いい波のってんね~♪


レッドウェーブファンのみなさん、こんにちは

皇后杯も合わせると目下6連勝中のレッドウェーブ
今週末におこなわれるトヨタ紡織サンシャインラビッツ戦に向け、練習に励んでいます
この試合もぜひ連勝して、いい気持ちで2018年を終わりたい。
2018年最高で最強の応援をよろしくお願いいたします

さて、先週末の試合に少しだけ話を戻すと、内容的にはもうひとつでしたが、やはり勝ったことは大きい。
バスケ的にはゾーンディフェンスが結構効いていましたし、

流れが悪くなれば、キャプテンの#31シオリ(高田)を中心にサッとハドルを組んで、気持ちの切り替えをしていました。


BTテーブスヘッドコーチもベンチからさまざまな指示を選手に送り、

ベンチも盛り上がっていました。

これは最終盤、#27マユコ(藤永)がWリーグで初の3ポイントシュートを決めたときの様子です。
ベンチ前で決めたこともあって、#31シオリ(高田)がタオルで#27マユコ(藤永)のお尻あたりをパンッ

もちろん「よく決めた」の合図ですが、テーブスヘッドコーチもいい笑顔

まさにレッドウェーブがひとつの大きな波になっていました

10日(月)に発表された「ギャルの流行語大賞」で1位を取った言葉を使えば

いい波乗ってんね~

です。

チームが作り出した波をさらに大きくしてくれているのは、もちろんファンのみなさんです。
鳥取シリーズでも多くの方が応援に駆けつけてくださいました。
ありがとうございます

このなかには、23日から始まるウインターカップ2018に出場する鳥取城北高校・女子バスケット部の選手たちもいました。
同校の監督は、以前、レッドウェーブのマネージャーをされていた「セン」こと石谷(旧姓・村田)真理子さんのご主人です。
センさん自身も今は同チームの寮母をされているそうです。
そういうご縁で応援に来ていただきました。
ありがとうございます
鳥取城北のみなさん、ウインターカップではひとつでも多く勝って、メインコートまで駆け上がってください
応援しています

レッドウェーブも、鳥取城北もチーム一丸となって、これからさらにいい波に乗っていこう


成長し続けるチームへ


レッドウェーブファンのみなさん、こんばんは

舞台を鳥取に移したアイシン・エイ・ダフリュ ウィングスとの第2戦……勝ちました

ッドウェーブ 75-50 アイシン・エイ・ダフリュ ウィングス

今日は前日よりもよい内容でした。
とはいえ、まだまだ修正すべき課題は山積みです
しかし今完璧である必要はなく、むしろ課題のあるほうが成長の伸びしろもあると言えます。
レッドウェーブはただいま絶賛成長中です

そんななかで今週気を吐いたのはルーキーのふたり。


#13ニチカ(谷口)#21ナル(松本)です。
ともに

ニチカタイム

ナルタイム

と呼べるような時間帯がありました

#13ニチカ(谷口)は積極果敢なアタックでチームに勢いをつけました。


タッチがよいからとアウトサイドからのシュートも積極的に打って、そして決めていました。


バリエーション豊富なアタックはチームに幅をもたらします

#21ナル(松本)はオフェンスだけでなく、#31シオリ(高田)との二人がかりのディフェンスでボールを奪い、

それを得点につなげていました

ディフェンスからのトランジションオフェンス(攻守の切り替えが速いオフェンス)をチームスタイルに掲げるレッドウェーブにとって起点となるプレーです。

そして二人の積極性はどちらもチームに流れを呼び込みます

しかも二人ともシーズン序盤には見られなかった

自信

のようなものが見えてきました
これはチームにとってプラス材料でしかありません。

今週は2試合続けてベテランの調子が、もうひとつ上がっていかない週でした
そんなときもあります。
それでもベンチから力を出す若手が出てきたことはチームの成長でもあります。
このまま成長し続けるチームでありたい

さぁ、いい意味で調子に乗って来週のトヨタ紡織サンシャインラビッツ戦、年明けの皇后杯に向かいましょう

今週も応援ありがとうございました


🔗 後援会・ファンクラブの専用サイトはコチラ

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave 20th Wリーグ特集
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP


ディフェンスの勝利!


レッドウェーブファンのみなさん、こんばんは

皇后杯を含めると目下連勝中のレッドウェーブ
リーグ戦が再開し、米子でおこなわれたアイシン・エイ・ダフリュ ウィングスとの第1戦――
勝ちました

レッドウェーブ 63-55 アイシン・エイ・ダフリュ ウィングス

なかなか重苦しいゲームでした
序盤からオフェンスのリズムをつかめず、シュートチャンスを作りながら、ことごとくそのシュートが外れていきました
もちろん「シュートは水物」と言われるくらい、今日のように決まらない日もあるのですが、
それにしても「ここまで入らないのか……」と落ち込んでしまうくらい、今日は悪い目が出続けました
それでも打ち続けるのがWリーグに立つ選手の使命。
最後まで打ち続けることで、明日への光が見えてくるのです

そんな苦しんだゲームを勝利で終えることができたのはディフェンスのおかげでしょう
相手チームの平均得点は63点。
その相手を平均以下に抑え込んだわけですから

#31シオリ(高田)と#10ルイ(町田)による二人かがりのディフェンスは、もはや名人芸(?)

これで相手のミスを誘いました

#11シィ(篠崎)は身長差をフットワークとフィジカルコンタクトでカバーしていました。

お手本のようなフルフロントのディフェンス。

今日が復帰戦となった#25キラ(内尾)も短い時間でもディフェンスを頑張っていましたし、


先週復帰したばかりの#12リー(篠原)ブロックショットしていました(写真なし


#16クゥ(栗林)も最後まで相手のシュートに手を伸ばしていましたし、


#9ショウ(村山)もディフェンスを徹底することで、少しずつプレータイムを得てきています。


もちろん味方が危ないと察知すれば、チーム全員でひとつのボールを守ります。

そう、みんなでひとつのボールを守ったからこそ、得点が伸び悩んでも、それをディフェンスでカバーできたのです。
今日は

ディフェンスの勝利

でしたが、やはりレッドウェーブらしい分厚い攻撃がもっと見たい

明日こそ攻守両面でレッドウェーブらしいバスケットを見せてもらいましょう
鳥取に移動して、コカ・コーラ ボトラーズジャパンスポーツパーク鳥取県民体育館14時から。

今日の米子は寒かった……
そんななかでの温かいご声援ありがとうございました
明日の鳥取もより温かいご声援をよろしくお願いします


🔗 後援会・ファンクラブの専用サイトはコチラ

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave 20th Wリーグ特集
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP


チームの力で波に乗ろう!


レッドウェーブファンのみなさん、こんにちは

12月2日(日曜日)におこなわれた皇后杯2次ラウンドで勝利し、
ファイナルラウンド進出を決めたレッドウェーブですが、
すでに今週末、鳥取県でおこなわれる
アイシン・エイ・ダブリュ ウィングス
に向けて、準備を進めています。

アイシンAWは現在4勝6敗でリーグ10位ですが、
リーグ4位のレッドウェーブとは星の差2つ
しかも皇后杯2次ラウンドで秋田銀行に敗れているので、
チームを立て直すためにも必死に立ち向かってくるでしょう
十分に気を引き締めて戦いたいと思います。

勝利ためにはやはりチームで戦うことが大切になってきます。

その最もわかりやすい例がアシストでしょう
皇后杯のミツウロコ戦では25個のアシストをマークしました。

その数字を引っ張ったのはもちろん


5アシストの#10ルイ(町田)です。
ドライブからのキックアウトパスだけでなく、広い視野と決断力、パススキルで繰り出すロングパスも彼女の魅力。


その#10ルイ(町田)に続いたのが#31シオリ(高田)と、#27マユコ(藤永)で4アシスト。


*写真はマユコだけ……すまん、シオリ

さらに#12リー(篠原)#13ニチカ(谷口)#21ナル(松本)が3アシストで続きました。


*写真はニチカとナル……すまん、リー

みんなで動いて、みんなでボールをシェアして、よりよいシュートチャンスを演出する
それを決めて波に乗って行こう

8日(土)のアイシンAW戦は
14時から鳥取県立米子産業体育館にて
鳥取県のみなさん、レッドウェーブへのご声援をよろしくお願いいたします
鳥取に来られないレッドウェーブファンのみなさん、W-TV等を通じてのご声援をよろしくお願いいたします


🔗 後援会・ファンクラブの専用サイトはコチラ

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave 20th Wリーグ特集
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave 第85回皇后杯特集
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP


皇后杯ファイナルラウンドへ明るい兆し


レッドウェーブファンのみなさん、3週間ぶりのこんばんは
寒くなってきていますが、風邪などひいていませんか?

さて3週間ぶりのレッドウェーブのゲームは皇后杯の2次ラウンド。
相手はミツウロコです。
社会人地域リーグのEブロックに属するチームで、そこでは現在10勝0敗で首位を走っています
しかも前日には新潟アルビレックスBBラビッツを倒して、レッドウェーブ戦に挑んできました。

結論を言えば……勝ちました

レッドウェーブ 106-61 ミツウロコ

反省点のまったくない、パーフェクトな試合ではありませんでしたが、これで年明けにおこなわれる皇后杯のファイナルラウンド進出決定です

ファイナルラウンド進出を決めたこともさることながら、さらに嬉しいご報告が

はい、#12リー(篠原)さん、復帰です
しかもスタメンで
なおかつ、本日のチームの最初の得点を得意の(?)左手ベビーフックで決めました。


こりゃ、みなさんにお知らせしなきゃと#12リー(篠原)本人にも
「ブログのネタ、いただきました」
と伝えたら、
「いやいや、まだまだ復活じゃないから」
って笑って返されました。
かっこいい
ま、確かに2本目のシュートとなったゴール下は外してたけどね


それでもコート内の#12リー(篠原)は存在感バツグン

高さ+リーチの長さがある#12リー(篠原)はそう簡単には止められません。


これまでの鬱憤を晴らすかのように(?)積極的にアタックしていました。


BTテーブスヘッドコーチも彼女の復帰を

「安心感」

と言っていました。
納得

皇后杯ファイナルラウンドのみならず、Wリーグの戦いでも#12リー(篠原)の復帰はチームにとって大きい

あとは彼女自身が納得する

完全復活

を待つばかり
期待してるぞ、リー


🔗 後援会・ファンクラブの専用サイトはコチラ

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave 第85回皇后杯特集
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP