ディフェンスの勝利!


レッドウェーブファンのみなさん、こんばんは

皇后杯を含めると目下連勝中のレッドウェーブ
リーグ戦が再開し、米子でおこなわれたアイシン・エイ・ダフリュ ウィングスとの第1戦――
勝ちました

レッドウェーブ 63-55 アイシン・エイ・ダフリュ ウィングス

なかなか重苦しいゲームでした
序盤からオフェンスのリズムをつかめず、シュートチャンスを作りながら、ことごとくそのシュートが外れていきました
もちろん「シュートは水物」と言われるくらい、今日のように決まらない日もあるのですが、
それにしても「ここまで入らないのか……」と落ち込んでしまうくらい、今日は悪い目が出続けました
それでも打ち続けるのがWリーグに立つ選手の使命。
最後まで打ち続けることで、明日への光が見えてくるのです

そんな苦しんだゲームを勝利で終えることができたのはディフェンスのおかげでしょう
相手チームの平均得点は63点。
その相手を平均以下に抑え込んだわけですから

#31シオリ(高田)と#10ルイ(町田)による二人かがりのディフェンスは、もはや名人芸(?)

これで相手のミスを誘いました

#11シィ(篠崎)は身長差をフットワークとフィジカルコンタクトでカバーしていました。

お手本のようなフルフロントのディフェンス。

今日が復帰戦となった#25キラ(内尾)も短い時間でもディフェンスを頑張っていましたし、


先週復帰したばかりの#12リー(篠原)ブロックショットしていました(写真なし


#16クゥ(栗林)も最後まで相手のシュートに手を伸ばしていましたし、


#9ショウ(村山)もディフェンスを徹底することで、少しずつプレータイムを得てきています。


もちろん味方が危ないと察知すれば、チーム全員でひとつのボールを守ります。

そう、みんなでひとつのボールを守ったからこそ、得点が伸び悩んでも、それをディフェンスでカバーできたのです。
今日は

ディフェンスの勝利

でしたが、やはりレッドウェーブらしい分厚い攻撃がもっと見たい

明日こそ攻守両面でレッドウェーブらしいバスケットを見せてもらいましょう
鳥取に移動して、コカ・コーラ ボトラーズジャパンスポーツパーク鳥取県民体育館14時から。

今日の米子は寒かった……
そんななかでの温かいご声援ありがとうございました
明日の鳥取もより温かいご声援をよろしくお願いします


🔗 後援会・ファンクラブの専用サイトはコチラ

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave 20th Wリーグ特集
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP