FFFC卒業イベント(2018後編)


後編は、小学生「チームキディフロンティアーズ」との試合をお届けいたします。

中学生チームの「ジュニアフロンティアーズ」に一歩及ばす、破れたフロンティアーズは、気を取り直してキディフロンティアーズに挑みます

キディフロンティアーズとの試合では、体格差が有りすぎるということで、フロンティアーズの選手達は「胸から下のボールしか取ってはいけない」というルールで試合を行います。

先行は、キディフロンティアーズ。
開始早々の初球、QBを務めている#11タキザワ君がいきなりのロングパス。惜しくもパスは通らなかったが、「小学生ってこんな距離投げれるの」とフロンティアーズのメンバーもビックリ。初球から圧倒され気味のフロンティアーズ。。。

続くフロンティアーズの攻撃。RB#32後藤のランの最中に、触れてもないのにフラッグがぽろっと取れるというアクシデントにサイドラインからは笑いが
地道に攻め込み、ゴール前で#10神山(恭)がふらふらになりながらもタッチダウン!フロンティアーズが先制

キディフロンティアーズのこのシリーズは、#27イイジマ君の巧みなステップが光ります。ショートパスとランでゴール前まで迫ると、LB#54高崎の横を抜かれ、タッチダウントライフォーポイントも見事に成功。

1点を追いかけるフロンティアーズは、ここでマネージャー柏原を投入。QBを務めるコーチ中澤から、OL#75勝山へのロングパスが決まり、最後はOL#57斎田がタッチダウン異常にボールが小さく見える・・・

再び逆転を狙うキディフロンティアーズは、ショートパスを操りゴール前へ。OL#70臼井のディフェンスで応戦するも、最後はパスでタッチダウン。

この後は、フロンティアーズ・キディフロンティアーズともにタッチダウンを奪い、得点は、19-19の同点。残り時間は、あとわずか。

フロンティアーズは、QB#12平本がDL#90藤谷にロングパスを繋げ、一気にゴール前へ。真ん中のパスターゲットに向かい投じたボールは、#18オカモト君の手の中に・・・・そのままインターセプトタッチダウン

19-25

劇的な敗北です~

2戦とも非常に悔しい結果になってしまいました・・・・。
キディフロンティアーズのみんな凄く上手でした

今回人一倍悔しそうな、#33高口フラッグキャプテンにインタビュー

「とても面白かったです!負けてしまって非常に悔しいですが、卒業生のみんなが楽しんでくれたようなのでよかったと思いますし、私達も改めてフットボールの楽しさを実感しました!みんなそれぞれ、今後の目標に向かって頑張ってほしいです!そして将来はフロンティアーズで活躍する姿を見たいと思っています!フロンティアーズ、チーム一同、応援しています

🔗 ファンクラブの入会はコチラ

🔗 Facebook ★富士通フロンティアーズ
🔗 Twitter ★FRONTIERS公式アカウント
🔗 富士通アメリカンフットボール部 FRONTIERS HP


FFFC卒業イベント(2018前編)


今年もFFFC(富士通フロンティアーズフラッグフットボールクラブ)の中学生チームの「ジュニアフロンティアーズ」と、小学生チームの「キディフロンティアーズ」の恒例の卒業イベントということで、現役フロンティアーズ選手とフラッグフットボールで真剣勝負を行いました。

今回は、RB#33高口和起がキャプテンを、中澤コーチがヘッドコーチを務めます

第一試合は、中学生「ジュニアフロンティアーズ」との対戦です。

ジュニアフロンティアーズの攻撃からゲームがスタート。
開始早々、大ベテランLB#45鈴木の守備をするりと抜け、パスを通したジュニアフロンティアーズが先制のタッチダウン

続くフロンティアーズの攻撃では、#18サイトウ君がQB#12平本をサック

勢いに乗ったジュニアフロンティアーズは、#11コンタ君から#39クロキ君へのロングパスが決まり、一気にゴール前へと攻め込む。フロンティアーズはDL#99髙橋が持ち前の鋭いラッシュでプレッシャーをかけるが、惜しくもタッチダウンを奪われてしまう。

攻守交替し、フロンティアーズの攻撃。ここでは、WR#9宜本がQBのポジションに入り、立て続けにパスを決めていく。最後はQB#18高木へのショートパスが通りタッチダウン

続く、ジュニアフロンティアーズの攻撃。このシリーズは、#45エノ君の巧みなステップが炸裂する。最後は、#89ヨシハラ君がパスキャッチを決め、見事にタッチダウン。

ここで負けられないフロンティアーズは、QB#12平本からWR#81中村に立て続けにパスを通し、3プレーでタッチダウンに。これには敵のジュニアフロンティアーズのメンバーからも保護者の方からも「さすがだわ~」と感嘆の声がちらほらと。

続くシリーズでは、ジュニアフロンティアーズは、#37ネギシ君が。フロンティアーズはWR#86森田が。共にタッチダウンを決め、点差が縮まらない・・・・・

残り時間もわずかとなり、ジュニアフロンティアーズは時間を消費しながら、ランとパスを織り交ぜ、ゴール前まで迫るが、ここでフロンティアーズディフェンスが奮起し、追加点を阻止。

最後のフロンティアーズの攻撃は、WR#81中村がパスチャッチし、ゴール前でフラッグを取られたと思い、止まってみたら、、、、、まさかの展開。
フラッグは取られておらず、そのままタッチダウン

1点差残り30秒。
トライフォーポイントで確実に1点を取り、同点でタイブレークに持ち込めば良いところ・・・フロンティアーズはツーポイントで勝ちに行くことを選択。真っ向勝負

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

27-28

ジュニアフロンティアーズの勝利・・・・・・・

悔しい悔しい敗北です。

ジュニアフロンティアーズのメンバーは、みんなスピードやテクニックが既に一流の選手で、「これからの活躍が楽しみだ」とフロンティアーズの選手達も口々に話していました
中には、「強くなって、いつかフロンティアーズに帰って来たい」と宣言してくれるメンバーもおり、将来のフットボールの背負う選手になってくれることに期待しています

🔗 ファンクラブの入会はコチラ

🔗 Facebook ★富士通フロンティアーズ
🔗 Twitter ★FRONTIERS公式アカウント
🔗 富士通アメリカンフットボール部 FRONTIERS HP


FFFC卒業イベント(2017後編)


後編は、小学生チームのキディフロンティアーズとの卒業イベントをお届けします

中学生チームのジュニアフロンティアーズには一歩届かず
気を取り直して挑むキディフロンティアーズとの真剣勝負

まず先制点を挙げたのは、キディフロンティアーズ
トライフォーポイントも決まり、いきなり7点を失ってしまいます。

そんな中、フロンティアーズは体格差でキディフロンティアーズ達を圧倒する作戦に
最前線には#92一木選手がどっしりと構えます

試合の途中には、この日ヘッドコーチを務めた、中澤コーチ自らが出陣
当時の豪腕そのままにパスを投込みます

試合時間残り4分となったところで、#99高橋のランで敵陣深くに進むと、、、
ここでこの日キャプテンを務めた、#5納所選手へのパス

ボールは見事に納所選手の手の中にすっぽりと納まり、逆転に成功

しかし、、、、、、

最後のディフェンスで、タッチダウンを許し、18-24。
逆転負け・・・・・・

ジュニアフロンティアーズに続き、キディフロンティアーズにも負けてしまいました

負けた後もクールな顔つきの納所キャプテンに話を聞いてみました。

今回はジュニア・キディ両方に敗戦という結果になり、本当に悔しい結果になってしまいましたが、楽しい時間を過ごすことが出来ました。
ありがとうございました
イベント後の卒業式では、ほとんどの卒業生が、「今後もアメフトを続ける」ということを宣言していました。
将来またフロンティアーズに帰ってきて欲しいと思っています。
卒業生のみなさん、頑張って下さい

🔗 Facebook ★富士通フロンティアーズ
🔗 Twitter ★公式アカウント
🔗 富士通アメリカンフットボール部 FRONTIERS HP


FFFC卒業イベント(2017前編)


今年もFFFC(富士通フロンティアーズフラッグフットボールクラブ)の中学生チームのジュニアフロンティアーズと、小学生チームのキディフロンティアーズとの卒業イベントとして、恒例の現役フロンティアーズとのフラッグフットボール真剣勝負をおこないました。

今年は#5納所選手がリーダーを、中澤コーチがフラッグヘッドコーチを務めました。

最初は中学生チームのジュニアフロンティアーズとの対戦です。
昨年、辛くも2度目の勝利をおさめたフロンティアーズですが、油断はありません

QBからWRへ、高さを生かしたロングパスで、フロンティアーズが先制

その後は一進一退🤼‍♂️の攻防を繰り広げる。

フロンティアーズは、強・中村・福井らへのロングパスによるタッチダウンで点数を積み重ねるものの、トライフォーポイントでは失敗が相次ぐ。
対するジュニアフロンティアーズは短いパスやランを多用したスピードフットボールで着実に得点を重ねる。

結果は、32対39・・・・
またしても一歩届かず、悔しい結果となりました

ジュニアフロンティアーズのメンバーは、高校生になっても、フットボールを続けるメンバーも多くいるようです
この日見せてくれた、スピードとテクニックがあれば、立派なフットボーラーになること間違いなしです
また、違った舞台で切磋琢磨できる日を楽しみにしたいと思います

後編は、小学生チームのキディフロンティアーズとの対戦の様子をお届けします

🔗 Facebook ★富士通フロンティアーズ
🔗 Twitter ★公式アカウント
🔗 富士通アメリカンフットボール部 FRONTIERS HP


FFFC卒業イベント(2016後編)


今回はFFFC(富士通フロンティアーズフラッグフットボールクラブ)の小学生チームのキディフロンティアーズとの卒業イベントの様子をお伝えいたします!

キディフロンティアーズに対しては、大きさで圧倒しようという、いつもの作戦で、LB(ラインバッカー)・DL(ディフェンスライン)・OL(オフェンスライン)を送り込みます^^

キディフロンティアーズのスピードに終始圧倒され続けるフロンティアーズ・・・
これは例年の嫌な予感?という展開・・・・

ここでフロンティアーズにも歓喜の瞬間が訪れます。
#77岩井選手のタッチダウン!!

しかし反撃もここまで。
28対6、フロンティアーズは敗北・・・

ジュニアフロンティアーズとキディフロンティアーズ、両方に勝つことはなかなか難しいな~としみじみ感じました。

一番悔しそうな中澤コーチに話を聞いてみました★

「全員で真剣勝負が出来たと思います。相手がとても良いチームだったので、苦戦しましたね。卒業生のみなさんはこれから新しい学生生活を頑張ってください。そしてフットボールを続ける人は、活躍して、またフロンティアーズに戻ってくることを期待しています」

来年はどんな試合になるのでしょうか?
ご期待ください

🔗 Facebook ★富士通フロンティアーズ
🔗 Twitter ★富士通フロンティアーズ公式
🔗 富士通アメリカンフットボール部 FRONTIERS HP