次代のレッドウェーブを担う選手たち


レッドウェーブファンのみなさん、こんばんば

今日も……勝ちました

レッドウェーブ 68-46 新潟アルビレックスBBラビッツ

これで3連勝です

Wリーグはここで3週間の一時ブレイクに入ります。
とはいえ、2週間後の12月2日(日)には皇后杯の2次ラウンドがおこなわれます
まだ対戦相手は決まっていませんが、場所は平塚(トッケイセキュリティ平塚総合体育館)です。
選手、コーチは束の間の休息を挟んで、その試合に臨みます。
リーグの再開は12月8日(土)
レッドウェーブは米子(鳥取県立米子産業体育館)でおこなわれるアイシン・エイ・ダブリュ ウィングス戦です。

さて今日の試合、若手が躍動しました。

昨日のブログでも紹介した#27マユコ(藤永)は今日もキレキレ
しかも体の強さを見せつけ、オフェンスリバウンドから得点を奪うシーンも。


さらに以前紹介した#13ニチカ(谷口)はレッドウェーブ入団後初のスタメン出場


スタメンに抜擢されてもアグレッシブなアタックは変わりません
そしてもうひとり。
#21ナル(松本)もポイントガードとして非常にいい働きをしていました


彼女たちは間違いなく、今後のレッドウェーブを背負って立つ選手たちです。
いわば

未来

です。

もちろんまだまだミスも多くありますが、それも経験です。
そうした経験を重ねて、不必要なミスが少なくしていけば、スタメンの先輩たちを脅かす存在になれるはず
いや、先輩たちもそろそろそんなことを思っているかな

今日はその先輩たちがもうひとつでした
もちろん長いリーグ戦、心身ともにずっと高い位置をキープすることは難しいと思います。
相手に関わらず、そういうときもあります。
ただそういうときに何でチームに貢献するか。
どう若手の力を引っ張り出すか。


BTテーブスヘッドコーチはそういうところにも目を向け、今日はベテラン勢に厳しい要求をしたのでしょう。

そうそう、若手と言えば……


#16クゥ(栗林)も忘れてはいけませんね。
インサイド陣が手薄な今、彼女は責任を持ってしっかり頑張っています
上記の3人同様、まだまだうまくいかないこともありますが、彼女もまたこれからのレッドウェーブを支えていく存在です。
今は少し苦しいかもしれませんが、必ずやこの壁を乗り越えてくれると思います。


若手とベテラン、そして中堅が1つの大きな塊になれば、レッドウェーブの未来はもっと明るくなります
そんなことを強く感じさせる週末でした。


🔗 後援会・ファンクラブの専用サイトはコチラ

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave 20th Wリーグ特集
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP