同期!!


こんにちは!
先日の練習に、朝日新聞様が取材にいらっしゃいました!

今回取材を受けたのは、【#45LB(ラインバッカー)鈴木將一郎選手】でした。

実は、取材に来て下さった記者の方は、関西学院大学ファイターズのOBで、この二人・・・、
同期だそうです!

予想外の偶然に、思わず写真をパシャリ!!

ライスボウルでは朝日新聞様も注目の、鈴木選手にご注目下さい♪
35歳になっても衰えないパワーとスピードに期待です!


プルデンシャル生命杯第68回ライスボウル
富士通フロンティアーズ vs  関西学院大学ファイターズ
2015年1月3日(土曜日)14:00キックオフ
東京ドーム(三塁側)

🔗 Facebook ★富士通フロンティアーズ
🔗 Twitter ★いろいろつぶやいてます
🔗 富士通FRONTIERS★Xリーグ2014特集
🔗 富士通アメリカンフットボール部 FRONTIERS HP


ターンオーバー5つ!!


「今季は、毎試合4つのターンオーバーをとることが目標でした。4つ取れれば勝利につながる、最後の最後で目標を達成でき勝利につなげることができて、本当に良かったです」そう話してくれたのは#45鈴木選手。

15日のXボウルでは、#14三木選手のパスインターセプトTDにはじまり、#49浦川選手のパスインターセプトとファンブルリカバー、#40アディヤミ選手のパスインターセプト、さらには三木選手が2つ目のパスインターセプトと、計5つのターンオーバーを奪取しました。

今季好調なディフェンスが力を出し切った、象徴的な試合となりました。


プルデンシャル生命杯第68回ライスボウル
富士通フロンティアーズ vs  関西学院大学ファイターズ
2015年1月3日(土曜日)14:00キックオフ
東京ドーム(三塁側)

🔗 Facebook ★富士通フロンティアーズ
🔗 Twitter ★いろいろつぶやいてます
🔗 富士通FRONTIERS★Xリーグ2014特集
🔗 富士通アメリカンフットボール部 FRONTIERS HP


2万5千の大観衆!


どちらが勝っても初優勝だった今年のXボウル。ファンからの注目度も高く、東京ドームには、前年の22,488人上回る25,085人の大観衆が詰めかけました。

そんな大観衆を前に#88大橋選手は、「プレー前は緊張していましたが、ファーストプレーを終えたら、プレーに集中できた」と、いつもとは違う雰囲気に緊張していたことを吐露。

#11西村選手も「最初からスタンドが一体となって応援してくれ、僕らの背中を押してくれた。とても心強かった」と、スタンドの力が勝利につながったと話してくれた。

1月3日はいよいよライスボウル! シーズンの締めくくりに、もう一度熱い応援をお願いします!


プルデンシャル生命杯第68回ライスボウル
富士通フロンティアーズ vs  関西学院大学ファイターズ
2015年1月3日(土曜日)14:00キックオフ
東京ドーム(三塁側)

🔗 Facebook ★富士通フロンティアーズ
🔗 Twitter ★いろいろつぶやいてます
🔗 富士通FRONTIERS★Xリーグ2014特集
🔗 富士通アメリカンフットボール部 FRONTIERS HP


ひとつになって!


“決戦再び!”と、注目の高かった11月30日のオービックシーガルズ戦。

当日は開場時間前から入場ゲートに列ができるほど、多くのファンが集まりました。

また、フロンティアーズ側スタンドにも多くの方にお越しいただき、たくさんの声援をいただきました。ありがとうございます!

そんな応援は、選手たちの大きな力になりました。開始直後、相手キックを大きくリターンした時から、得点を重ねるごとにボリュームは増し、リードが広がると“勝てる”というムードも漂いました!

しかし、後半は一転して厳しい展開。遂にはシーガルズにキックオフリターンTDのビッグプレーが飛び出し、盛り上がるシーガルズスタンドとは対照的に静まり返ったフロンティアーズスタンド……。「一気に形勢逆転!?」

でもそんな心配は杞憂に終わりました。このプレーを機にさらなる声援が送られたんです。「まだまだイケる!頑張れ!」と。

スタンドと選手、そしてスタッフの想いがひとつになって掴んだ勝利。もう一度、15日の東京ドームでも、皆様のご声援をお願いします!!


富士通フロンティアーズvsIBMビッグブルー
2014年12月15日(月)19:00キックオフ
東京ドーム(一塁側)

🔗 Facebook ★富士通フロンティアーズ
🔗 Twitter ★いろいろつぶやいてます
🔗 富士通FRONTIERS★Xリーグ2014特集
🔗 富士通アメリカンフットボール部 FRONTIERS HP


重圧のなかで


大熱戦の末、オービックシーガルズに勝利したフロンティアーズ。
破壊力抜群のオフェンスと強固なディフェンス、どちらも力を出し切った試合だったと思います。なかでも、厳しい場面で距離のあるFGを決めたのは、とても印象的でした。

気まぐれな浜風が吹く中、46ヤードと43ヤードの2本のFGを決めた#11西村選手は、「しっかりと仲間がブロックしてくれたこと、そして多少の運も見方につけられたと思います。特に2本目は相手ディフェンスが接近していて、あとコンマ何秒か遅れていたら失敗していたキック。向かい風だったのが、キックの瞬間は追い風に変わったこと、さらには、みんなの気持ちがボールに乗り移り、決められたと思っています」

今季はバイスキャプテンとしてチームを引っ張る#11西村選手。「1本1本に集中できている」と、プレッシャーのなかで、距離を物ともしないキックに、次戦も注目です。


富士通フロンティアーズvsIBMビッグブルー
2014年12月15日(月)19:00キックオフ
東京ドーム(一塁側)

🔗 Facebook ★富士通フロンティアーズ
🔗 Twitter ★いろいろつぶやいてます
🔗 富士通FRONTIERS★Xリーグ2014特集
🔗 富士通アメリカンフットボール部 FRONTIERS HP