DB#36湯川季輝選手「器用なタイプではありません」


6月9日(土曜日)に開催された東日本交流戦、オール三菱ライオンズとの対戦は大量得点に無失点。チームとしてはこの上ない結果にも、「アピールが足りない」と唇を噛むのはDB#36湯川季輝選手。スターターの座を奪うことが目標だ。

「器用にプレーするタイプではないのですが、ポジションの中では当たりは強い方。自分のストロングポイントとしてアピールしていきたい」

ライオンズ戦では、#44趙選手がパントブロックしてエンドゾーンに転がったボールを湯川がリカバーし、タッチダウンを記録した。

「単純に運が良かっただけ。でも学生時代からああいったラッキーなプレーがある方なんです」

秋のリーグ戦に向けて、

「コーチから『試合に出したい』と思ってもらえるようにしっかりアピールしたい。タフな練習をして勝ちきれるようになりたい」

と抱負を語ってくれました

🔗 Facebook ★富士通フロンティアーズ
🔗 Twitter ★FRONTIERS公式アカウント
🔗 富士通アメリカンフットボール部 FRONTIERS HP


LB#44趙翔来選手「心は休まず準備を進めます」


オール三菱ライオンズ戦は、前回のオービックシーガルズ戦で出た課題をクリアして前に進むことがテーマ。そう話してくれたのは、今季バイスキャプテンを務めるLB#44趙翔来選手。

「今日の試合では、課題をクリアできたり、また新たな課題が出たり、皆が今後の練習につながる経験ができたと思います。個人的にも1対1で勝ててない場面があり、それが課題になりました」

秋に向けての抱負を聞くと、

「今日試合が終わり、秋の開幕までには時間がありますが、すぐに準備をしなければならないと思っています。体は休めながらも、心はすぐに準備を進めたい」

と話します。

休む間もなく、3連覇へ向けた戦いがはじまっています

🔗 Facebook ★富士通フロンティアーズ
🔗 Twitter ★FRONTIERS公式アカウント
🔗 富士通アメリカンフットボール部 FRONTIERS HP


【東日本交流戦2018】オール三菱ライオンズ試合レポート公開!


6月9日(土曜日)に行われたオール三菱ライオンズとの試合は、たくさんの選手が出場し経験を積み重ねました。そしてテーマを持って取り組み秋季へ繋がる勝利をあげました!

秋季リーグ開幕まで、トレーニングを強化して開幕に備えます!
引き続き、富士通フロンティアーズを、どうぞよろしくお願い致します。

試合レポートを公開しました。是非、チェックしてください!
🔗 東日本交流戦 vsオール三菱ライオンズ

🔗 富士通FRONTIERS★パールボウル2018&東日本交流戦
🔗 Facebook ★富士通フロンティアーズ
🔗 Twitter ★FRONTIERS公式アカウント
🔗 富士通アメリカンフットボール部 FRONTIERS HP


試合時イベント「ありがとうDay」詳細


パールボウル出場を逃し、この交流戦に臨むこととなったフロンティアーズ
いつも背中を押して応援してくださるフロンティアーズファミリーのみなさん、そしてアメリカンフットボール🏈を好きでいてくれる全てのみなさんに、少しでも「ありがとう」の気持ちを伝えたいという想いから企画された「ありがとうDay」を実施いたします。

赤丸 試合前イベント
「ありがとう写真展」
選手からのメッセージフォトを掲示します!
試合中は見られない選手の優しい笑顔が見られたり
このメッセージフォトは、試合後にサイン会場横にて、希望者にプレゼント致します。

赤丸 試合中イベント
この日の試合はいつもと違う!?
タッチダウンやターンオーバー等のビッグプレーのあと、選手からステキなプレゼントの投げ込みが!?
(無理なお席の移動はご遠慮下さい。)

赤丸 試合後イベント
この日のサイン会はフロンティアーズのオールスターが登場!!
人気のあの選手達のサインを一気にゲットする大チャンス
(サイン会の参加メンバーは、試合前日6月8日にTwitterにて発表致します。)

この「ありがとうDay」を通して、フロンティアーズの想いが伝わると嬉しいです。
そして、これからもアメリカンフットボールという競技を通して、応援してくださる皆様に、感動や勇気を与えることができるよう、チーム一同努力して参りたいと思います!
本当にいつもありがとうございます

🔗 今だけ年会費割引中ファンクラブの入会はコチラ

🔗 富士通FRONTIERS★パールボウル2018&東日本交流戦
🔗 Facebook ★富士通フロンティアーズ
🔗 Twitter ★FRONTIERS公式アカウント
🔗 富士通アメリカンフットボール部 FRONTIERS HP


K#25大塚健一選手「落ち着いて蹴れました」


「最初のキックはボールの下を蹴ってしまって思うように飛ばなかった」

オービックシーガルズ戦をそう振り返るのは、キッカー#25大塚健一選手です。

この日は、キックオフにパント、フィールドゴールも任され、2Qには36ヤードのFGを成功させました。

「絶対に点を取らなきゃいけない場面。以前なら力んで失敗することもあったけど、今日は落ち着いて蹴ることができました」

課題は飛距離を伸ばしつつ、精度を上げること。

「無風であれば50ヤードまでなら自信があります。富士通スタジアムは風が強いけど、その苦手意識もなくなってきました。あとは、強い気持ちをもって蹴るだけ。ちょっとやそっとじゃ動じない、ハートを鍛えていきたいです」

実績のある先輩キッカーたちを脅かす存在だ。

🔗 今だけ年会費割引中ファンクラブの入会はコチラ

🔗 富士通FRONTIERS★パールボウル2018&東日本交流戦
🔗 Facebook ★富士通フロンティアーズ
🔗 Twitter ★FRONTIERS公式アカウント
🔗 富士通アメリカンフットボール部 FRONTIERS HP