富士通フロンティアーズ×川崎フロンターレ特別企画 キャプテン対談(後編)富士通フロンティアーズ 宜本×川崎フロンターレ 小林


アメリカンフットボールのXリーグで11月10日クォーターファイナルでオール三菱ライオンズに勝利し3連覇にまた一歩近づいた富士通フロンティアーズ(以下、フロンティアーズ)、同日にサッカーJ1リーグで史上5クラブ目となる連覇を果たした川崎フロンターレ(以下、フロンターレ)。両チームでそれぞれ主将を務める宜本潤平選手小林悠選手とのキャプテン対談の後編では2選手の共通点、それぞれが抱く互いの競技について語り合いました。[2018年10月末に実施した富士通社内報企画]

――お二人は競技の試合をテレビ観戦しますか?

宜本:アメフトばかりであまり見ませんが、サッカーの日本代表戦は見ています。
小林:僕はテレビ自体を見ませんが日本代表戦だけは見るようにしています(笑)。試合前にサッカーの映像を見ている選手もいますけど。じっとしていられないので見るよりもプレー派ですね。宜本さんは見ますか?
宜本:僕はアメフトがめっちゃ好きなので、他のチームや大学の2部、3部の試合をはじめ高校生の試合までも見ています(笑)。(チームで一番のアメフト通と有名)
小林:正反対ですね。サッカーは大好きですが見るよりプレー派なので(笑)。
宜本:自分が高校時代のときに弱かったチームが、今は強くなって優勝しているのは何が変わったんだ?という疑問のような情報が好きなんです。その情報をチームメイトに話ししてもあまり喜ばれませんが(笑)。
小林:すごいなぁ。海外サッカーをよく見ている憲剛さんタイプですね。

――宜本選手はプロフィールに「チームへの一途な愛」と書かれています。小林選手は2016年のオフシーズンに「チーム愛から残留した」と有名ですが・・・

小林:素直にフロンターレが好きなので、フロンターレでタイトルが取りたいと思う気持ちが強く大きかったからです。

――格好良過ぎますね。お金ではないということですか?

小林:いや、ちょっとは揺れました(笑)。
宜本:サッカーはプロスポーツの世界なので、その感覚は企業スポーツのアメフトにはわかりませんね。

――現在、フロンティアーズは黄金期を迎えていますよね?

宜本:僕が入るまでは日本一になったことがなくて、創部30年目の2014年シーズンに初めて日本一に。アメフトも2位が多かったのですが、最近は4年間で3回も日本一になることができて波に乗っていますね。

――折角なので、お互いに質問をどうぞ!!

小林:企業スポーツの世界を知らないので教えてください。仕事だけで給料をもらっているのですか?
宜本:はい、仕事の給料だけでアメフトでは一切もらっていません。
小林:えっ、どれだけ活躍しても?
宜本:はい、関係ありません。日本一になってもボーナスは上がりません。チームとしては社長賞をいただきますが祝勝会を開いて職場の上司などに感謝を伝えて終わりです。
小林:試合へのモチベーションはどのように上げるのですか?
宜本:フロンターレさんでは考えにくいですよね。好きなアメフトをやりたいということと、良い試合をしてお客さんに楽しんでもらってアメフトがもっとメジャーになってほしいと思っています。
小林:それは難しいなぁ。普段はどんな仕事をしているのですか?
宜本:少し前までは営業、今は総務部門で施設の管理を担当しています。たとえば、フロンターレさんのクラブハウスの床がずれたら、業者に修理を依頼したり(苦笑)。選手は社員なので週5日の仕事を4日でこなし、練習時間に充てる生活を送っています。
小林:それは大変ですね。
宜本:決勝は12月末、仕事も年末が忙しくなるので、職場に理解してもらわないと成り立ちませんし、休日はオフシーズン期間しかありません。
小林:どのくらいの練習をしているのですか?
宜本:朝9時に集まり、14時~15時まで全体練習です。
小林:同じくらいですね。
宜本:全体練習後、各自がケアやウエイトトーレニングをします。
小林:いやー、それは大変ですよね。
宜本:プロならば怪我をしたら毎日をケアに充てられますけど、肉離れしていても怪我していても仕事はできるので、松葉杖ついてお客様先に向かいます。選手は平日の使い方が大事で、業務終了後などにどれだけのケアやトレーニングができるかを考えています。
小林:松葉杖で来られたら、相手もびっくりしますよね。す、すごく大変ですね・・・
宜本:お酒は飲まれますか?飲酒禁止ですか?
小林:自由ですが、ほとんど飲みません。土曜日、水曜日、土曜日と連戦が多いので、飲む時間がありません。何ヶ月かに1回の決起集会でブラジル料理を食べに行き、ちょっと飲んで、というのはあります。でも僕は好きではないので飲みませんね。
宜本:アメフトの試合は2週間に1回のペースで連戦という感覚はないので、試合後にバーンと行けるんですよ(笑)。
小林:それは、めちゃくちゃ行けますね(笑)。
宜本:でも、日曜が試合だと翌日の月曜は朝から仕事なので・・・。
小林:アメフト選手は飲むイメージがあります。
宜本:飲む人は飲めますね(笑)。話は変わりますが、試合結果が悪いときは中2日で変えられるものですか?
小林:メンタルですか?大丈夫です。逆に連戦のほうが良いです。1週間もやもやしているよりも、すぐに切り替えられるので。
宜本:それでも、負けの連鎖に入ると抜け出すのはなかなか難しそうですね。
小林:2011年シーズンは8連敗しましたから。
宜本:そのときの雰囲気は最悪でしたか?
小林:相当悪かったです。監督も気を遣い、練習でサッカーバレーをして楽しい雰囲気にしようとなっても、みんなが楽しめず。そのときは何をしても勝てないんですよね。連敗するチームの気持ちもわかります。

――その時代からチームを取り巻く環境が変わりましたね。

小林:最近は1回負けただけで、すごく言われます。そこまで言いますか!っていうくらいに厳しくなりました(苦笑)。
宜本:プライベートで気をつけていることはありますか?
小林:特にありませんね。変装しないのでサポーターに「小林だ!」と言われたら挨拶しますし、買い物中にファンサービスをしていて子どもが脱走していくときもあります。でも、いつもありがとうございます、という感謝の気持ちで応えています。

――アメフトに興味を持っていただけましたか?

小林:試合観戦に行きたくなりました。11月25日、12月17日、それと年明けですね。
宜本:1月3日の日本選手権では学生日本一と戦います。社会人のレベルが上がっているので、ここ十年近くは負けていません。
小林:そうなんですか?

――小林選手に応援に来てもらうためにも、宜本キャプテンから日本選手権に向けての抱負をどうぞ!

宜本:一戦必勝の気持ちで、先を見ずに戦っていきます!

サッカーとアメフト、また、プロスポーツとアマチュアスポーツの世界は違えど、チーム愛の強い両キャプテンの胸に「FUJITSU」の文字が刻まれたユニホーム姿での対談は和やかな雰囲気で過ぎていきました。共通する子どもの近況まで話題は広がり、対談後にはシーズンオフに食事に行く約束を交わし、連覇を誓い合い終了となりました。

フロンティアーズの次戦は25日午後1時開始。社会人の頂点を目指すXリーグ・セミファイナルで、富士通スタジアム川崎でオービックシーガルズと対戦。フロンターレは24日午後2時から味の素スタジアムでFC東京と対戦。両チームの熱い戦いを是非、試合会場で応援をお願いします!!

最後になりましたが、
「フロンターレさん、J1リーグ連覇、おめでとうございます!!」
フロンティアーズも続けるようがんばります!

🔗 前編はこちら
富士通フロンティアーズ×川崎フロンターレ特別企画 キャプテン対談(前編)
富士通フロンティアーズ 宜本×川崎フロンターレ 小林


🔗 後援会・ファンクラブの専用サイトはコチラ

🔗 Facebook ★富士通フロンティアーズ
🔗 Twitter ★FRONTIERS公式アカウント
🔗 富士通アメリカンフットボール部 FRONTIERS HP
🔗 富士通FRONTIERS★Xリーグ2018特集


富士通フロンティアーズ×川崎フロンターレ特別企画 キャプテン対談(前編)富士通フロンティアーズ 宜本×川崎フロンターレ 小林


アメリカンフットボールのXリーグで3連覇を目指す富士通フロンティアーズ(以下、フロンティアーズ)。サッカーのJリーグで史上5クラブ目となる連覇を目前とする川崎フロンターレ(以下、フロンターレ)。

シーズンもいよいよ佳境に入った両チームでそれぞれキャプテンを務める宜本潤平選手小林悠選手

今回、富士通社内報企画にて、2人のトップアスリートが競技の枠を超え、リーダー論からチームを背負う覚悟などを語り合いました。2018年10月末に実施。

――これまでの振り返りを・・・

宜本:Xリーグでは強いチームとの接戦が続いていますが、粘り強く戦えた結果として6戦6勝でプレーオフに進出することができました。
小林:シーズン序盤はなかなか勝ち点を積み重ねられませんでしたが、中盤以降は負けの試合は少なく、チームとしての攻撃も明確になり、強いフロンターレを見せられています。

――フロンターレは序盤苦戦し、初制覇をもくろんだアジア・チャンピオンズ・リーグ(ACL)では3分け3敗で1次リーグ敗退。キャプテンとしてはどのように受け止めたのでしょうか?

小林:勝てないときこそ下を向いている時間はないと負け試合は忘れて、負けた後の次の練習でどのようにチームの雰囲気を明るくもっていけるかと切り替えることを特に意識していました。

――キャプテンはそれぞれ2年目、宜本選手は立候補されたそうで?

宜本:フロンティアーズでキャプテンを決めるときはまず立候補を募り、いなければ投票で決まります。1年目から練習中に「もっとこうした方がええんちゃうか」と口に出して提案するタイプでした。2017年は在籍5年目のシーズンで、ちょうど上下の世代が各30人いて、自分は真ん中の年代。今まではベテランの選手がキャプテンをやっていましたが、それではチームが変わらないので、思いきってやってしまおうと立候補しました。
小林:立候補って・・・すごいですね。ほんとすごいとしか言えません。

――小林選手は、どうでしたか?

小林:僕は鬼木監督から「やってもらえるか?」と言われまして。
宜本:指名制なのですね。
小林:自分でもやりたいと思っていました。チームがタイトルを取れない中、自分ならばチームにタイトルを取らせることができるかもしれない、と最初は少し軽い気持ちでした。実際、キャプテンをやると苦労が多くて大変ですね。

――その苦労は想像通りでしたか?

小林:自分のポジションが得点を取るFWなので「自分が、自分が」というところを出さないといけませんし、キャプテンとしてはみんなとの調和を考えねばならない。自分のゴールとチームの間に挟まれているところがキャプテンとしての難しさでもありました。そして、負けた試合で誰よりも先に先頭に立って歩かないといけないという重みを(中村)憲剛さんがずっとやってきたのかと思いをはせると、すごく苦労していたんだなと感じました。
宜本:キャプテンをやり始めたときは怪我によりプレーできず、みんなの前で話をしてもフィールドの熱はわかりませんし、練習終わりに話をしても自分の気持ちも乗らず、きれいごとばかり並べていたので当然、選手たちには響かなかった。その状況が続いていたときに、ベテランで前キャプテンの鈴木將一郎選手から「このままではまずいぞ。おまえがキャプテンをやっている意味がないぞ」とアドバイスをもらい、歴代のキャプテンたちと食事に行き相談に乗ってもらいました。その後、練習を再開し、言葉に思いを乗せることができるようになると、少しみんなと違う考えを言っても何かしら響くものがあり、「それはちゃうやろ」という返答も聞けるようになりました。怪我をしていたときは、きれいごとを言っていたので、返ってくる言葉などなく苦労しました。

――先輩との食事の話が出ましたが、小林選手は?

小林:憲剛さんとは家族ぐるみの付き合いをしていて仲も良いので行きます。辛いことがあったときはキャプテンとしての全てを相談していました。

――あらためてキャプテンとして意識していたことは?

宜本:キャプテンだからこうしようと意識することはやめようと、思ったことをそのままストレートに言い、それをフィールド上で体現するだけでした。みんなの前で話すのがうまくないので、副キャプテンたちにフォローしてもらっていました。
小林:フロンターレはうまい選手がそろっていて、自分はキャプテンだから一番うまいというわけじゃない。キャプテンというのは、どれだけ勝ちたいかという気持ちをチームに見せられるか。球際で激しく戦うところ、勝つことへの執念を誰よりも見せることを意識していました。

――最近はリーダータイプのキャプテンより、ボトムアップ型のまとめ役が求められていると聞きます

宜本:1年目、2年目の若い選手の意見はよく聞くようにしています。意見を聞かず、考えに隙間ができると気持ちが落ちていくだけでチームとしても士気が下がりマイナスになります。キャプテンを希望した理由はベテランや若手両方の意見を聞けるからで、そこは意識的にしています。
小林:引っ張るという意識は強いですが、自覚ある選手が多いので、自分が引っ張るというよりゴールを決めることに専念した方がチームとしてうまく回ると感じました。(2017年シーズンは23得点を決め、初の得点王。最優秀選手にも輝く)それでキャプテンとして優勝に導けたことだと思いますし、他は副キャプテンがまとめてくれたのが大きかったのではないですかね。

――理想のキャプテン像とは?

小林:ポジション柄、ゴン中山(中山雅史、現 アスルクラロ沼津)さん、佐藤寿人(現 名古屋グランパスエイト)さんのようなストライカーです。FWの選手が得点を取るとチームが勢いづきますし、強い気持ちをもってゴールに向かっていく姿勢がみんなを動かすと思っています。
宜本:具体的にはないですね。自分にないものを伸ばしていけたら理想のキャプテン像になるのではないかという考えなので、プレーでみせて、みんなについてきてほしいです。自分ができない、冷静にチームを見て「いま、こうするべきだ」といえるキャプテンはすごいですね。そういうことができるようになれば、自分のキャプテンの幅が広がると思います。

――年齢差で言い方を変えたりもしますか?

小林:それはありますね。アメフトは60人もいるんですか?
宜本:70人強ですね。
小林:すごい。それでキャプテンは大変ですね。
宜本:サッカーは何人くらいですか?
小林:30人くらい。
宜本:じゃあ、ほぼ倍ですね。年齢層は? 一番上は何歳くらいですか?
小林:38歳、憲剛さんが・・・一人だけ長老なので。
宜本:下は何歳から入ってくるんですか?
小林:18、19歳・・・
宜本:そこは全然違いますね。僕らは大学を卒業した22、23歳・・・上は、39歳。ずば抜けた長老がいますけど。若い選手が多いじゃないですか、フロンターレさんの方が。19歳とか。そうなると、ちょっと話し方が分からないですね。
小林:同じ、同じ。全然違いますよ、僕らが若いときとは。

――どう違いますか?

小林:18歳の若者が30歳のベテランとロッカールームで2人きりになったら、鼻歌を歌ったりはできなかったですよね。静かに時が経つのを待つような緊張感で。でも、ジェフ(タビナス・ジェファーソン)っていう選手は一人で大きな声をだして歌うんですよ。
宜本:フレンドリーそうですね。
小林:ジェフをみていると、すごいって思いますね。
宜本:19歳には何も言えないですね。苦笑

――選手の性格をどのように把握しますか?

小林:選手たちは仲が良いので食事に行ったときに話をします。厳しく言ったほうが良いのか、まじめなタイプの選手には考え込ませないように楽な感じで言うべきか、年齢というよりも選手それぞれの性格に合わせています。

――アスリートとして勝つ喜びは何ものにも代え難いものですか

宜本:東京ドームでの決勝は観客が2~3万人集まります。そんな中で勝ったときの歓声はどんなものにも代えられないのでアメフトを続けています。アメフトの世界は学生で辞める人が多いですが、続けないのはもったいないなぁと。社会人になって、こんなに喜べることは少ない。2~3万人の歓声を聞かずして辞められないですね。寂しくなるのでまだまだ引退したくありません。笑
小林:優勝したくてずっとプレーしてきましたが、昨年リーグを制して、みんなで祝えたときは「死ぬまで、この感覚を忘れないのだろうな」というくらい感動しました。本当にサッカーをやってきて良かったと思いますし、いろんな人への感謝の気持ちが沸いてきました。

――優勝して燃え尽きることは?

小林:ないですね。そうは言ってもまだタイトルは一つだけですし、悔しさもあるので満足することは絶対にありません。
宜本:はい、燃え尽きることはないですね。ただ、社員として働いているので引退しても今の生活が崩れるわけではなく、優勝して終わろうと引退を選ぶ人もいます。

――3万人の大観衆に囲まれてプレーするのは、どんな気持ちですか?

宜本:すごいです。フィールドに立っていると30センチ離れた距離の会話も通らない。あの歓声は本当にすごいですね。

――フロンターレも、チケットが毎試合完売になるほどの大声援を受けてますよね?

小林:ここまで人気が出たのは僕たちの力ではなく、スタッフの人たちが集客のためにいろんなイベントをしてくれるので、選手だけでなく他の努力も実ってサポーターが増え、その結果、熱い声援を受け、チームも勝つという好循環で、チームとして大きくなっていることを感じますね。

――大きな声援で背中を押される感覚でしょうか?

小林:はい。辛くてきつくても、チャンスになって沸き立つ声援や得点後の盛り上がりは体を突き動かします。引退したら感じられなくなるので、何をしてこの興奮を感じればいいのかと思うこともあります。
宜本:しんどい試合ほど声援が力になりますね。しんどいときの声援はもっとできる、やらないといけないと心を奮い立たせてくれます。サッカーも流れがあると思いますが、良いプレーをして観客が盛り上がると、相手がやられてしまったと気落ちするところがありますよね。流れを持ってこられますから。
小林:わかります!!

――フロンティアーズはこれから一発勝負のトーナメントに舞台を移します。心がけていることはありますか?

宜本:勝っても負けても、良くも悪くもプレーがすぐに切れるので、その1プレーに集中する。藤田ヘッドコーチがよく言うのが「その1プレーの、最初の一歩、一歩目に集中しろ」と。先のことを考えると、その一歩がおろそかになり負けてしまうので意味がない。結果的に「今に集中したほうが勝つ」、と思います。

――残り試合も少なくなったフロンターレも心境としては一発勝負の気持ちですか?

小林:一歩目じゃないですけど、その試合のスタートにしっかり集中することで自分たちの力も出せると思います。(3日のホーム柏戦では3―0で勝利を収め、連覇に王手をかけた)

両チーム共に、次の試合は10日午後2時開始。社会人の頂点を目指すXリーグ・クォーターファイナルで、フロンティアーズは横浜スタジアムでオール三菱ライオンズと対戦。フロンターレはヤンマースタジアムでのセレッソ大阪戦で勝利を収めると、2試合を残してリーグ連覇が決まります。
貴重な瞬間を見逃さないように是非、試合会場で応援をお願いします!!

来週掲載予定の後編も、お楽しみに!!

🔗 後編はこちら
富士通フロンティアーズ×川崎フロンターレ特別企画 キャプテン対談(後編)
富士通フロンティアーズ 宜本×川崎フロンターレ 小林


🔗 後援会・ファンクラブの専用サイトはコチラ

🔗 Facebook ★富士通フロンティアーズ
🔗 Twitter ★FRONTIERS公式アカウント
🔗 富士通アメリカンフットボール部 FRONTIERS HP
🔗 富士通FRONTIERS★Xリーグ2018特集


富士通チアリーダー部紹介


みなさん、こんにちは

今回は富士通チアリーダー部 フロンティアレッツのバイスキャプテンの藤本朝子(ふじもとあさこ)さんにチア活動やフロンティアーズへの熱い想いをインタビュー&新人紹介一問一答では齋藤彩綾(さいとうさあや)さん、田中新子(たなかわかこ)さんをご紹介

いつも試合会場を盛り上げてくれる彼女たちのパフォーマンスはフロンティアーズにとって大きな力になっています。
フロンティアレッツでの活動やフロンティアーズに対する熱い想いを聞きました。


【藤本朝子さん(バイス)インタビュー】

――お名前と役職を教えてください

バイスキャプテンの藤本朝子(ふじもとあさこ)です。

――実際に試合当日どんな役割を担当してらっしゃるか教えてください

事務的なところでいうと全体のタイムスケジュールを把握して各メンバーに共有したり、臨機応変な対応が求められた際はキャプテンと一緒に最終的な判断をします。あとはルーキーや若手のメンバーへチームの志気を高めるための声掛けを意識しています。

――フロンティアレッツの踊りや活動に関するコンセプト(スタイル/テーマ)を教えてください

フロンティアレッツはコーチやディレクターがいないので、OGの先輩方のお力添えを頂きながら、振り付けを考えたり、全体のチーム運営を現役主体で活動を進めているのが特徴です。会場を盛り上げ、選手の方々に少しでも大きな力を届けられるように日々試行錯誤しています。

――やりがいってどこでしょう?

試合の際に私たちの声掛けに合わせて、ファンの方々と一体となって応援しているときです。
特に富士通スタジアム川崎はファンの方との距離が近いので、ファンの方の笑顔を間近で見れた時にチアをやってきてよかったなと思います。

――つらいことはないですか?

入部当初はチア活動とプライベートの両立が大変だなと感じていましたが、今はすごく貴重な経験をさせて頂いていると思っているので大変と感じることより、チア活動をしていて得られるやりがいや喜びの方が大きいです。

――チーム(フロンティアーズ)に対する想いを教えてください

どんなに劣勢であったとしても最後まであきらめない姿や力強いプレーは本当にかっこいいと思っています。
少しでもチームの力になりたいので、サイドラインから一つ一つのプレーに心から全力で応援しています。

――ファンに向けてのメッセージお願いします

今年のフロンティアレッツは新人4名を加えて総勢16名となります。
昨シーズンよりもより一層パワフルな応援をファンの方と一体になって、フロンティアーズに届けられればと思っていますので、よろしくお願いいたします。


【新人紹介一問一答】齊藤彩綾さん(新人)田中新子さん(新人)

◇齊藤彩綾さん

――お名前を教えてください

齋藤彩綾(さいとうさあや)です。

――アピールポイントを教えてください

ルーキーらしく皆様にフレッシュな姿をお見せできればと思っています。

――チア活動のやりがいを教えてください

新人ということもあり、まだわからないことが沢山ありますが、練習の際に全員で踊っている一体感を感じることができるのがチア活動の魅力だと思っています。

――衣装のポイントやこだわりを教えてください

今回、新しい衣装になり、個人的に好きなポイントとしてはフリフリがついているところです。

――踊りのポイントやテーマ、ここを見てほしい!といったところを教えてください

1曲ごとにこだわりのポイントがあります。強めの曲調だとキリッとした表情とか、可愛い明るい曲の時はスカートがフリフリなので腰を振ったりするところを見て頂けると嬉しいです。

――今年の意気込みとファンの方にメッセージをお願いします

スタジアムを富士通カラーに染めて皆様と一緒に熱い応援ができるように一生懸命頑張りますのでよろしくお願いいたします。

◇田中新子さん

――お名前を教えてください

田中新子(たなかわかこ)です。

――アピールポイントを教えてください

笑顔です。技術的な面ではまだまだ先輩方には及びませんが、試合を観戦に来ていただいた方に笑顔が一番良かったと言っていただけるように頑張りたいと思っています。

――チア活動のやりがいを教えてください

今までダンスをしてきて、チアは初めてなのですが、ダンスを通じて選手やお客様を元気づけられることにやりがいを感じています。
少しでも多くの方に元気を与えることができるパフォーマンスができればと思っています。

――衣装のポイントやこだわりを教えてください

白がメインの衣装なので、チームカラーの赤いポンポンがすごく映えて、赤と白のコントラストがすごく気に入っています。

――踊りのポイントやテーマ、ここを見てほしい!といったところを教えてください

試合でフロンティアーズがタッチダウンを決めた際にするフープ(TOUCH DOWNと書いた円盤)を使ったパフォーマンスがあるのですが、面を揃えられるように一生懸命練習してきたので是非みてほしいと思っています。

――今年の意気込みとファンの方にメッセージをお願いします

フロンティアーズはファンの方がたくさんいるので、ファンの方一人一人の声援をさらに大きくして、選手の方々に届くように少しでも力になれればと思っています。


フロンティア―ズは本当に多くの方に支えられています!
いつも熱い応援をしていただいているファンの方、フロンティアレッツの想いに応えられるように一つ一つのプレーに全力を尽くしたいと思っています。試合で恩返しができるように選手・スタッフ一同一丸となって頑張っていきますので、今後ともよろしくお願いいたします。

🔗 ★★Frontierettes HP★★
GO GO FRONTIERS!!

🔗 Facebook ★富士通フロンティアーズ
🔗 Twitter ★ FRONTIERS公式アカウント
🔗 富士通アメリカンフットボール部 FRONTIERS HP


コーチ平井基之のチャレンジ


5月21日(日)の試合は、「チャレンジの日」というイベントテーマになっています。
そこで、この「チャレンジの日」にちなみ、フロンティアーズメンバーの新たなチャレンジについてご紹介します!
🔗「チャレンジの日」イベント情報詳細はコチラ


昨シーズンで現役選手を引退し、今年からコーチとして、新たなるスタートを切った平井基之DLコーチ。選手時代とは全く別のミッションを背負う彼のチャレンジについて、マネージャー田中美久🙋🏻が聞いてみた。

――現役時代から「引退後はコーチになろうと考えていましたか?

引退前から考えてた。
2011年のW杯の後ぐらいから「フットボールをいつまでやるんかな」みたいな感じで徐々に考え始めた。フットボールに関わって、これまで色々な経験して、フットボール以外の部分でも成長させてもらったと思っていて。コーチになったのは、フットボール界の発展やフロンティアーズの強化の為に、何か恩返ししたいという気持ちがあったから。人に教えるということも嫌いじゃなかったし。

――実際にコーチ業はどうですか?

大変やな!(笑)
自分で自分の動きを評価するのは簡単だけど、他人の動きを評価することは案外難しくて。選手が良くないプレーをした時に、「なぜこう動いたのか?」とか「なんでこの癖が直らないのか?」という事をコーチが理解しないと、改善に向けたアプローチができないと思うし。しっかり理解してから伝えてあげるようと思って。

難しさの半面、教えた選手が良いプレーをしたり、指摘した点が直っていたりすることは、とても嬉しい!自分が良いプレーした時とは比べられないけど、意外と同じくらいの嬉しさかもしれない。先日の試合での#43高谷のサックは嬉しかったな。

――コーチ1年目、今年の目標は?

担当しているポジションの選手を活躍させること。彼らをどれだけ成長させることが出来たかというのが、コーチとしての自身の評価だと思うし。だから担当ポジジョンに責任を持って取り組みたい。Japan X Bowl(社会人選手権)かRice Bowl(日本選手権)で、教えているポジションの選手がMVPに選ばれるとかが、具体的な目標かな。

あと、自分自身がコーチとして少しずつ学んでいくこと。藤田ヘッドコーチや延原ディフェンスコーディネーターから、色んなことを盗んで吸収する1年にしたい。

🔗 Facebook ★富士通フロンティアーズ
🔗 Twitter ★ FRONTIERS公式アカウント
🔗 富士通FRONTIERS★パールボウル2017
🔗 富士通アメリカンフットボール部 FRONTIERS HP


「対談企画(新人編)」#44趙×#47山岸


この春加入した、期待の新人10名。その中でも注目したいのは、LB(ラインバッカー)の2名だ。関東の強豪日本大学で主将を務めていた#44趙翔来、学生チャンピオンの関西学院大学で主将を務めていた#47山岸明生。

#44趙翔来
#44趙翔来
#47山岸明生
#47山岸明生

――入社前から面識はありましたか?

山岸:知っていたけど、絡む機会はなかった。1年の時から甲子園ボウルで対戦。
1年生で、ロスタックル1位、サック1位。すごいやつがいるなと。

趙:雑誌に春のシーズンから1年生でスターターとして出場したって載っていて、
単純にすごいなと思っていた。

山岸:4年の時は、結構意識していた。どうやってチームをまとめてるんだろうって。
歴代キャプテンは、どこの大学もラインが多かったので、LBがキャプテンというのは、あまりキャプテン像が見えず、自分としては、苦労したりもして。日大のキャプテンはどうやっているんだろうってすごく気になっていた。

――カレッジボウルで初めて仲良くなったと伺いました。

山岸:もともと関東出身なので、関東のチームのメンバーと仲良くなれて、
一緒にフットボールをやって、すごく楽しかった。

趙:実際に会ってみると、めっちゃデカイっていうのが第一印象。
山岸はカレッジボウルではゲスト的な立場だったので、来たときの威圧感はすごかった。

山岸:第一印象で損するタイプね。笑

趙:そう笑、でもすぐに馴染んでいて、「さすがだな~」と思った。意外とふざけるんですよ、この人。笑

――フロンティアーズに入ってからお互いのことをどう思いましたか?

山岸:大学1年の時にビデオ見ていて、ラッシュがすごいっていうイメージが強烈に残っていて、フロンティアーズでも、スピード・アグレッシブさですごく目立てている。これが彼の真骨頂だなあと、改めてあの時の感覚を思い出した。

趙:フットボールへの取り組みがすごい。最後までグランドに残って練習したり、何事にも自主的に取り組んだりという姿勢。やっぱりフットボールが好きで、本気でうまくなりたいと思っているんだろうなと。

山岸:これめっちゃ恥ずかしい。

趙:な。でも本当にそう思った。お世辞とかじゃなく。

――1年目の今シーズン、どんな1年にしたいですか?

山岸:#9宜本キャプテンのもと、「PROVE IT(証明する)」を掲げて臨むシーズン。僕自身も新人として、今年の取り組みでチームに対して証明したい。フレッシュさを出して日本一になりたい。

趙:今フロンティアーズにいるメンバーで日本一になっていないのは、僕たち新人だけ。
上手い下手関係なしに、新人らしく元気にプレーしたい。

山岸:そうだな、やっぱりまだ新人だし、遠慮してしまう部分があるから、元気にやりたい!


照れながらも真面目に答えてくれた二人。今後の活躍に期待!!

🔗 Facebook ★富士通フロンティアーズ
🔗 Twitter ★ FRONTIERS公式アカウント
🔗 富士通FRONTIERS★パールボウル2017
🔗 富士通アメリカンフットボール部 FRONTIERS HP