WR#19小梶恭平選手 センスとスピードが持ち味


「自分の思い通りのプレーができなかった」

と、試合後反省しきりだったのはWR#19小梶恭平選手

オービックシーガルズ戦でキックオフ・リターナーとして18ヤードを獲得したもののレシーブはなく、納得のいくプレーができませんでした

「自信を持っていた1対1で負けていたり、ツメがあまかったり、相手が想像以上の部分もあって自分の思い通りのプレーができませんでした。秋シーズンには、今回の経験を生かして成長し、QBから信頼を得て、パスターゲットになれるようにしたい」

と、やるべきことが明確になった様子。強みはセンスとスピードです

「スピードに自信があります。うまく自分の持ち味をチームにフィットさせたいですね。今後は、今日みたいに悪い流れになっても自分のプレーで雰囲気が変える、チームを鼓舞するようなプレーがしたいです


🔗 【富士通CM】 スポーツ篇「挑戦は終わらない」30秒
🔗 【富士通CM】 スポーツ篇「挑戦は終わらない」60秒

🔗 後援会・ファンクラブの専用サイトはコチラ

🔗 Facebook ★富士通フロンティアーズ
🔗 Twitter ★FRONTIERS公式アカウント
🔗 富士通アメリカンフットボール部 FRONTIERS HP


DB#17海島裕児選手 勝負の3年目


「負けてしまったので、悔しい。力不足を痛感した」

と、オービックシーガルズ戦を振り返るのはDB#17海島裕児選手
この日はロスタックルを決めた一方で、課題も多く出た結果となりました。

「いいプレーもありましたが、もっとできたと思うことも沢山あります。1対1で負けないことが前提ですが、狙いを持ってプレーができたなら結果が変わっていたかもしれません」

3年目を迎えた今シーズンは結果を残したいと強い気持ちで挑んでいます。

「1年目は登録されず、2年目の昨年は鎖骨を折ってプレーができませんでした。怪我も治った今年はチームに貢献するプレーがしたいです」

持ち味は思い切ったプレー

「アグレッシブに、ボールに絡むプレーがしたい」

ディフェンスの最終ラインからチームを盛り上げていく


🔗 【富士通CM】 スポーツ篇「挑戦は終わらない」30秒
🔗 【富士通CM】 スポーツ篇「挑戦は終わらない」60秒

🔗 後援会・ファンクラブの専用サイトはコチラ

🔗 Facebook ★富士通フロンティアーズ
🔗 Twitter ★FRONTIERS公式アカウント
🔗 富士通アメリカンフットボール部 FRONTIERS HP


【パールボウル2019】準決勝・オービックシーガルズ戦レポートを公開


6月2日(日曜日)に行われたパールボウル準決勝・オービックシーガルズとの一戦は、勝利することができませんでした。この試合で浮き彫りになった問題点を秋季リーグでは改善できるよう準備をしたいと思います。

秋季リーグ発表までお待ち下さい。
引き続き、富士通フロンティアーズを、どうぞよろしくお願い致します。

試合レポートを公開しました。是非、チェックしてください!
🔗 準決勝 vsオービックシーガルズ


🔗 【富士通CM】 スポーツ篇「挑戦は終わらない」30秒
🔗 【富士通CM】 スポーツ篇「挑戦は終わらない」60秒

🔗 後援会・ファンクラブの専用サイトはコチラ

🔗 Facebook ★富士通フロンティアーズ
🔗 Twitter ★FRONTIERS公式アカウント
🔗 富士通FRONTIERS★パールボウル2019
🔗 富士通アメリカンフットボール部 FRONTIERS HP


QB#12平本恵也選手「パーフェクトシーズン!」


「ゲームには勝利はしたものの、自分たちのやりたいことができてなかった反省点の多いゲーム。相手の出方やプレーを気にするのではなく、まずは自分たちのプレーをすることに集中したい

そう話すのはQB#12平本恵也選手です。勝ち続けるには変化が必要、その変化をチームにもたらせたらと今季はバイスキャプテンを務めます

「QBはチームの顔といっていい存在感の大きいポジション。『控えだから』と中途半端にやっていては、チームのスタンダードが下がってしまう」

と、より一層責任感をもって取り組みたいと語ります。
また春のパールボウルは2010年以来優勝から遠ざかっていることにも言及し、

「負けていい試合はありません。パーフェクトシーズンを目指し、次戦も勝ちにこだわっていきたい」

と、力強く話してくれました


🔗 【富士通CM】 スポーツ篇「挑戦は終わらない」30秒
🔗 【富士通CM】 スポーツ篇「挑戦は終わらない」60秒

🔗 後援会・ファンクラブの専用サイトはコチラ

🔗 Facebook ★富士通フロンティアーズ
🔗 Twitter ★FRONTIERS公式アカウント
🔗 富士通FRONTIERS★パールボウル2019
🔗 富士通アメリカンフットボール部 FRONTIERS HP


DB#8小椋拓海選手「感性を武器にスターターになる!」


「キックやディフェンスでビッグプレーのチャンスはあったものの、前半は活かしきれなかった

と、5月18日に開催された東京ガスクリエイターズ戦を試合後に振り返ったのは新人のDB#8小椋拓海選手

コーチから「思いっきりいけ!」と言われて緊張がほぐれ、後半はキックでリターナーに一番にタックルするシーンが見られました。

「フロンティアーズのディフェンスはここ数年メンバーが変わっていない。『秋にはスターターになる』という強い気持ちをもって、貪欲に狙っていきたい」

と話します。

小椋選手の魅力はクイックネスとアグレッシブさ、そしてスピードです。
セーフティとしてディフェンスの最後尾を守りながらも、一気に前に上がってタックルするシーンも珍しくありません。さらに、フットボール歴は小学4年生からと経験豊富な点も魅力です

「長くアメフトをやっているので、その感性を活かしたい」

という小椋選手のプレーに注目


🔗 【富士通CM】 スポーツ篇「挑戦は終わらない」30秒
🔗 【富士通CM】 スポーツ篇「挑戦は終わらない」60秒

🔗 後援会・ファンクラブの専用サイトはコチラ

🔗 Facebook ★富士通フロンティアーズ
🔗 Twitter ★FRONTIERS公式アカウント
🔗 富士通FRONTIERS★パールボウル2019
🔗 富士通アメリカンフットボール部 FRONTIERS HP