求に応えようとしっかり頑張っていました。

勝負の世界、特にトップアスリートの世界では結果がすべてと言います。
それを否定するつもりはありませんし、私たちも勝利という結果を求めて戦っています。
その結果は今回も伴わなかったけれども、それを得るために頑張ったことは評価してもいいと思います。


勝負には負けましたが、それでも最後の最後でレッドウェーブが「勝った」シーンを紹介して、今シーズンの現地ブログを締めたいと思います。

試合終了後のことです。
レッドウェーブが落胆し、東京羽田ヴィッキーズが歓喜に沸いているとき。
チームメイトに整列を促しつつ、#31シオリ(高田)は東京羽田ヴィッキーズに拍手を送っていました。


もちろん彼女も悔しい思いを持っているのですが、そこでふと、あることに気づいて、方向転換をしました。


彼女が向かった先は


床に転がっていたボールです
以前にも紹介しましたが、今日もまた#31シオリ(高田)はボールを拾い上げ、審判に渡していました。
東京羽田ヴィッキーズの選手も気づいたようですが、#31シオリ(高田)のほうが一歩早かった

こんな素晴らしいキャプテンがいるんです。
このまま終わっていいわけがない
2018-2019シーズンは終わりますが、レッドウェーブはもっともっと素晴らしいチームになります(キッパリ)

これからもどうかレッドウェーブを応援してください。
支えてください。
#31シオリ(高田)をはじめとしたレッドウェーブの選手たちが必ず、彼女たち自身の、そしてファンのみなさんの今日の悔しさを

明日の笑顔

に変えてくれます
そのために、もっともっと練習して、もっともっと強くなります。

冒頭の写真は試合終了直後のものです。
この悔しさを忘れないよう、このシーンをしっかりと心に刻み込んで、次に向かいたいと思います。

今シーズンも全国各地で富士通レッドウェーブを応援をしていただき、本当にありがとうございました
選手、コーチ、スタッフにかわりまして、厚くお礼申し上げます。


🔗 【富士通CM】 スポーツ篇「挑戦は終わらない」30秒
🔗 【富士通CM】 スポーツ篇「挑戦は終わらない」60秒

🔗 後援会・ファンクラブの専用サイトはコチラ

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave 20th Wリーグ特集
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP