お世話になった皆様へ


公式サイトでもお伝えしましたとおり、2018-2019シーズンをもちまして、7名の選手・スタッフが退任することになりました。

長い間、チームのために頑張ってくれたメンバーから、皆さんへのメッセージをお届けいたします。


#3 梶原理奈(アス)

コメント
今シーズンをもって富士通レッドウェーブを退団いたします。2年という短い間でしたが、私自身色々なことを学び、沢山の経験をさせていただきました。いつも応援してくれている家族、友人、恩師。切磋琢磨しあってきた仲間。一人一人を見てくださるスタッフ。会場を真っ赤に染めて応援してくださるファンの皆様。多くの支えてくださる方々がいたおかげで、辛くとも楽しく良い環境でバスケットができていたことを改めて感じ、感謝の気持ちでいっぱいです。
私が夢見、挑戦し、たどり着いた最終地点。私は華を咲かすことはできませんでしたが、チームには華があります。今後ともレッドウェーブの応援をよろしくお願いいたします。2年間ありがとうございました。


#5 曽我部奈央(ナオ)

コメント
今シーズンをもって、富士通レッドウェーブを退団することになりました。
どんな時も一緒に戦い頑張ってきたチームメイト、スタッフの方々。勝つ時も負ける時も全力で応援し元気をくださっていたファンの方々、会社の方々。どんな時も何も言わず側で見守ってくれていた家族。支えて下さった多くの方々に感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。
レッドウェーブでの経験を生かして、新天地でまた一から頑張っていこうと思います。色々と思うこともあるかとは思いますが、自分で決めた道を、感謝の気持ちを忘れることなく、自分らしく進んでいきたいと思います。4年間、本当にありがとうございました。


#30 中島彩(アヤ)

コメント
今シーズンでレッドウェーブを退団します。真っ赤に染まった会場を見ると、こんなにも沢山のファンの方々が応援してくださっているんだと感じることができ、このチームの一員としてプレーすることができとても幸せでした。そして、会社の方々のサポートのおかげで素晴らしい環境でバスケットができたこと、感謝しています。
レッドウェーブで経験した全てのことが新鮮でした。沢山のことを見て学び、成長していく中で、苦しいこともありました。それでも今思うと、レッドウェーブで過ごした毎日は輝いていてとても貴重な経験ができました。
チームの仲間と、今まで私に関わってくださった皆様に感謝いたします。3年間ありがとうございました。


#31 高田汐織(シオリ)

コメント
今シーズンで引退することを決めました。毎試合たくさんの応援をありがとうございました。今シーズンはキャプテンを務めさせていただきましたが、シーズン通してなかなか勝つことが出来ず、いい結果を残せず申し訳なく思います。勝ちに導くことができず、力不足だったと感じています。しかし、毎週たくさんの方が会場に足を運んでくださり、たくさんのメッセージをいただきました。本当にたくさんの方に支えていただき、最後まで戦い抜くことができたと思っています。「移籍してきてくれてありがとう。シオリがキャプテンでよかった。」と言っていただけたこと、とても幸せに思います。2年間という短い期間でしたが、本当に濃い時間を過ごすことができました。
会社の方々、OGの方々が築き上げてくださった富士通レッドウェーブでバスケットが出来たことを誇りに思います。今後は一ファンとして応援していきたいと思います。2年間、本当にありがとうございました。


チーフトレーナー 河原田愛

コメント
この度2018年度シーズンをもちまして、富士通レッドウェーブのトレーナーを退任させて頂くことになりました。トレーナーとして6年間勤めさせて頂くなかで、勝つことの喜び、難しさ、負ける悔しさ…様々な経験を選手、スタッフ、そして富士通社員の皆様、ファンの皆さんと共有させて頂けたことに、感謝の思いでいっぱいです。
優勝には届きませんでしたが、ファイナルの舞台を3度経験させて頂きました。
ファイナルならではの独特な雰囲気と、富士通応援席が真っ赤に染まった代々木体育館は今でも目に焼き付いています。もう一度ファイナルの舞台へ…その思いでサポートに励んでおりました。そして、その舞台に連れて行ってくれた選手には本当に感謝しています。熱くなりぶつかった事も沢山ありましたが、選手から沢山のことを教えてもらいました。同じ目標に向かって一緒に戦うことが出来たことを誇りに思います。
スタッフの私たちにも優しく声を掛けてくださり、どんな時も温かく見守ってくれたファンの皆さんと出会うことができ、本当に幸せな6年間でした。今後とも富士通レッドウェーブを、選手へご声援をよろしくお願い致します。本当にありがとうございました。


チーフマネージャー 佐々木静香

コメント
2018-19シーズンをもちまして、マネージャーを退任いたします。6年間本当にお世話になりました。8歳からバスケットボールを始めて、選手そしてマネージャーと、20年間も競技に携われたことを本当に幸せに思います。
ここで少し私自身のことについて、書かせていただきたいと思います。私は中学2年の時に「もっとバスケットが上手くなりたい」という一心で全中常連校に転校することを決断しました。その年の全中で東京体育館のメインコートに立ち試合ができたこと、最高の仲間と出会えたことは幸せな思い出です。しかし、そんな幸せな時間はひと時でした。私の体は病魔に冒され、生きる道は肝臓移植しかないことを宣告されました。そして、母から私への生体肝移植手術は27時間かかり無事に成功いたしました。高校では選手としての復帰を果たしコートにも立つことができましたが、大学進学を機にマネージャーへと転身いたしました。
レッドウェーブでのマネージャー1年目は音響担当として、リーグ期間中にはたくさんのレッドウェーブファンの温かさに触れました。ある時は応援リーダーさんが天候不良のために会場に来ることができず、ひとりで応援を仕切ったことも今ではとても懐かしい思い出です。本当は人見知りで、人前に立つことも得意ではありませんが、その時ばかりは、皆さんと一体となり会場を盛り上げることができ、自分自身もそこで一皮剥けたような気がしております。そして、満員の代々木第二体育館で、コートから見上げた時に広がった素晴らしい光景は、今でも目に焼き付いています。6年間続けてきたマネージャーですが、ここで区切りを打ち次のステップに進むことを決断いたしました。今後もレッドウェーブの更なる飛躍を心よりお祈りしています。
私は今こそ、こうして元気に大好きなバスケット携わることができておりますが、当時のことは今思い出しても辛いことばかりでした。ただそんな中でも、私がコートに復帰できるようにとサポートしてくれた主治医の先生、恩師の先生、チームメイト、そして何よりも家族のサポートに感謝しています。今まで本当にありがとうございました。


角一哲児


7人はチームを去ることとなりますが、新しい門出を温かく見守っていただけるとうれしいです!

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP


この負けをきっと、必ず!



レッドウェーブファンのみなさん、こんばんは

今日から始まりましたプレーオフ。
レッドウェーブはセミクォーターファイナルで東京羽田ヴィッキーズと対戦しました。

負けました

レッドウェーブ 79-81 東京羽田ヴィッキーズ

まずは東京羽田ヴィッキーズのみなさん、彼女たちを応援するファンのみなさん、おめでとうございます
明日のクォーターファイナルも頑張ってください

今日のゲームは立ち上がりから東京羽田ヴィッキーズの気迫と集中力がすさまじく、一発勝負の怖さを改めて思い知らされるゲームになりました

ただレッドウェーブの選手たちも頑張りました
苦しい前半を耐えしのぎ、後半は逆転し、最大4点のリードをする場面もあったんです。
どちらが勝ってもおかしくないゲームまで持ち込みましたが、勝利の女神が微笑んだのは東京羽田ヴィッキーズでした。

ただ神様は「乗り越えられない試練を与えない」と言います。
これはレッドウェーブがもっともっと強くなるために与えた試練なのだと思います。

今シーズンからBTテーブスヘッドコーチが復帰したことで期待も高く、それに応えるかのようにテーブスヘッドコーチは最後まで勝つための手段を講じていました。

それに対して選手たちも要求に応えようとしっかり頑張っていました。

勝負の世界、特にトップアスリートの世界では結果がすべてと言います。
それを否定するつもりはありませんし、私たちも勝利という結果を求めて戦っています。
その結果は今回も伴わなかったけれども、それを得るために頑張ったことは評価してもいいと思います。


勝負には負けましたが、それでも最後の最後でレッドウェーブが「勝った」シーンを紹介して、今シーズンの現地ブログを締めたいと思います。

試合終了後のことです。
レッドウェーブが落胆し、東京羽田ヴィッキーズが歓喜に沸いているとき。
チームメイトに整列を促しつつ、#31シオリ(高田)は東京羽田ヴィッキーズに拍手を送っていました。


もちろん彼女も悔しい思いを持っているのですが、そこでふと、あることに気づいて、方向転換をしました。


彼女が向かった先は


床に転がっていたボールです
以前にも紹介しましたが、今日もまた#31シオリ(高田)はボールを拾い上げ、審判に渡していました。
東京羽田ヴィッキーズの選手も気づいたようですが、#31シオリ(高田)のほうが一歩早かった

こんな素晴らしいキャプテンがいるんです。
このまま終わっていいわけがない
2018-2019シーズンは終わりますが、レッドウェーブはもっともっと素晴らしいチームになります(キッパリ)

これからもどうかレッドウェーブを応援してください。
支えてください。
#31シオリ(高田)をはじめとしたレッドウェーブの選手たちが必ず、彼女たち自身の、そしてファンのみなさんの今日の悔しさを

明日の笑顔

に変えてくれます
そのために、もっともっと練習して、もっともっと強くなります。

冒頭の写真は試合終了直後のものです。
この悔しさを忘れないよう、このシーンをしっかりと心に刻み込んで、次に向かいたいと思います。

今シーズンも全国各地で富士通レッドウェーブを応援をしていただき、本当にありがとうございました
選手、コーチ、スタッフにかわりまして、厚くお礼申し上げます。


🔗 【富士通CM】 スポーツ篇「挑戦は終わらない」30秒
🔗 【富士通CM】 スポーツ篇「挑戦は終わらない」60秒

🔗 後援会・ファンクラブの専用サイトはコチラ

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave 20th Wリーグ特集
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP


レッドウェーブらしく、全員で!


レッドウェーブファンのみなさん、こんにちは

10月から始まった2018-2019シーズンもレギュラーシーズンを終え、今週末からプレーオフが始まります。
レギュラーシーズンを15勝7敗5位で終えたレッドウェーブは、8位の東京羽田ヴィッキーズとセミクォーターファイナルを戦います
今週末のセミクォーターファイナル、クォーターファイナルは1戦先勝方式、つまり

一発勝負

なので、負けるわけにいきません。
相手もしっかり対策を練ってくると思いますが、それを上回っていきたいと思います。

さて、レッドウェーブファンのみなさんであれば、すでにご存じだと思いますが、今シーズンは2人の選手が個人表彰を受けることになりました。

#10ルイ(町田)はアシスト女王(2年連続3回目)。
トータル190アシスト、1試合平均8.64本です。

#15ウィル(山本)は3ポイント女王(成功率。5年ぶり2回目)
39本/71本=54.93%です。

しかし彼女たちはそれぞれアシスト、3ポイントシュートだけの選手ではありません。

#10ルイ(町田)はレギュラーシーズン最終戦で

トリプルダブル

*得点やアシストなど3つの部門で2ケタの数字を残すこと
を達成するなど、ここ最近、得点面でも力を発揮していますし、


#15ウィル(山本)には力強いドライブという武器もあります。

またレッドウェーブは彼女たち2人のチームでもありません。

#11シィ(篠崎)は力強さに加え、ボールをフワリと浮かす「フローターシュート」など、さまざまなシュートバリエーションを持っていますし、


#12リー(篠原)は長い手を生かし、なおかつ左右どちらの手でも打てるシュートが魅力のひとつ。


今シーズン、スタメンに定着した#25キラ(内尾)は攻守においてチームにアクセントをつけてくれます。


#31シオリ(高田)はとても重要なリバウンドやディフェンスなどで力を発揮し、チームを鼓舞してくれる存在ですし、


今シーズンから加入した#8リツ(内野)は文字どおり「オールラウンド」に活躍できる選手です。


#16クゥ(栗林)は高さとパワー、そして抜群のシュートタッチでレッドウェーブのゴール下には欠かせない存在なってきました。


ルーキーの#13ニチカ(谷口)は積極的かつ力強いプレーでチームに勢いを与え、


#21ナル(松本)もアグレッシブに攻めるポイントガードとして貴重な戦力になっています。


#9ショウ(村山)は得意のリバウンドだけでなく3ポイントシュートの精度も高まってきましたし、


#30アヤ(中島)は練習の成果を見せるように、きれいな3ポイントシュートを沈め、


#7レン(王)はゴール下で力強くシュートを決めました。


#3アス(梶原)は少ない出場機会のなかでも自分の持ち味である3ポイントシュートを積極的に打ち、


#27マユコ
(藤永)も持ち味である男子顔負けの鋭いアタックで相手ゴールに向かいます。


そして忘れてはいけないのが#5ナオ(曽我部)の存在。
今は苦しい時期だと思いますが、こうして笑顔でチームをサポートしてくれています。


この16名が

レッドウェーブ

です。

いや、顧問や部長、コーチ、マネージャー、トレーナー、アナリストなど彼女たちを支えるすべてのスタッフもその一員ですし、
応援してくださる会社の方々、そして何よりファンのみなさんあってこそのレッドウェーブです。

そのすべての人々がそれぞれの持ち味を存分に発揮して、

最高のチーム

としてプレーオフを戦いたいと思います。

レッドウェーブらしく、全員で

Right Now


🔗 【富士通CM】 スポーツ篇「挑戦は終わらない」30秒
🔗 【富士通CM】 スポーツ篇「挑戦は終わらない」60秒

🔗 後援会・ファンクラブの専用サイトはコチラ

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave 20th Wリーグ特集
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP


タフな最終戦の勝因は……


レッドウェーブファンのみなさん、こんばんは

レギュラーシーズン最終戦、勝ちました

レッドウェーブ 63-58 日立ハイテククーガーズ

「勝ちました」のあとに「」とつけたのは、タフなゲームだったからです。
日立ハイテクはこの試合で勝たなければプレーオフ進出がないという状態で、序盤から気迫のこもったプレーを見せていました
それに気圧されたのか、レッドウェーブはなかなかリズムがつかめませんでした。

そんな苦しい展開を救ってくれたのは

そう、ファンのみなさんの声援です

今週の試合会場である尼崎近辺には日立関連の工場があるらしく、ホームかアウェーかでいえば、レッドウェーブにとってアウェーでした
応援の数では日立ハイテクよりも少なかったと思います。

それでも応援に駆けつけてくださったファンの方々の声援が選手たちの背中を押してくれました。

ハーフタイム、選手たちがロッカールームから出てきてシューティングをしているとき、

「フジツウッ(パパパン)、フジツウッ(パパパン)」

*(パパパン)はハリセンを叩く音ね

小学生くらいでしょうか、男の子たちが大声で声援を送ってくれました
それに呼応するかのように、違うところで応援していた女の子たちも声援に乗ってくれました


第3Qが終わったインターバルには、ベンチ裏のほうからも同じ声援が聞こえました。


声援の数は増えていったのです
もはやアウェーではありませんでした

選手がこれに応えないでどうする

リーグ戦形式でおこなわれるスポーツではよく言われることですが、選手たちにはリーグ戦のなかの1試合でも、応援に駆けつけてくれるファンにとっては1年に1度、生で見られるかどうかの貴重な1試合かもしれない
そんなときに力を出せないでどうするか。
もちろん調子の善し悪しはあると思います。
それでも気持ちひとつで見せられるものもあるはず。
勝っても負けても、たとえシュートがまったく入らなくても、見せられるプレーはあると思うのです。
それを見せるのがトップリーグの選手の責任です。
そこにプロだとかアマチュアだとかの垣根はない。

ハッ、すいません、つい熱くなってしまいました

#16クゥ(栗林)は、たとえポジションが悪くてもリバウンドを取ろうと必死に手を伸ばしましたし、


#8リツ(内野)もルーズボールに飛び込みました。


もちろん#31シオリ(高田)も……今日のシオリはいつも以上に見えないところから飛び込んできたので写真が撮れず🆖
ルーズボールへのダイブという最高の瞬間が目の前で起こったのにも関わらず……
カメラマンに「喝ッ!」ですね

カメラマンの話はともかく、彼女たちがこうしたガッツあるプレーを見せたのは、そうしたファンのみなさんの声援があったからにほかなりません。
そういう意味でいえば、今日の勝因は

ファンのみなさんのチカラ

ということになります。
レギュラーシーズン最終戦を勝利に導いてくれて、本当にありがとうございます。

今日でレギュラーシーズンが終わりました。
レッドウェーブは15勝7敗5位でした。

来週からはプレーオフに入ります。
特に来週のゲームは負けたら終わりの一発勝負です
ゲーム展開がどんな状況になろうとも、みなさんとともに最後までしっかりと戦って、次の週につなげたい
来週からもより一層の応援をよろしくお願いいたします


🔗 【富士通CM】 スポーツ篇「挑戦は終わらない」30秒
🔗 【富士通CM】 スポーツ篇「挑戦は終わらない」60秒

🔗 後援会・ファンクラブの専用サイトはコチラ

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave 20th Wリーグ特集
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP


ディフェンスの勝利……の陰に立役者?


レッドウェーブファンのみなさん、こんばんは

10月に開幕したWリーグ2018-2019のレギュラーシーズンも今週で最終節
レッドウェーブ日立ハイテククーガーズと対戦しました。

勝ちました

レッドウェーブ 98-69 日立ハイテククーガーズ

くぁ~、あと2点で100点ゲームだったのに……
と、ついつい欲張りたくなりますが、それでも見事な完勝でした。

内容としてはディフェンスがよかった
序盤からフルコートのプレスディフェンス

チームで連動するディフェンスで相手を苦しめていました。


こうして相手を苦しめ、ボールを奪えばシメたものです。
レッドウェーブ最大の武器、

速攻

が火を噴きます
#10ルイ(町田)から#11篠崎のホットラインも常時開通です。

チームディフェンスの遂行は若手が多く出た後半も変わりません。

極めつけはこれ


#21ナル(松本)、どんだけ飛ぶねん(尼崎シリーズなので、あえての関西弁っぽく
しかもこれ、ファウルにならなかったんです
絶妙の間合いを彼女はわかっているんでしょうね。

そんなチームディフェンスで完勝した本日のゲーム
でも実はその陰でそれを引き出したのは、これだったのかもしれません。


ファンの方からいただいた

レッディのティッシュケース

です。
これ、すごくないですか?
かなり完成度が高い

普段、遠征にはなかなか来られないレッディの分身がベンチに(正確にはウォーターサーバーの上に)鎮座したことでチームに勢いがついたのでしょう


ステキなティッシュケースをありがとうございます

明日からもこのティッシュケースとともに、そしてファンのみなさんとともに、レッドウェーブは全力で戦います

明日はレギュラーシーズン最終戦。
勝って、勢いよくプレーオフに進みましょう

明日も応援をよろしくお願いいたします


🔗 【富士通CM】 スポーツ篇「挑戦は終わらない」30秒
🔗 【富士通CM】 スポーツ篇「挑戦は終わらない」60秒

🔗 後援会・ファンクラブの専用サイトはコチラ

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave 20th Wリーグ特集
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP