OL#79佐嶋優輔選手「勝利に導くオフェンスラインに」


191センチ、135キロ。ひときわ大きな体の新人・OL#79佐嶋優輔選手。6月3日(土)の東京ガスクリエイターズ戦でフル出場を果たしました。

「はじめてスタートから出ましたが、チームを勝利に導くようなプレーができなかったというのが率直な感想です。今日の2本のフィールドゴールは、本当ならタッチダウンに結び付けなければという内容。勝負どころで精度の高いプレーができるようにしたいです」

春シーズンを終え、チームにも、初めての東京暮らしにも慣れてきたそう。目指すはチームの一員として勝利に貢献すること。

「どんな形でもいいので、チームの日本一に貢献したいと思っています。周りは凄い先輩方ばかりですが、負けたと思ったらそこで終わり。『常に勝つ!』という強い気持ちで取り組んでいきたい」
と抱負を語ってくれました。

🔗 Facebook ★富士通フロンティアーズ
🔗 Twitter ★FRONTIERS公式アカウント
🔗 富士通FRONTIERS★パールボウル2017&東日本交流戦
🔗 富士通アメリカンフットボール部 FRONTIERS HP


OL#70臼井直樹 選手「オフェンスラインを引っ張るプレーがしたい!」


6月3日(土)の東京ガスクリエイターズ戦で新人ながらスターターに名を連ねたOL#70臼井直樹選手。大学時代はオフェンスラインの中でタックルというポジションでしたが、フロンティアーズに入ってからはセンターを務めています。

「上手くいったプレーもありましたが、『ここぞ!』という時にミスをしてしまったのが反省点。センターなのでオフェンス全体を引っ張っていけるようなプレーをするのが目標です」

と、試合の中で課題を見つけた様子。

春シーズンは個々の成長をテーマに掲げ、多くの選手が試合に出たことを踏まえて、こんな言葉も。

「一年目から試合に出させてもらって、いい経験ができました。けれど今は試合に出させてもらっている状態。秋には実力で試合に出られるように取り組んでいきたい」

オフェンスラインのお陰で試合に勝った、「お前が居たから勝てた」と言われるような存在になるのが目標だと話してくれました。

🔗 Facebook ★富士通フロンティアーズ
🔗 Twitter ★FRONTIERS公式アカウント
🔗 富士通FRONTIERS★パールボウル2017&東日本交流戦
🔗 富士通アメリカンフットボール部 FRONTIERS HP


【東日本交流戦2017】東京ガスクリエイターズ試合レポート公開!


6月3日(土曜日)に行われた東京ガスクリエイターズとの試合は、テーマを持って取り組み、秋季へ繋がる勝利をあげました!

秋季リーグ開幕まで、トレーニングを強化して開幕に備えます!。
引き続き、富士通フロンティアーズを、どうぞよろしくお願い致します。

試合レポートを公開しました。是非、チェックしてください!
🔗 東日本交流戦 vs東京ガスクリエイターズ

🔗 Facebook ★富士通フロンティアーズ
🔗 Twitter ★公式アカウント
🔗 富士通FRONTIERS★パールボウル2017&東日本交流戦特集
🔗 富士通アメリカンフットボール部 FRONTIERS HP


K#25大塚健一選手「思い切ったキックが蹴れるように」


悔しい結果となった5月21日(日曜日)のノジマ相模原ライズ戦、新人のキッカー#25大塚選手も、気持ちが晴れないプレー内容だった。

最終クォーター、チームがリターンタッチダウンを決め、流れをつかむかと思われたところで、トライフォーポイントのキックを外してしまったのだ。

大塚選手は、「決めたいという思いが強くなって力み過ぎてしまった。完全に自分自身のミス。次は挽回したい」

突如、飛び出たビッグプレー後のキック、十分な準備ができていなかったのかもしれない。

社会人で2試合を終えて、今のリズムに慣れるのも大切なこと。

「周りにすごい選手がたくさんいるので、雰囲気にのまれているところがあります。また時間をうまく使って、練習の量や質を上げることも考えています。思い切ったキックが蹴れるように、しっかりと準備したいです」

精度を高めるのが目下の課題だ。

🔗 Facebook ★富士通フロンティアーズ
🔗 Twitter ★公式アカウント
🔗 富士通FRONTIERS★パールボウル2017&東日本交流戦特集
🔗 富士通アメリカンフットボール部 FRONTIERS HP


DB#31奥野敬介選手「外国人にも負けないタックル」


「良いプレーもあったけど、それが続かなかった」

と藤田HCが振り返った5月21日(日曜日)のノジマ相模原ライズ戦。

1QにDB#31奥野選手がみせたパスインターセプトは、誰の目にも明らかなファインプレーだった。

奥野選手は、「『狙っていた』と言うよりは、無理に投げてきたパスだったので、取れて良かったです。インターセプトは、自分自身の気持ちが高まるし、チームにも勢いが付くプレー、また試合でできるようにしたい」

今後はフィジカルとメンタル、双方のレベルアップを目指す。

「外国人選手でも、1発のタックルで仕留められるようにフィジカルを強化したい。メンタル面は、ミスすると気持ちが落ちてしまうのが改善点。できなかったことにフォーカスして必死に練習したい」

毎試合、成長するのが目標だ。

🔗 Facebook ★富士通フロンティアーズ
🔗 Twitter ★公式アカウント
🔗 富士通FRONTIERS★パールボウル2017&東日本交流戦特集
🔗 富士通アメリカンフットボール部 FRONTIERS HP