2019年キックオフパーティー会場レポート


8月1日(月曜日)に、汐留シティセンターにて2019シーズンキックオフパーティーを開催しました。
キックオフパーティーとは、日頃よりご支援いただいている会社関係者の皆様、選手・スタッフの上司の皆様、そして抽選で選ばれた後援会・ファンクラブの皆様とともに、開幕に向けて気持ちを高めるイベントです。

まず初めに、フロンティアーズの部長である山田厳英から「初戦から厳しい戦いになりますが、私たちは負けるわけにはいかない。負けるわけがない。必ず日本一を勝ち取りに行きましょう!」という強い決意が語られ、今年のキックオフパーティーが開会致しました。

新人紹介のコーナーでは、13名の選手が壇上へ上がり、新人らしくフレッシュな意気込みを宣言しました。
続く、フロンティアレッツのコーナーでは2名のルーキーが紹介され、「今年もスタンドにいる皆さんと共に全力でチームを後押し、勝利に貢献します!」と、頼もしく美しい挨拶がありました。

歓談中は、後援会・ファンクラブの方々からも激励をいただき、選手スタッフともに益々士気が上がる素晴らしい時間を過ごすことができました。

続いて、今年のチーム幹部が登壇。代表しキャプテンWR#9宜本潤平が「ONE FAMILYとなり、全員で日本一取りに行きましょう。今年もご声援よろしくお願い致します。」と挨拶させていただきました。
続いて登壇したのは、今シーズンからヘッドコーチに就任した山本。
「秋シーズンも変化を恐れずチャレンジしていきたい。皆様と共に一戦一戦大切に戦っていきたいと思います」と語りました。

最後に、副部長の吉田明宏より、「4連覇というよりも令和初優勝というつもりで頑張っていきましょう」
とお言葉をいただき、最後は一本締めで閉会となりました。

日ごろご支援いただいている皆様に感謝の気持ちをお伝えすると同時に、いよいよ厳しいシーズンが幕を開けるという緊張感と高揚感に満ち溢れた素晴らしいキックオフパーティーを行うことができました。

【X1Superレギュラーシーズン第一節】
8月24日(土曜)17:00KICK OFF
vsIBM BigBlue
@富士通スタジアム川崎


🔗 後援会・ファンクラブの専用サイトはコチラ

🔗 富士通FRONTIERS★Xリーグ2019特集
🔗 Facebook ★富士通フロンティアーズ
🔗 Twitter ★FRONTIERS公式アカウント
🔗 富士通アメリカンフットボール部 FRONTIERS HP


【パールボウル2019】予選ブロック第2試合・東京ガスクリエイターズ戦レポートを公開


5月18日(土曜日)に行われたパールボウル・予選ブロック第2試合・東京ガスクリエイターズとの試合は精度の高い安定したディフェンスと34得点のオフェンスで勝利しました!

次戦は6月2日(日曜日)14:00〜vs 未定(Bブロック 1位)、富士通スタジアム川崎開催です。
引き続き、富士通フロンティアーズを、どうぞよろしくお願い致します。

試合レポートを公開しました。是非、チェックしてください!
🔗 予選ブロック第2試合・東京ガスクリエイターズ


🔗 【富士通CM】 スポーツ篇「挑戦は終わらない」30秒
🔗 【富士通CM】 スポーツ篇「挑戦は終わらない」60秒

🔗 後援会・ファンクラブの専用サイトはコチラ

🔗 Facebook ★富士通フロンティアーズ
🔗 Twitter ★FRONTIERS公式アカウント
🔗 富士通FRONTIERS★パールボウル2019
🔗 富士通アメリカンフットボール部 FRONTIERS HP


3月24日(日曜日)「All Forワンッ!! DAY 2019 Supported by 川崎フロンターレ」に 参加致しました!


3月24日(日曜日)「All Forワンッ!! DAY 2019 Supported by 川崎フロンターレ」にトークショーのゲストとして#90藤谷、#55高橋が参加致しました!

当日はユニフォームに着替えて気合い充分

トークショーでは愛犬との生活を語りました。
両名とも、「現在は寮暮らしのため会えないのが寂しいが、実家に帰省した際は
必ず一緒に寝ている」というかわいい側面も。

普段のアメリカンフットボールの活動では見られない優しい笑顔あふれるトークショーとなりました。


※#55高橋選手の愛犬も一緒にステージに上りトークショーに参加しました。

終了間際にはフロンティアーズファンの方から
「何連覇できますか?」
という質問に、藤谷選手が
「1プレー、1試合を大事に戦う事が最も大事。その先に日本一があるし、
結果として連覇を伸ばすことが出来ると思っている
と、意気込みを込めて答えました。

フロンティアーズは既にシーズンインし、春季パールボウルトーナメントに
向けて活動を開始しています。
今シーズンもご声援のほどお願い致します!


🔗 【富士通CM】 スポーツ篇「挑戦は終わらない」30秒
🔗 【富士通CM】 スポーツ篇「挑戦は終わらない」60秒

🔗 後援会・ファンクラブの専用サイトはコチラ

🔗 Facebook ★富士通フロンティアーズ
🔗 Twitter ★FRONTIERS公式アカウント
🔗 富士通アメリカンフットボール部 FRONTIERS HP


実はこんなことがありました・・・


日本一の余韻に浸る暇もなく、新シーズンに向けて合同自主トレが始まっております

私は、まだまだ優勝の余韻に浸っていたい気分です!!
きっとフロンティアーズファミリーのみなさんも同じ気持ちかな?と思います

振り返ると大変なシーズン😱だったと思います。
どのくらい大変だったかは、以下の記事でヘッドコーチの藤田が語っている通りですね
🔗 富士通フロンティアーズ 2018シーズン振り返り

実は、違う意味でも大変だった試合があるんです。
それはレギュラーシーズン最終節(6節)、大阪遠征の試合です・・・

試合の前日に普段のグランドで練習をしてから、大阪に移動するというスケジュールだったのですが、移動日の夕方に新幹線が事故の影響で大幅に遅延してしまって・・・・

一部の選手を含むフロンティアーズのメンバーにも影響がありました。
私もその一人で、本当は夜の8時頃には宿泊するホテルに着く予定だったのですが、結局午前2時近くに着きました

同じ頃の電車に#71山本や#35竹内らも乗っていたようなので、翌日の試合は寝不足で疲れの残った状態だったんじゃないかな・・・と思います。そんな疲れも見せずにフィールドに立つ姿は「さすがだな~」と思わされました

試合への影響を懸念していましたが、当日入りのメンバーも含め、誰も試合に欠けることなく臨むことができ、心の底から安心したことを鮮明に覚えています。この試合が私のマネージャー人生の中で最も不安だったかもしれません。

無事に臨めて、無事に勝利できて、本当によかった😭😭😭。


🔗 【富士通CM】 スポーツ篇「挑戦は終わらない」30秒
🔗 【富士通CM】 スポーツ篇「挑戦は終わらない」60秒

🔗 後援会・ファンクラブの専用サイトはコチラ

🔗 Facebook ★富士通フロンティアーズ
🔗 Twitter ★FRONTIERS公式アカウント
🔗 富士通アメリカンフットボール部 FRONTIERS HP


川崎ブレイブサンダースの応援!


同じかわさきスポーツパートナーの🏀川崎ブレイブサンダースさん(以下、ブレイブサンダース)の応援に行かせていただきました

Webマガジン「バスケットボールキング」の中で、ブレイブサンダースの篠山竜青選手🏀とフロンティアーズの#81中村輝晃クラークが対談させていただいたことがきっかけ。

🔗 対談記事はこちらからチェック★

大学の同級生ということで、意気投合し、「試合観に来てよ~」なんていう篠山選手の一言から実現しました

ゲストという形で、選手紹介もしていただき、ありがたい限りです。また、会場に集まったブレイブサンダースのファンの皆さんにも「日本一おめでとう」とたくさん声をかけていただき、感激しました

試合の見せ方や企画がとても凝った物で、日常を忘れさせるような素晴らしい空間を味わうことが出来、マネージャーの目線としては終始勉強させられっぱなし…隅々までじろじろと見てしまいました!こういう素敵な空間を作れるように私たちも努力せねば!!
(完全に書き手の感想ですね!!本題に戻ります!!笑)

試合は、接戦ののちに見事勝利!!ということで、応援に行った選手たちも大盛り上がり★

試合後に感想を聞いてみると、

#23奥田凌大

■「初めてブレイブサンダースの試合を観戦しました!」という、#23奥田凌大は、
「辻選手の3ポイントシュートを含むゲームメイクが印象的で、会場もファン方々の熱気に包まれていて、終始興奮して応援させていただきました。同じ川崎のチームということで、多摩川の清掃等で一緒に活動させてもらったりと、親近感を持っていたので、今回白熱した勝利ゲームを観戦できたことで、とても刺激を受けました。会場のブレイブサンダースのファンの方にも声をかけていただきまして、本当にありがとうございました!!」

#45鈴木將一郎

■「息子がバスケやってます!バスケ観戦も大ベテラン!」という、#45鈴木將一郎は、
「逆転に次ぐ逆転!という競り合いを制した、チームの精神力はもちろんですが、試合後しばらくして控え選手達が自主練を始めたことにプロフェッショナルを感じましたし、我々も負けていられないなと思わされました。また、ホームゲームということもあり、ファンの皆さんの熱意に圧倒されました!また応援に行かせていただきます!」

#81中村輝晃クラーク

■きっかけの対談をおこなった#81中村輝晃クラークは、
「ブレイブサンダースさんのホームゲームということで、想像していた以上の規模感に魅了・興奮させられましたし、また応援に行きたいと思いました!篠山選手は、同じ大学・学部・学科、そして同じ川崎市を拠点としてスポーツ活動をおこなっている仲間として、意識もしているし、尊敬もしています。日本のバスケットボール界の顔でもある選手なので、自分も負けないように頑張って取り組みたいと、試合を観戦して改めて思いました」

オフシーズンではありますが、徐々に自主トレーニングが始まり出したこの頃。選手たちにとって、異競技の観戦はとても刺激的で、気持ちが奮い立つような経験だったようです★★★★

このような機会をいただき、誘って下さった篠山選手をはじめとするブレイブサンダース関係者の皆様、受け入れて下さった会場のブレイブサンダースファンの皆様に、感謝を申し上げたいです。また、次はフロンティアーズの試合に来ていただけると嬉しいです

これをきっかけに今後も一緒に川崎市を盛り上げていけるように頑張りたいと思います!!


🔗 【富士通CM】 スポーツ篇「挑戦は終わらない」30秒
🔗 【富士通CM】 スポーツ篇「挑戦は終わらない」60秒

🔗 後援会・ファンクラブの専用サイトはコチラ

🔗 Facebook ★富士通フロンティアーズ
🔗 Twitter ★FRONTIERS公式アカウント
🔗 富士通アメリカンフットボール部 FRONTIERS HP