燃えた、レッドウェーブの4分31秒!


レッドウェーブファンのみなさん、こんばんは

トヨタ自動車アンテロープスとの第2戦、勝ちました

レッドウェーブ 72-70 トヨタ自動車アンテロープス

今日のブログは少々長くなります。
ご了承ください

苦しいゲームでした
前半はいいペースでゲームを進めていたのですが、後半に入るとレッドウェーブの弱点を突いてくるトヨタ自動車に防戦一方。
第4Qの序盤で逆転されると、一気に突き放されてしまいました。

これが今シーズンまだ1敗しかしていないチームの強さなのか……
このままレッドウェーブは沈んでいくのか……

このとき12点のビハインド(負けている状態)。
しかし選手もベンチも誰1人諦めていませんでした。
動き始めたのは

第4Q残り4分31秒――


きっかけは#15ウィル(山本)の1対1でした。
ファウルを誘い、そのフリースローを2本ともきっちりと決めて、このQ最初の得点をあげると、

一度は返されましたが、足が止まりつつあったレッドウェーブのオフェンスを#8リツ(内野)が2本連続の3ポイントシュートで蘇らせました。


これで6点差。
一度は返されて8点差。

ここで力を発揮したのは#10ルイ(町田)
果敢なドライブからジャンプシュートを決めて再び6点差


#11シィ(篠崎)の速攻をアシストして4点差

さらに速攻で相手のアンスポーツマンライクファウルを引き出すと、

そのフリースローをきっちり2本決めました。

2点差

レッドウェーブのボールでリスタートしたオフェンスでは、調子の上がっていなかった#16クゥ(栗林)が意地でシュートをねじ込みました。

 

同点!

そこから一度はトヨタ自動車に抜け出されます。
残り46秒。
万事休すか――

しかしまだレッドウェーブの炎は消えていませんでした🔥

残り33秒に#10ルイ(町田)がジャンプシュートを決めて、再び同点。
なのにピントを合わせきれず……


そして

残り4.3秒

1対1からファウルを受けた#10ルイ(町田)がフリースローを2本とも決めます。

逆転!

タイムアウトを取ったトヨタ自動車の攻撃を守りきって、勝利をもぎ取りました!

オフェンスのシーンばかり書いていますが、同点、逆転に至るまでのディフェンスを必死に、でも冷静に頑張ったからこそ、この流れを生んだんです。
諦めない気持ちはディフェンスにも出ていました。

#16クゥ(栗林)はそれまでに4つのファウルを犯していましたが、最後は集中して守りきりました。

最後の最後、トヨタ自動車が悪くても同点に追いつこうとした(できれば逆転の3ポイントシュートを狙っていただろう)場面でも#16クゥ(栗林)はしっかり反応していました
この右手が相手のシュートを狂わせたとも言えます


そんな選手の諦めない気持ちは、もちろんファンのみなさんの力強い応援があってこそ
本当にありがとうございます
今日の勝利はレッドウェーブファミリーで掴んだ勝利です


こういうゲームがあるから、バスケットはやめられないんですよね
ファンのみなさんもそうだったかもしれませんが、レッドウェーブのマネージャー、選手も何人か泣いていましたから
(あっ、ここだけの話にしてくださいね
それくらい心を熱くする勝利だったってことです🔥

チームとしてはまだまだ課題があります
この勝利に満足していては、その先がありません。
ここからです
まずは来週の新潟アルビレックスBBラビッツ戦で今シーズン初の連勝を目指します

そんなレッドウェーブにこれからも熱いご声援をよろしくお願いします