強気なルーキー


レッドウェーブファンのみなさん、こんばんは

開幕戦を連敗でスタートさせたレッドウェーブでしたが、今日は

勝ちました

レッドウェーブ 89-67  新潟アルビレックスBBラビッツ

最終スコアだけを見れば快勝ですが、今日は中盤で苦しみました
ディフェンスのルールが徹底されずに失点を繰り返し、
オフェンスもシュートチャンスを逃し、
シュートの精度も、もうひとつ上がっていきませんでした

もちろん、そんな日もあります。
ただ、そのなかでルーキーのセイ(岡田)が、強気なプレーでチームに勢いをもたらしてくれました


本人は「第4Qだけ。最初から積極的にやるべきだった」と反省しますが、
チームの嫌なムードを吹き飛ばすナイスプレーの連発でした。


とはいえ、ルーキー
まだまだ足りないところもあるのでしょう。
そこは#10ルイ(町田)がしっかりサポートしていました。


こういうところからステップアップしてくれるとチームの層はさらに厚みを増していきます

開幕前にBTテーブスヘッドコーチが「1年目の#11シィ(篠崎)のよう」と言っていましたが、
その言葉どおり、ディフェンスでプレッシャーをかけ、


オフェンスでは積極的に仕掛けて、


今日の勝利に貢献しました。
終盤、#11シィ(篠崎)と#3セイ(岡田)の点の取り合い(?)はあっぱれでした

Good Job、セイ


明日も強気に、積極的に、攻守で動きまくってもらいましょう

もちろんセイだけじゃなく、
明日は今日以上にチーム全員でスカッと快勝
に持ち込みましょう

本日も応援ありがとうございました


走って走って1勝を!


レッドウェーブファンのみなさん、こんにちは

開幕戦で連敗を喫したレッドウェーブでしたが
すっかり気持ちを切り替えて、週末の新潟アルビレックスBBラビッツ戦に向かっています
新潟も連敗スタートなので、しっかりと準備をしてくるでしょう。
それに負けないレッドウェーブのバスケットをして、まずは今シーズン初勝利を目指します

そのためには

走る

これがキーワードです。
レッドウェーブ最大の武器はトランジション、つまり攻守の切り替えを速くして、相手がディフェンスに戻ってくる前に得点をあげることです
とにかく

走る

#10ルイ(町田)がアシストに

走ったのは#25キラ(内尾)

もうひとつ#10ルイ(町田)のアシストに

#99モニカ(オコエ)がフィニッシュ


さらに#10ルイ(町田)のピンポイントのロングアシストに合わせたのは

#11シィ(篠崎)

からの、ポイント(指をさして、称える行為)。

こんなシーンも
#25キラ(内尾)のアシストには


#10ルイ(町田)が走っていました

こんな場面を週末は他のメンバーでもたくさん見たいですね

今週末は開催。
会場は立川立飛
ティップオフは12時からです。

今週末も応援をよろしくお願いします


連敗スタート……でも少しずつ前進


レッドウェーブファンのみなさん、こんばんは

昨日に続いておこなわれたENEOSとの第2戦……

負けました

レッドウェーブ 69-80 ENEOSサンフラワーズ

負けはしましたが、今日のレッドウェーブはディフェンスがよかった

そこから持ち味であるファストブレイクに繋げて、前半は8点のリード
しかし後半……

それでも最後まで戦い続けました。

必死にディフェンスし、必死にリバウンドに食らいつきました
そうして奪ったボールをうまく得点に結びつけられなかった……そこは今後の課題ですね

昨日も同じことを書いたじゃないかとお叱りを受けるかもしれません
でも、レッドウェーブは少しずつ前進しています
オフェンスは昨日に続いてよくなかったかもしれないけど、

ディフェンスは一歩前進


そうやって少しずつ前進して、最後に笑いたいと思います


ファンのみなさんもそれを信じていてくれるはず

連敗スタートの今シーズンになりましたが、来週、しっかりと取り戻せるよう、また練習を重ねていきます
BTテーブスヘッドコーチも、
「来週はオールコートのプレッシャーディフェンスだ!」
と言っていました。
さて、さて、どうなるか

開幕の週から熱い応援をありがとうございました


新シーズン開幕!


レッドウェーブファンのみなさん、こんばんは

みなさん、お元気ですか?
昨シーズンを中止に追いやった新型コロナウィルス。
少しずつ収まってきたようにも見えますが、まだまだ気の緩められない状況が続きます。
引き続き、レッドウェーブとともにしっかり対策していきましょう

さて、いよいよ開幕しましたWリーグ2020-2021シーズン

オープニングゲームは……

負けました

レッドウェーブ 60-77 ENEOSサンフラワーズ

今日のゲームは反省点のほうが多いとヘッドコーチもキャプテンも言っていました。
それでも私たちレッドウェーブがみなさんの前に帰ってこられたことが大きな前進です
コロナ対策も、Wリーグ対策も、まだまだこれからです

そんななか、オープニングゲームでルーキーが頑張りました。

まず最初にコートに立ったのは#3エリ(岡田)
ルーキーとは思えない(?)積極性を随所に見せてくれました。
渡嘉敷来夢選手にブロックされましたが、これも経験です。

ここからしっかり学んで、対策を講じていこう。

コートに立つのはエリより後でしたが、先に得点をあげたのは#18アキ(藤本)です。

積極的に攻めて、ディフェンスでも体を張っていました。

BTテーブスヘッドコーチに言わせると、
「2人ともまだまだできるよ。今日は緊張していて、いつものように足が動いていなかったからね」
のびしろいっぱいで、本当に頼もしいルーキーたちです!


もちろんお姉さんたちも元気

#10ルイ(町田)はさっそく6アシスト

#11シィ(篠崎)は両チームトップの20得点


こんな感じで、今シーズンもみんなでしっかり戦っていきます


会場に来られる方、インターネットを通じて応援してくださる方、
今年こそみんなで

ファイナル

に行きましょう

今シーズンもよろしくお願いします

明日もENEOSと、でも今日とは異なり17時からの試合です


お世話になった皆様へ


公式サイトでもお伝えしましたとおり、2019-2020シーズンをもちまして、7名の選手・スタッフが退団・退任することになりました。

長い間、チームのために頑張ってくれたメンバーから、皆さんへのメッセージをお届けいたします。


#9 村山翠(ショウ)

コメント
今シーズンをもって富士通レッドウェーブを退団させていただきます。4年間、沢山の経験を積ませていただきました。いつも見守ってくれた家族、友人。熱い気持ちで応援してくれた会社の方々、同期の皆さんコートの中からでも感じるファンの方々の熱い声援、真っ赤に染まる景色に、私はいつも勇気をもらいました。何度も何度も背中を押してくれる存在は、これからの私の人生にとってかけがえのない財産です。そして、どんな時も同じ時間を過ごしてきたチームのみんなには、言い切れない感謝の気持ちでいっぱいです。この気持ちを忘れず、この先も挑戦し続けていこうと思います。
4年間、沢山の応援本当にありがとうございました。


#12 篠原恵(リー)

コメント
今シーズンで引退することを決めました。この1年ラストだと思い1日1日を大切にこのシーズン過ごしてきました。シーズンが途中で中止になり、やりきれない思いはありますが、プレーオフに向けてチームが1つになって練習し続けられたことは、私にとってもチームにとっても次につながることだったと思います。富士通に入社して10年。楽しいことばかりではなく辛いことも悲しいこともたくさんありましたが、今思い返すと楽しく嬉しかったことばかり思い出します。毎日みんなと笑い合い助け合い戦った日々は本当に私の宝物です。どんな時も一緒に戦いそばに寄り添ってくれたファンの方々、いつでもご支援ご声援して下さった会社の方々、怪我が多かった私を最大限にサポートしてくれたトレーナー、選手を最優先に考えいつもそばでサポートしてくれたマネージャー、選手のことを1番に考え指導してくれたコーチ、本当にありがとうございました!この10年何度もくじけそうになっても、ここまで続けてこれたのはみなさんのおかげです。本当にありがとうございました!
この状況なので、みなさんに直接会ってお礼を言うことができず残念です、、、
真っ赤に染まった会場でプレーするのが本当に好きでした!ファンの方、選手、スタッフ全員が一つになって戦っていると実感できました。この富士通でプレーできたことを誇りに思いますし、感謝しています。これからは、いちファンとしてレッドウェーブの応援をしたいと思います!またどこかで皆さんに会えることを楽しみにしています!ありがとうございました。


#15 山本千夏(ウィル)

コメント
今シーズンをもって退団し、引退することになりました。辛いことも沢山ありましたが、10年間続けることができたのは、いつも支えてくれた家族、友人、恩師、最高の環境でバスケができるようサポートしてくれた会社の方々、応援してくださったファンの皆様のおかげで最後までやりきることができました。そしてOGの皆さんをはじめ、最高の仲間に出会えたと思っています。最後にplayしている姿を皆様に観てもらう事ができなかったのが心残りですが、自分の中ではやりきり悔いはありません。10年間、本当にありがとうございました。これからも富士通Red Waveの応援よろしくお願い致します。


#21 松本愛美(ナル)

コメント
今シーズンをもって、富士通レッドウェーブを退団すると共に、現役引退することを決めました。レッドウェーブに入団して、日々多くの事を学んでいく中で、人としても、選手としても成長する事ができたのではないかなと思います。色々な声もあると思いますが、様々な面から考えてこの決断をしました。常に、一つの目標を目指し続けたチーム関係者、どんな時も応援し続けてくださったファンの方々には本当に感謝しています。自分で決めた道、これまでの経験を生かして頑張って行きたいと思います。今まで、本当にありがとうございました。


#27 藤永真悠子(マユコ)

コメント
今シーズンをもって富士通レッドウェーブを退団いたします。2年間という短い間でしたが、富士通レッドウェーブの一員として戦えたことを誇りに思います。たくさんのご支援をいただいた会社の方々・サポートしてくださったスタッフ・共に戦い続けたチームメート・どんな時も、応援してくださったファンの皆様、たくさんの方々への感謝の気持ちでいっぱいです。レッドウェーブで学んだことを生かして、新天地で頑張りたいと思います。2年間、本当にありがとうございました。


コーチ 宮永雄太

コメント
2019-2020シーズンをもって、アシスタントコーチを退任することになりました。在籍した2シーズン、沢山のご声援を頂きありがとうございました。新しい環境に身を置き、気付き、学び、成長するための時間を過ごす事が出来たのは、指導者として貴重な経験となりました。選手、スタッフ、富士通レッドウェーブに関わる皆様にとって素晴らしい未来が訪れる事を願っております。


チーフトレーナー 福嶋涼子

コメント
今シーズンをもちまして富士通レッドウェーブのトレーナーを退任させて頂くことになりました。初めてバスケットボールの現場でのトレーナーでしたが、選手、スタッフはもちろんのこと、富士通社員の皆様、ファンの皆様にとても温かく迎え入れてくださり感謝の思いしかありません。試合ではホームゲームでも地方開催でも本当にたくさんの方々に応援して頂きながら試合をして、とても幸せな思いで一杯でした。こんなに多くの方々に愛されているチームで一緒に戦うことができ、素晴らしい経験となりました。今シーズンはリーグ戦終盤で中止、プレーオフも中止となり、悔しい終わりとなってしまいました。この思いを糧にして選手、スタッフは一丸となって来シーズンを戦ってくれると信じておりますので、今後は一ファンとして皆様と一緒に応援していきたいと思っています。今後とも富士通レッドウェーブ、選手へのご声援よろしくお願い致します。一年間という短い間でしたが本当にありがとうございました。


7人はチームを去ることとなりますが、新しい門出を温かく見守っていただけるとうれしいです!

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP