【Xリーグ2018】JAPAN X BOWL vsIBMビッグブルー戦レポートを公開


12月17日(月曜日)に行われたJAPAN X BOWL、IBMビッグブルー戦は、ディフェンス陣の獅子奮迅の踏ん張りと、フィールドを切り裂くオフェンス陣の活躍と、熱いご声援を送ってくださったみなさまの力が一体となった勝利でした!ありがとうございました!!

試合レポートを公開しました。是非、チェックしてください!
🔗 JAPAN X BOWL vsIBMビッグブルー戦

次戦は1月3日(木曜日)アメリカンフットボール日本選手権 プルデンシャル生命杯 第72回ライスボウル!!対戦相手は関西学院大学です。引き続き来年も富士通フロンティアーズを、どうぞよろしくお願い致します。


🔗 後援会・ファンクラブの専用サイトはコチラ

🔗 Facebook ★富士通フロンティアーズ
🔗 Twitter ★FRONTIERS公式アカウント
🔗 富士通アメリカンフットボール部 FRONTIERS HP
🔗 富士通FRONTIERS★Xリーグ2018特集


立ち上がれ!ドームを富士通レッドに染めろ!


いよいよ日本社会人アメリカンフットボール選手権「Japan X Bowl」が迫ってまいりました!!

試合開始前の選手入場から、選手の背中を強く押していただきたいです。

そのために意識してもらいたいポイントは3つ!!

この3つのポイントを押さえて、東京ドームを富士通レッドに染めてください!!

会場で配布する赤い「応援ビブス」や、20ゲード内で販売するフロンティアーズグッズを身に付けると、より真っ赤に染まります!!

観客席にいる皆さんからは、あまり見えないかも知れませんが、フィールドから見ると気持ちが奮い立ち、選手、スタッフ全員の背中を押してもらえます!!あの景色、あの一体感で、入場から相手を圧倒しましょう!!

Fビートは叩かずに広げて掲げてください!!
低く持たずに高く掲げてください!!
座ったままではなく、立ち上がりましょう!!

皆さんの「日本一の応援」で選手を迎えてください!!よろしくお願いします!!


🔗 後援会・ファンクラブの専用サイトはコチラ

🔗 Facebook ★富士通フロンティアーズ
🔗 Twitter ★FRONTIERS公式アカウント
🔗 富士通アメリカンフットボール部 FRONTIERS HP
🔗 富士通FRONTIERS★Xリーグ2018特集


【小話】LB#52海島裕希「あの瞬間のために」


いつもブログを読んでくださり、ありがとうございます!
今回もちょっとした【小話】を書いていきたいと思います!

先日のオービックシーガルズ戦。
とってもヒリヒリする展開の中、#40アディヤミが第4クオーターにインターセプトをした瞬間、試合は終わっていなかったですが、勝利を確信したあの時、フィールドとスタンドの一体感は、他ではなかなか得られない、かけがえのないものでした

「たぶん俺、あの瞬間のためにアメフトしてるんだな~って思った」

練習前にLB#52海島裕希がしみじみと話していました。
(以下、普段の呼び方で海島さんと書きますが、お許しください)

「あの一体感ってすごいよね。観客の歓声もすごいし、もう誰が誰だかわかんないけど、嬉しくて隣に居たやつらとハグしたりねこの歳になっても、良いプレーができなかったらめっちゃ悔しくて落ち込んで、良いプレーができたらめっちゃ喜んで」

そう続けました。

それだけ『アメリカンフットボール🏈という競技』、『フロンティアーズというチーム』に、本気で向き合って、本気で取り組んでいるからこそ、そんなにたくさんの感情を抱くんだと思います。

海島さんのあの熱い心とクールな頭は、フロンティアーズの武器です。

チームの中では、ベテラン。
「それでもまだまだ上手くなれる」

自分自身の可能性を、そう信じて前に突き進む姿は、チームメイトや周りの人に様々な感情をもたらしてくれます。周りをも本気にさせる、そんな存在だと思います。

そして、海島さんだけではなく、ほとんどの選手・スタッフがあのかけがえのない瞬間のために本気でフットボールに取り組んでいます。「そんなフロンティアーズの本気を東京ドームで直接観てほしいな~と思った」という【小話】でした。

NEXT GAME
2018年12月17日(月曜日)
19:00キックオフ
@東京ドーム(1塁側)


🔗 後援会・ファンクラブの専用サイトはコチラ

🔗 Facebook ★富士通フロンティアーズ
🔗 Twitter ★FRONTIERS公式アカウント
🔗 富士通アメリカンフットボール部 FRONTIERS HP
🔗 富士通FRONTIERS★Xリーグ2018特集


DB#34樋田祥一選手「勝って3連覇を成し遂げたい!」


「セミファイナルは負けたら終わりの独特の雰囲気があって緊張しました」

と試合後にコメントをくれたのはDB#34樋田祥一選手

この日はスタートから全開で、1Qの自陣に攻め込まれた時には6ヤードのロスタックル。その後もディフェンスを守り立てるプレーを続けました

「ロースコアの展開になると予想していたので、しっかり守ることができて良かった」

4Qにはインターセプトかと思われる場面がありましたが、

「最後は足がつって、力不足を実感させられました」

と、キャッチできず少し悔しい様子。それでも6年連続の決勝の舞台へ向けて

「東京ドームではいろいろな人が見に来てくれるので、力を出し切りたい。勝って3連覇を成し遂げたい!」

と、勝利宣言をしてくれました。


🔗 後援会・ファンクラブの専用サイトはコチラ

🔗 Facebook ★富士通フロンティアーズ
🔗 Twitter ★FRONTIERS公式アカウント
🔗 富士通アメリカンフットボール部 FRONTIERS HP
🔗 富士通FRONTIERS★Xリーグ2018特集


LB#35竹内修平選手「1年間やってきたことを出し切りたい」


11月25日(日曜日)に開催された🏈JXBトーナメント・セミファイナル、オービックシーガルズ戦。前半残り5分、自陣に攻め込まれたサードダウンでQBサックし、シーガルズの攻撃を抑えたのがLB#35竹内修平選手です。

「『ここは絶対に止める』と意気込んで集中できたのがいいプレーにつながりました。今日は集中しながらも客観的にみられる冷静さもあって、良い状態でプレーすることができました」

一方で「もっとできた」と課題に上げたのが終盤にタッチダウンを許したシーン。2ポゼッションの差がついて、

「ディフェンス全体に少し緩んだ感じがあった、防がなきゃいけないタッチダウン」

と振り返ります。次戦に向けて、

「1年間やってきたことを出し切りたい、最後まで集中して気持ちのこもったプレーをしたい」

と今日以上のプレーをすることを約束
スタンドのファンと優勝の喜びを分かち合うのがモチベーションになっています。


🔗 後援会・ファンクラブの専用サイトはコチラ

🔗 Facebook ★富士通フロンティアーズ
🔗 Twitter ★FRONTIERS公式アカウント
🔗 富士通アメリカンフットボール部 FRONTIERS HP
🔗 富士通FRONTIERS★Xリーグ2018特集