2018-2019シーズン開幕! レッドウェーブ、白星発進!


レッドウェーブファンのみなさん、こんにちは
本日、Wリーグの2018-2019シーズンが開幕しました。

レッドウェーブの開幕戦の相手は、
東京羽田ヴィッキーズ

果たして、その結果は――

もうご存知だとは思いますが、

【82-72】

でレッドウェーブの勝利

内容としては両手を上げて喜べるものではありませんでしたが、まだシーズンは始まったばかり。
今の時点で完璧と言えるチームはないはず。
むろん、それを承知の上で、コーチや選手たちは内容が悪いと反省の口にするのでしょう。
でも、今シーズンはレギュラーシーズンが22試合と、例年に比べるとやや少ないので、1つの勝敗がプレーオフ進出に大きく左右されます。
この1勝があとで大きな意味を持つことだってあるわけです。
ここは素直に喜びたいと思います

内容が悪いといっても、すべてが悪かったわけではありません。
ディフェンスだって、最終的には72失点していますが、いいところもありました。

#5ナオ(曽我部)のディフェンスは相変わらずいい。

相手を嫌がらせるという意味ではチームナンバーワンかも

#10ルイ(町田)も負けていません。

激しいディフェンスで相手の攻撃を狂わせていました。

#16クゥ(栗林)も1対1では相手からスティールする場面がありました。

そして何より、開幕戦のレッドウェーブは例年以上にボールへの執着心が強かった。

まずは#5ナオ(曽我部)

少しでも相手の手からボールがこぼれようものなら、ダイブしますからね。

もちろん、この方も忘れてはいけません

このときの#31シオリ(高田)は、審判の笛が鳴ってもボールを離しませんでした。
絶対にこのボールは渡さない
そんな強い気持ちがヒシヒシと伝わってきました。
それこそが最後の最後で勝敗を分ける分水嶺になると思います。
神は細部に宿るのです

そしてもうひとり。

ルーズボールに飛び込んだのは誰でしょう?

正解は――

#8リツ(内野)です。
今シーズンからレッドウェーブに移籍してきたリツもダイブを嫌がらないタイプのようです。

硬い床に飛び込めば、それは誰だって痛いです
あざだってできるでしょう
それでもチームを勝利に導くために飛び込める選手が一人でも多く出てくれば、今日は、特に後半がけっしていい内容とは言えませんでしたが、その風向きは必ず変わってきます

明日(正確には今日の15時から)も東京羽田との対戦です。
泥臭く戦いながら、そのなかから生まれる華麗なるレッドウェーブのバスケットをみなさんと一緒に見たい

明日も応援をよろしくお願いします


🔗 ファンクラブの入会・更新はコチラ

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave 20th Wリーグ特集
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP