〜アメフトを知らない世界の住人が現場をみてみたら ⑦〜


マネージャーK’こと、新米下っ端マネージャーの柏原です。
あの時は名前を伏せるためにK’ってしたけど今は意味あるのかな・・・🤔
と思いつつブログを書いています。

この業務に就いてから7か月なんてあっという間です。
11月からプレーオフも開幕し、長くてもあと2か月で今シーズンが終わってしまいます。
陸上長距離と違ってシーズンがあるスポーツはちょっと寂しい気もします。

さて、今回のお話は選手に関してです。
今の私にとっても重要なお話ですね。長文ですが、読んで頂けたら幸いです。

前のK’ブログにも書いたとは思います(前の記事をチェックしてみてください。)が、
選手は水・土・日に練習をおこなっています。水曜日以外の平日は富士通グループの社員として働いています。
営業、残業、出張等さまざまな業務をこなしています。水曜日の練習後に業務に戻るメンバーもいます。
練習中は陽気なイメージですが、社内で会うと皆さんとても凛々しいです。
もちろんグラウンドの陽気さと変わらないメンバーもいます。

グラウンドでは選手は練習前、練習後にマネージャー部屋を訪れてきます。

その時は最近の出来事やサブカルの話や
「柏原、今度飲みにこうぜ!」※これが嬉しかったりもします。
など、たわいもない話ばかりです。

最近は自分が土・日に対応するイベントが多くなってきており、練習に帯同できない事が多く、
「マネージャーなのに申し訳ない」
「私は何やってるんだろうか?」
など思っていた時期もありました。

それでも選手は
「イベント対応は俺らにはできないし!頑張れよ!」
「おまえ、疲れてる顔してるけど大丈夫?」
などと言ってくれます。

選手に心配されるとは・・・
マネージャーとしては失格です。

しかし、私も「本当であれば休んでほしい。息抜きをしてほしい!」と心の中では思ったりもしていますよ!

選手の中にはご結婚されて、お子さんまでいる方もいます。

家庭やプライベートや休みを犠牲にして日本一になる為に頑張っている選手を見ていると
自分自身もイベント等でよりしっかり活動しないといけないと思うようになりました。

では「お前は今までしっかりやってなかったのか?」と言われたら、決してそういうつもりではなく・・・

「自分にできる事はなにか?」「どうやったら自分らしさがでるのか?」「うまく人に伝える為には?」
と一層考えるようになりました。

たぶん、フロンティアーズの活動がなければ考えなかったと思います。

選手はよくこんな事を言っています。
「1人1人に役割が決まっていて、そこに全力を出すだけ。」

そこに私は感化されたんだと思います。

唐突の業務命令ではありましたが、
フロンティアーズの選手たちに出会えて良かったと思います。

そして
「山の神から普通の人間になりました柏原です。」
と自己紹介をした事に爆笑してくれて嬉しかったです。
※この自己紹介を考えるのにひと晩悩みました(笑)

そんな選手たちを会場まで観にきませんか?

人前ではあまり言えないので文章にまとめてみました。

では、会場でお会いしましょう🤗

🔗 Facebook ★富士通フロンティアーズ
🔗 Twitter ★FRONTIERS公式アカウント
🔗 富士通FRONTIERS★Xリーグ2017特集
🔗 富士通アメリカンフットボール部 FRONTIERS HP


コーチに聞いた中盤戦のMVP


2017年秋季Xリーグも次はいよいよ準決勝。
もう7試合も終わったのですね・・・・
シーズン中は、普段より時の流れがとっても早く感じます!!

以前、中澤コーチと安木コーチに「前半戦のMVP」を聞きましたが、
今回は「中盤戦のMVP」をあのコーチたちに聞いてみました

🔗 「コーチに聞いた前半戦のMVP」はコチラ

まずは、この方。
キッキングコーディネーターのピエールコーチが選ぶMVPは!?

「DB#34樋田祥一
コンスタントにずっと試合に出続けていて、
毎試合ごとにプレーが良くなっている。
さらに誰かが怪我をした時に、その穴を埋められる選手!

と、ピエールコーチが大絶賛!

自身がキッキングとオフェンスのコーチなので、
ディフェンスのプレーヤーを挙げるというのは少し予想外でした。


次は、この方。
アシスタントヘッドコーチのトーマスコーチが選ぶMVPは!?

「LB#16トラショーン・ニクソン

多くのプレーに出て、活躍したと思う。
シーズンを通して、破壊的なラッシュで、
相手のQB(クォーターバック)に、かなりのプレッシャーをかけている。

と、こちらも即答で大絶賛!

この話を聞いているときに、ちょうどニクソン選手が通りかかり、
褒められて「Thank you!!」と嬉しそうなニクソン選手でしたよ


今回は、フロンティアーズ好調ディフェンスを象徴する、2選手の選出でしたね!

終盤戦は、生き残りをかけた、Xリーグのサバイバル。
中盤戦MVPの2選手の活躍に加え、終盤戦はどの選手がどんな活躍をするのか?
乞うご期待です!!!!

🔗 Facebook ★富士通フロンティアーズ
🔗 Twitter ★FRONTIERS公式アカウント
🔗 富士通FRONTIERS★Xリーグ2017特集
🔗 富士通アメリカンフットボール部 FRONTIERS HP


WR#84猪熊星也選手「常にタッチダウン狙い!」


10月からチームに加わった新人WR#84猪熊星也選手は、現在リターナーとして試合に出場。

エレコム神戸ファイニーズ戦では、4度のリターンで合計60ヤードを獲得しています。

「常にタッチダウンを狙っているので、満足はしていません。リターンはシンプルなプレーですが、結果次第では流れを変えたり、チームを勢いづけたり、大きな力を持っています。次戦も1ヤードでも多く走れるように準備をしていきたい」

そんな猪熊選手の持ち味は、走り出してからすぐにトップスピードに乗れること。

「ピークの時に比べて、少し体重が落ちているので、ベストな状態に持っていくのが今の課題。筋力が戻ってくれば、もっと早く走れます」

ボールを取る前に、気配を感じて走り出す方向を決めているという猪熊選手。チームもファンも熱くさせるビッグプレーに期待です。

🔗 Facebook ★富士通フロンティアーズ
🔗 Twitter ★FRONTIERS公式アカウント
🔗 富士通FRONTIERS★Xリーグ2017特集
🔗 富士通アメリカンフットボール部 FRONTIERS HP


新ユニフォーム総選挙、 一番人気は・・・


今季から一新されたユニホーム。赤、白、黒の3色があり、9通りの着こなしが可能となりました。(ソックスも含めると、なんと27通りに!!)

そんなわけで、これまでのコーディネートを振り返ってみると、お披露目となった開幕戦は“上下赤”で鮮烈なデビューをさせていただき、2戦目は上下黒のWR#9宜本潤平主将お気に入りカラー。

鮮烈なデビューとなった“上下赤”
鮮烈なデビューとなった“上下赤”
2戦目は“上下黒”
2戦目は“上下黒”

3戦目は黒ジャージに赤パンツのマネジャーとトレーナーに人気のコーデ。赤いパンツはそのままにジャージを白にしたのが4戦目。

黒ジャージに赤パンツ
黒ジャージに赤パンツ
白ジャージに赤パンツ
白ジャージに赤パンツ

5戦目は藤田HCが好む黒ジャージに白パンツで、ピンクリボン運動の為に着用したピンクのソックスとも相性抜群でした。

黒ジャージに白パンツ
黒ジャージに白パンツ、ピンクのソックスと相性ばっちり

リーグ戦最終節は赤ジャージに黒パンツの去年までのホームカラー。

赤ジャージに黒パンツ
赤ジャージに黒パンツ

そして先日のエレコム神戸ファイニーズ戦は、赤ジャージに白パンツと4戦目の逆バージョンでした。

赤ジャージに白パンツ
赤ジャージに白パンツ

これまで7パターンを披露してきましたので、残るは2つ!!
10月29日のシーガルズ戦と、11月11日のファイニーズ戦で行った「ユニホーム総選挙」の結果も気になるところですが、結果はまた後日に。

次戦のセミファイナルでは、コーディネートにもご注目ください!!

🔗 Facebook ★富士通フロンティアーズ
🔗 Twitter ★FRONTIERS公式アカウント
🔗 富士通FRONTIERS★Xリーグ2017特集
🔗 富士通アメリカンフットボール部 FRONTIERS HP


K#11西村豪哲の一日消防署長の裏側!?


11月9日(木曜日)、K#11西村豪哲がグランツリー武蔵小杉にて中原区の一日消防署長を務めさせていただきました

その模様は 🔗 コチラ

実はこのイベントの前に、参加メンバーである、#11西村、RB#30金雄一、WR#84猪熊星也、そしてフロンティアレッツ💃🏻で、中原消防署名物の消防うどん🍜をいただいちゃいました😋

見てください、この必死の食べっぷり。笑
うどんも特製ラー油も美味しすぎて、イベント前の腹ごしらえはばっちり

お着替え&準備中の#11西村を、こっそり激写🙈しちゃいましたよ!
フロンティーも、今日は消防署員👨🏼‍🚒スタイルに変身です!

フロンティアレッツの限定パフォーマンスは、なんと言ってもとっても華やか当日は強風だったので、大変だったのでは?と思うのですが、寒さを感じさせないパフォーマンスがとても力強く、ステキでした
「意外と普段着より衣装着てる時の方が寒く感じないんだよね~」という笑顔も、またステキ

トークショーの際に、#30金・#84猪熊は、タックルのデモンストレーションを披露したのですが、事前に常盤GMに「結構本気で当たらないとしょぼく見えるぜ🤔」という煽りを受けたおかげ(?)もあり、かなりのナイスタックルになりました。ここだけの話、頑張りすぎて、ふたりとも少し肘をすりむいたとか・・・・?
二人とも良く頑張りました😂

貴重な経験と防災について考える良い機会となりました!
中原消防署の皆さん、ありがとうございました!

🔗 Facebook ★富士通フロンティアーズ
🔗 Twitter ★FRONTIERS公式アカウント
🔗 富士通FRONTIERS★Xリーグ2017特集
🔗 富士通アメリカンフットボール部 FRONTIERS HP


【Xリーグ2017】エレコム神戸ファイニーズ戦試合レポート公開!


久しぶりの晴天での一戦、横浜スタジアムにて開催されたXリーグ🏈JXBトーナメントクォーターファイナル、フロンティアーズはエレコム神戸ファイニーズと対戦し34ー7でと圧勝、セミファイナル進出です!

いつも熱い声援をありがとうございます!引き続き、応援をどうぞよろしくお願いします!!

試合レポートも公開しました。是非、チェックしてください🙇🏻‍♂️
🔗 JXBトーナメントクォーターファイナル vsエレコム神戸ファイニーズ (レポート)

JXBトーナメント、セミファイナルは11月26日(日曜日)13時から、富士通スタジアム川崎(神奈川県川崎市)開催、オービクシーガルズと対戦です。

🔗 Facebook ★富士通フロンティアーズ
🔗 Twitter ★いろいろつぶやいてます
🔗 富士通FRONTIERS★Xリーグ2017特集
🔗 富士通アメリカンフットボール部 FRONTIERS HP


~アメフトを知らない世界の住人が現場をみてみたら ⑥~


久しぶりの更新です。K’こと柏原です。

さて、いきなり始まった🏈マネージャー生活も早いもので7か月ですね🤗

4月の段階で誰がこの事を予想できたでしょうか・・・?(笑)

今回は、私の所属するマネージャーユニットに関して書きたいと思います。
その中で、この7か月、私は何を思いやってきたのか?という話もしていけたらと思います。

4月から始まったマネージャー生活は何もかも知らないことだらけ、右も左もわからない状態でした😖。もちろんアメフトのルールも知らない。引退したばかりで書類の作り方、メールの出し方ですら心もとない💦。

そんな私でありましたが、
常盤GMは怒らず「失敗は仕方ないから次につなげろ
という感じで教えてくださいました

いやー、当初は書類を作るのだけで一日発狂しそうでした・・・(笑)

最初はまったく戦力にならなかった私に、ひとつひとつ丁寧に教えてくれた田中マネージャーは優しくて女神かと思いましたよね・・・
それと同じくして、同い年なのに経験の差も痛感させられました。
このように偉そうなことを言っていますが、今もけっして戦力になっているとは言い難いのです!

私は富士通に入社して5年間、陸上競技が中心の生活を送ってきました。
現役時代は午前中は出社をして幕張にあるシステムの開発部隊の方々にお世話になって他の陸上部の部員よりは業務をこなしていた自負があったのですが、井の中の蛙でしたね。
田中マネージャーとの業務の面での経験の差はそう簡単に埋まる事はないと思うし、たぶんこの先も埋まらないと思います。
いつも隣の席で仕事ぶりを見ていますが、まぁ凄いとしか言いようがないんだもの・・・(笑)
休んでほしいけど!

こういう書き方をしてしまうと、スポーツ選手にネガティブなイメージをもたれてしまうかもしれません。
深くは言いませんが、スポーツ選手でいる事は決して悪い事ではない!選手としての活動を通して何を身につけるかが大事だと私は思っています。
実際、通常業務と比べると戦力になるポイントが違うだけの話でもある訳です。

話を戻しましょう。
フロンティアーズのマネージャーは全員で7人存在しています。
事務所には私と田中マネージャーを含め3人が常勤しています。
練習の時はグラウンドに行き、練習のビデオの撮影や練習や試合の準備等様々な事をやっています。

「女神(?)」こと田中マネージャー
「女神(?)」こと田中マネージャー
「新米下っ端マネージャー」こと私。笑
「新米下っ端マネージャー」こと私。笑
「チームの母」こと伊藤マネージャー
「チームの母」こと伊藤マネージャー

7人の中には富士通社員ではなく、普段は他の企業で働いている方も、大学生もいます。
ほとんどのメンバーが私より年下です。
でも、そこには「年下だから・・・」という遠慮する感じもなく、グラウンドに来たら「チームがどうやったら勝てるのか?」
を常に考えて話し合って行動しています。

「私たちがミスをしたらチームが負けてしまうかもしれない、それは絶対に嫌だ」
「サポートも勝利する意識がなかったら絶対にダメ」
というメンバーがいるぐらいです。
練習の時も試合の準備中も自分のやるべき事を見つけては常に動き回っています。
練習後や試合後も帰り道等で「ここが良かったけど、ここが良くなかったよね」と
常に良くなるための会話をしています。

年下とか関係なく、彼ら彼女らを尊敬します。

しかし、私の中ではみんなかわいい年下のメンバーです。

インテリ系「お嬢」こと矢嶋マネージャー
インテリ系「お嬢」こと矢嶋マネージャー
「マネージャー界のサラブレット」佐藤マネージャー
「マネージャー界のサラブレット」佐藤マネージャー
最年少ハタチ「親分」こと大澤マネージャー
最年少ハタチ「親分」こと大澤マネージャー
激アツとツンデレと冷静を担当、尾平野マネージャー
激アツとツンデレと冷静を担当、尾平野マネージャー
今季の成長株?「よっしー」こと吉澤マネージャー
今季の成長株?「よっしー」こと吉澤マネージャー

マネージャーユニットのみなさん、いつもありがとう🙆🏻‍♂️。
そして、これからもよろしくお願いいたします。

では、JXBトーナメントも頑張るぞ!

🔗 Facebook ★富士通フロンティアーズ
🔗 Twitter ★FRONTIERS公式アカウント
🔗 富士通FRONTIERS★Xリーグ2017特集
🔗 富士通アメリカンフットボール部 FRONTIERS HP


K#39吉田元紀選手「練習します!」


10月29日(日曜日)に行われたオービックシーガルズ戦を終えて、「とにかく勝つことができてよかった」と胸をなでおろしたのはK#39吉田元紀選手。

この日は6本のパントを蹴りましたが、終盤でミスが出たことに反省しきり。次戦は必ず挽回すると話します。

「キッキングのミスは勝負に直結する要素。いくら良いキックがあっても、一つでもミスがでれば喜べません。今日のミスはラッシュが来ていたわけでもなく、自分自身の問題。リーグ戦の6試合を通じて、上手く勝利に貢献できなかったので、次戦からはしっかりと結果を残せるように準備したい」

シーガルズ戦のようなロースコアの展開になれば、出番が増え、緊張も増すパントキック。
時には高く、時には遠くへ、フィールドポジションを挽回し、攻めのディフェンスをアシストする右足に期待!!

🔗 Facebook ★富士通フロンティアーズ
🔗 Twitter ★FRONTIERS公式アカウント
🔗 富士通FRONTIERS★Xリーグ2017特集
🔗 富士通アメリカンフットボール部 FRONTIERS HP


RB#33高口和起選手「チームメイトを信じて走る!」


10月29日(日曜日)に行われたオービックシーガルズ戦、4Qに先制のタッチダウンを決めたRB#33高口和起選手。

「ディフェンスが頑張っていたし、『やるしかない、自分が決めてやろう』という気持ちが強くなった。オフェンスも3Qから波に乗っていて、チームメイトを信じれば行けると思った」

2年目を迎えた今シーズン、フロンティアーズのオフェンスにも慣れてきました。

「去年と比べて、ミーティングで言われたことを試合で実践できる確率が上がっています。OLとのコンビネーションも良く、ユニットとして上手く機能できています」

次戦以降も活躍を誓う。

「とにかく悔いのないシーズンを送りたい。ここからは今日のような試合が続くと思いますが、体も心もしっかりと準備していきたいです」

フィールドを力強く駆け抜ける、その姿をぜひ会場で!

🔗 Facebook ★富士通フロンティアーズ
🔗 Twitter ★FRONTIERS公式アカウント
🔗 富士通FRONTIERS★Xリーグ2017特集
🔗 富士通アメリカンフットボール部 FRONTIERS HP