#88 LB 大橋智明選手「スタートから全開で行きました」


12月17日(月曜日) 、東京ドームにて開催されたJAPAN X BOWL🏈。

昨年のリベンジとばかりに、キックオフで47ヤードのリターンを決めたIBMビッグブルー。

立て続けにゲインを重ねFGで先制すると、2シリーズ目もロングパスを通し、ゴール前に迫った。そのシリーズで気を吐いたのが#88 LB 大橋智明選手でした。

自陣深くに攻め込まれると「フィールドゴールレンジから押し出してやろうと気合いが入った」と、セカンドダウンでタックルを決め、続くサードダウンでは10ヤードロスさせるQBサックを決めた。

もうひとつ印象的だったのが、一旦は前半終了かと思われたが再びプレーが始まったシーン。

「あの場面ではロングゲインさえ許さなければいいと思って、後ろに守っていて冷静にプレーできた」

と、フィールドを広く使いロングゲインを狙ったランナーを仕留めた。

タイトエンドからコンバートして3シーズン目の3連覇。
「やっと慣れてきた」と笑顔を見せてくれました。


🔗 後援会・ファンクラブの専用サイトはコチラ

🔗 Facebook ★富士通フロンティアーズ
🔗 Twitter ★FRONTIERS公式アカウント
🔗 富士通アメリカンフットボール部 FRONTIERS HP
🔗 富士通FRONTIERS★Xリーグ2018特集


3連覇。変わるもの変わらないもの。


いつもご声援、ありがとうございます!
社会人日本一を達成できました!!

たくさんの方から『3連覇おめでとう』と言っていただき、本当にうれしいことだと感じます。「皆さんの支えのおかげです!!」とこの場を借りて声を大にして言わせていただきます。
ありがとうございます!!!

チームのメンバーとしては、「3連覇」というよりは、同じ意味ですが「3シーズン連続で優勝した」という考えの方が近いように感じます。

この3年間で、選手・スタッフの引退者は41名、加入者40名。

毎年違うメンバーで戦う。
毎年違う気持ちで戦う。
全く違うチームで戦う。

試合に出られない悔しいシーズン、活躍でき満足したシーズン、毎年それぞれの選手、スタッフに、それぞれの思いがあり、優勝の喜び方・味わい方もそれぞれ違います。

そして、ありがたいことに応援してくれるフロンティアーズファミリーが毎年増えていると感じております。フロンティアーズファミリーにとっても、3シーズンそれぞれ違う見え方・関わり方があったと思います。もちろん違う喜び方も。

変わったこともたくさんあるが、「変わらないもの」もある。

「変わらないもの」それは、
初優勝までの30年の歴史、そしてそこから築き上げたブレない軸。

これこそ、フロンティアーズの強みだと。
これからも変わらない強みだと。

あと2週間で学生王者と対戦するライスボウルです。
きっと臨む気持ちも去年・一昨年とはまた違うことでしょう。選手・スタッフ・チア・ファン、全フロンティアーズファミリーそれぞれにとって。

<NEXT GAME>
2019年1月3日(木曜日)
15:00キックオフ
vs関西学院大学
at東京ドーム(3塁側24ゲート)


🔗 後援会・ファンクラブの専用サイトはコチラ

🔗 Facebook ★富士通フロンティアーズ
🔗 Twitter ★FRONTIERS公式アカウント
🔗 富士通アメリカンフットボール部 FRONTIERS HP
🔗 富士通FRONTIERS★Xリーグ2018特集


【Xリーグ2018】JAPAN X BOWL vsIBMビッグブルー戦レポートを公開


12月17日(月曜日)に行われたJAPAN X BOWL、IBMビッグブルー戦は、ディフェンス陣の獅子奮迅の踏ん張りと、フィールドを切り裂くオフェンス陣の活躍と、熱いご声援を送ってくださったみなさまの力が一体となった勝利でした!ありがとうございました!!

試合レポートを公開しました。是非、チェックしてください!
🔗 JAPAN X BOWL vsIBMビッグブルー戦

次戦は1月3日(木曜日)アメリカンフットボール日本選手権 プルデンシャル生命杯 第72回ライスボウル!!対戦相手は関西学院大学です。引き続き来年も富士通フロンティアーズを、どうぞよろしくお願い致します。


🔗 後援会・ファンクラブの専用サイトはコチラ

🔗 Facebook ★富士通フロンティアーズ
🔗 Twitter ★FRONTIERS公式アカウント
🔗 富士通アメリカンフットボール部 FRONTIERS HP
🔗 富士通FRONTIERS★Xリーグ2018特集


立ち上がれ!ドームを富士通レッドに染めろ!


いよいよ日本社会人アメリカンフットボール選手権「Japan X Bowl」が迫ってまいりました!!

試合開始前の選手入場から、選手の背中を強く押していただきたいです。

そのために意識してもらいたいポイントは3つ!!

この3つのポイントを押さえて、東京ドームを富士通レッドに染めてください!!

会場で配布する赤い「応援ビブス」や、20ゲード内で販売するフロンティアーズグッズを身に付けると、より真っ赤に染まります!!

観客席にいる皆さんからは、あまり見えないかも知れませんが、フィールドから見ると気持ちが奮い立ち、選手、スタッフ全員の背中を押してもらえます!!あの景色、あの一体感で、入場から相手を圧倒しましょう!!

Fビートは叩かずに広げて掲げてください!!
低く持たずに高く掲げてください!!
座ったままではなく、立ち上がりましょう!!

皆さんの「日本一の応援」で選手を迎えてください!!よろしくお願いします!!


🔗 後援会・ファンクラブの専用サイトはコチラ

🔗 Facebook ★富士通フロンティアーズ
🔗 Twitter ★FRONTIERS公式アカウント
🔗 富士通アメリカンフットボール部 FRONTIERS HP
🔗 富士通FRONTIERS★Xリーグ2018特集


【小話】LB#52海島裕希「あの瞬間のために」


いつもブログを読んでくださり、ありがとうございます!
今回もちょっとした【小話】を書いていきたいと思います!

先日のオービックシーガルズ戦。
とってもヒリヒリする展開の中、#40アディヤミが第4クオーターにインターセプトをした瞬間、試合は終わっていなかったですが、勝利を確信したあの時、フィールドとスタンドの一体感は、他ではなかなか得られない、かけがえのないものでした

「たぶん俺、あの瞬間のためにアメフトしてるんだな~って思った」

練習前にLB#52海島裕希がしみじみと話していました。
(以下、普段の呼び方で海島さんと書きますが、お許しください)

「あの一体感ってすごいよね。観客の歓声もすごいし、もう誰が誰だかわかんないけど、嬉しくて隣に居たやつらとハグしたりねこの歳になっても、良いプレーができなかったらめっちゃ悔しくて落ち込んで、良いプレーができたらめっちゃ喜んで」

そう続けました。

それだけ『アメリカンフットボール🏈という競技』、『フロンティアーズというチーム』に、本気で向き合って、本気で取り組んでいるからこそ、そんなにたくさんの感情を抱くんだと思います。

海島さんのあの熱い心とクールな頭は、フロンティアーズの武器です。

チームの中では、ベテラン。
「それでもまだまだ上手くなれる」

自分自身の可能性を、そう信じて前に突き進む姿は、チームメイトや周りの人に様々な感情をもたらしてくれます。周りをも本気にさせる、そんな存在だと思います。

そして、海島さんだけではなく、ほとんどの選手・スタッフがあのかけがえのない瞬間のために本気でフットボールに取り組んでいます。「そんなフロンティアーズの本気を東京ドームで直接観てほしいな~と思った」という【小話】でした。

NEXT GAME
2018年12月17日(月曜日)
19:00キックオフ
@東京ドーム(1塁側)


🔗 後援会・ファンクラブの専用サイトはコチラ

🔗 Facebook ★富士通フロンティアーズ
🔗 Twitter ★FRONTIERS公式アカウント
🔗 富士通アメリカンフットボール部 FRONTIERS HP
🔗 富士通FRONTIERS★Xリーグ2018特集