ポジション紹介 – RB編


いつも応援ありがとうございます
今回のブログを担当する#33細井です

今回は、走り出したら止まらない!平成の飛脚軍団フロンティアーズの元気印RB(ランニングバック)、2013年度メンバーをご紹介!

RBはその名の通りボールを持ってひたすらゴールを目指す花形ポジション!走ってよし、キャッチよし、ブロックよしのバラエティ豊かなメンバーがそろうポジションです

まずは、今年のフロンティアーズの目玉!今夏より新加入の#29ジーノゴードン選手の紹介から!

ジーノの愛称で親しまれているハーバード大学出身のゴードン選手。お母さんは日本人で幼い頃は練馬区に住んでいたとかいないとか(英語でトークしたので自信がありません……)。
アメフトに関して言えばもちろん強い速い賢いの3拍子揃ったスーパーRB!ジーノが走りだしたらほらこのとおり(中央#29ゴードン選手)

誰も止められません
その姿はぜひ試合会場でご覧ください!

ちなみに写真で吹き飛ばされているメンバーは左下から#33細井(僕です)、左上#28進士選手、右横#20高野橋選手。
進士選手のふっ飛び方が半端ではないです!そんな進士選手ですが、今年もキレのあるカット※は顕在
※カット……ディフェンダーをかわす切替し動作

続いては、試合にドラマに、今シーズン大ブレイク中の#20高野橋選手!昨年くすぶった思いを爆発させるかのように、フィールドをヌルッと駆け抜けます!そんな高野橋選手から一言。

「やられたらやり返す!倍返しだ!」

あの主人公のような鋭い眼差し!しびれますね~
すでに今シーズンは、昨年を倍以上上回る活躍ぶり!フロンティアーズのエースを担う存在に成長 倍返しと言わずに100倍返しでお願いします

続いては#32後藤選手

#32後藤選手はややアヒル口が気になるところですがプレースタイルは『バイソン後藤』の異名を持つパワフルランナー
年々大きくなるヒップを活かしたプリプリ走りに注目!

続いて#30金選手

一見中学生のようなあどけない顔立ちですが、いざフィールドに立てばこの甘いマスクが闘争心溢れるソルジャーに大変身!

自分よりも大柄な選手相手に勇猛果敢に挑みます
子供たちに勇気を与えるみんなのヒーロー!そんな金選手に注目

最後は#6神山選手。

何でも器用にこなす変幻自在のトリックスター
独自の世界観を持ち、体の使い方を日々研究しながらトレーニングに励む姿は正にアスリートの鏡。映画のヒーローキャラクターからもヒントを得ているとか……神山ワールドは摩訶不思議でアドベンチャーなところがいっぱい!世界のヒーローからヒントを得た奇想天外な走りに期待しましょう。

以上になりますが今シーズンはこの7名のゆかいな仲間達で勝利を掴みとります!ぜひ、会場に足を運ばれた際には注目して見てみてください 応援よろしくお願いします

🔗 Facebook ★富士通フロンティアーズ
🔗 Twitter ★いろいろつぶやいてます
🔗 富士通FRONTIERS★Xリーグ2013特集
🔗 富士通アメリカンフットボール部 FRONTIERS HP


ポジション紹介 – LB編


フロンティアーズファンの皆様、いつも熱いご声援ありがとうございます!#41木下でございます。今回は守備の要、ディフェンスのブレイン、影の花形であるLB(ラインバッカー)の選手達をご紹介します!

が、その前に、LBとは何ぞやという方のために、簡単にLBの説明をいたします。

LBとはディフェンスの2列目にいる3人を指し、ランプレー、パスプレー両方に参加し、オフェンスラインと戦うパワーとレシーバー、ランニングバックに負けないスピードが必要なスーパーアスリート集団です。

LBの中でも細かくポジションが決まっており、ボールを中心に広いサイドを守るWilly(ウィリー)、狭いサイドを守るSam(サム)、フィールド全体を守り、司令塔の役割も担うMike(マイク)の3つに分かれます。

ですので、LBと言っても色んな人がいます。
では、そんなLBの個性豊かな選手達を紹介していきましょう。

まずは日本を代表するLB、フロンティアーズ最年長の#45鈴木 將一郎。すべてのブロッカーを薙ぎ倒し、ボールキャリアに襲い掛かる姿はまさに「ビースト」の名を欲しいままにしている。

そして、フロンティアーズディフェンスの司令塔、#5青木 悠二。副将でもある彼のリーダーシップはまさに神レベル!飲み会でも「笑いのコンサルタント」としてタクトを振るう生粋の指揮者。チームを勝利に導くキーマンです。

フロンティアーズLBの2枚看板にご注目ください!

続いては中堅の星。そのアグレッシブな姿勢で、ランプレーに対して絶大な強さを誇る「破壊王」こと#3上野 慶州は、今日も愛車の手入れに余念がない。

パワーとスピードを兼ね備え、どんな不利な状況に陥っても、自らの身体能力で打破していく、#54高崎 顕信は「鉄人」と呼ばれている。あとはセンスを磨くだけだ!

そして、今回の筆者でもあり、日本のサブカルチャーをこよなく愛する#41木下 恵一朗は、同期の#54高崎とは逆にセンスだけで色々ごまかしている。仕事、アメフト、家庭、ゲーム、漫画、アニメの6足のわらじを履いてがんばっている。

中堅3人が哀愁漂うプレーをお見せします。

やってきました、次世代のフロンティアーズLBを担う同期3人組。#8数田 良仁は2年連続LBパートリーダーを務める、信頼の厚い次期リーダー。彼のハードタックルは要チェック!

#51芹澤 隆文は「歩くスパコン」と呼ばれており、自身の持つ大量データから相手オフェンスを丸裸にし、全プレーを言い当てる。ハードヒットを信条とするパワープレーヤーでもある。

#54海島 裕希は小学校3年生からのアメフト経験に裏付けられた正確なプレー判断と、センス溢れるプレーでディフェンスを引っ張る。

今年、3人揃って入籍をしたことで幸せ一杯なのは言うまでもない。

最後は勢いのある、若手3人衆。

昨年、ディフェンスラインから移籍してきた#95前田 和律はその長い手足を上手に使ってがんばっている、今期一番の成長株。試合で活躍必至。

#49浦川 貴史は地味にビッグプレーを重ねる、次期司令塔筆頭!パワー、スピード、センスの三拍子揃った数少ない選手だが、あまりそうは見えない。……人は見かけによらないのだ。

たぐい稀なる身体能力を有し、その嗅覚はボールの位置を正確に捉え、広大なフィールドの8割を守備範囲とする彼の前では、野生のチーターも尻尾を巻いて逃げ出すと言われ、人類最強の呼び声も高いフットボール界の宝。「世界のTAKEUCHI」こと、#35竹内 修平。優勝の行方は、彼の活躍にかかっている。

フロンティアーズLBは以上11名で今年も優勝目指してがんばります!
ぜひ、試合会場にお越しいただき、LB達の活躍を生で楽しんでいただければと思います。
それではまたお会いしましょう!

🔗 Facebook ★富士通フロンティアーズ
🔗 Twitter ★いろいろつぶやいてます
🔗 富士通FRONTIERS★Xリーグ2013特集
🔗 富士通アメリカンフットボール部 FRONTIERS HP


ポジション紹介 – DL編


こんにちは

今回のポジション紹介は、DL(ディフェンシブライン)若手コンビの#65村井&#98南がディフェンスの最前線で戦うDLを紹介します

DLはOL(オフェンシブライン)との戦いはもちろんのこと、RB(ランニングバック)へのタックル、パスを投げるQB(クォーターバック)へのプレッシャーなど役割はさまざまです。

そんなDLには、

・OLとの押し合いに対抗する『パワー
・RBのスピードに追い付く『スピード
・どんな時もチームを盛り上げる『元気

の三つの特性が求められます。

DLには大きく分けて2つのポジションがあります

まずはDT(ディフェンシブタックル)からご紹介します

写真左上から、#65村井選手、#59古木選手、#92一木選手、#47セウマロ選手 写真左下から、#98南選手、#91安井選手
写真左上から、#65村井選手、#59古木選手、#92一木選手、#47セウマロ選手 写真左下から、#98南選手、#91安井選手

DTは最前線の真ん中でプレイをするため、『パワー』が特に必要です。
本来このポジションは#47セウマロ選手、#91安井選手、#92一木選手(三人の平均:身長187cm、体重125kg)の様な非常に大柄な選手が理想ですが、#59古木選手、#98南選手、#65村井選手(三人の平均:身長176cm、体重107kg)の様な小柄な選手もそれぞれの持ち味を活かし、活躍しています

次にDE(ディフェンシブエンド)の紹介です

写真左上から、#13平井選手、#97岩熊選手、#90黒澤選手、#9岡本選手 写真下、#94木村選手
写真左上から、#13平井選手、#97岩熊選手、#90黒澤選手、#9岡本選手 写真下、#94木村選手

DEは最前線のDTの外側でプレイをするため、『スピード』が特に必要です
このポジションは『スピード』が重視されるため、DTと違い一見すらっとした選手が目立ちます!(DEの平均:身長182cm、体重100kg)
相手がパスプレイの際は、洗練されたテクニックを武器にQBに襲い掛かります

11人と大所帯のDLから、今シーズンの注目選手を紹介します。

まずはアメリカより「BIG GUY」がやってきました

写真左から#65村井選手、#47セウマロ選手、#98南選手
写真左から#65村井選手、#47セウマロ選手、#98南選手

進撃の超大型新人、アンドリュー セウマロ(Andrew Seumalo)選手です
チーム一の大きな身体からは想像できないスピードと想像を超えたパワーのアンドリューは、「ドリュー」という愛称でチームメイトから呼ばれています

真面目で気の良い奴なので、みなさんもぜひ試合会場で「ドリュー!」とお声掛けください

続いてアンドリューに負けず劣らずの大巨漢、#92一木昭吾選手です

圧倒的なパワーと圧力で相手を戦意喪失させる一木選手。その大きな身体を見れば分かる通り「食」へのこだわりは人一倍。練習後には車で往復2時間かけて、食事にいくことも そんな一木選手にご注目ください

最後は#90黒澤順介選手です

いつも周りを笑顔にさせる、フロンティアーズのお笑い担当、黒澤選手。
日頃見せる雰囲気とは違い、華麗なパスラッシュで相手QBに襲いかかる姿は、本人の持ちネタであるランボーのよう フィールドではプレイで魅せ、サイドラインでは笑いで魅せる、黒澤選手にご注目ください

写真左上から、李コーチ、山田コーチ、#13平井選手、#92一木選手、#91安井選手、#90黒澤選手、#94木村選手、 写真左下から、#9岡本選手、#97岩熊選手、#98南選手、#47セウマロ選手、#59古木選手、#65村井選手
写真左上から、李コーチ、山田コーチ、#13平井選手、#92一木選手、#91安井選手、#90黒澤選手、#94木村選手、
写真左下から、#9岡本選手、#97岩熊選手、#98南選手、#47セウマロ選手、#59古木選手、#65村井選手

それでは、新戦力も加わりパワーアップしたDLにご注目ください
応援よろしくお願いします

🔗 Facebook ★富士通フロンティアーズ
🔗 Twitter ★いろいろつぶやいてます
🔗 富士通FRONTIERS★Xリーグ2013特集
🔗 富士通アメリカンフットボール部 FRONTIERS HP


ポジション紹介 – QB編


WR(ワイドレシーバー)へ華麗な放物線を描いたパスを投げ、時には自ら走り、チームを指揮する。その良し悪しがチームの命運を左右するチームの司令塔。その重大な役割を担うポジションであるQB(クォーターバック)!

今回は、リーダーシップあふれる2013年度QBメンバーを紹介します

まずはこの人から!

見た目は怖いですが根は真面目な#19吉田選手。
日本大学出身でランとパス、両方を兼ね備えた元祖ハイブリッドQB!誰よりも早くグラウンドに現れ、ストレッチ等身体の調整に余念がありません。また、私生活では娘に甘いパパでもあります。日本一にかける思いは人一倍強いものがあります!

続いて、今シーズン活躍著しい#12平本選手。

春からスターターを勝ち取り、パールボウル決勝まで引っ張った立役者です。吉田選手と同じく日本大学出身。中学時代にフラッグフットボールで日本一にもなっていて、アメフトを良く知るQBです。オフシーズンから自分を変えようとさまざまなことに取り組んでいて、今年にかける思いをひしひしと感じます。

そして新人の#15吉村選手。

強肩、俊足で大器の片鱗を見せつける通称“ドラゴン太郎”!また、大学時代は関西2部リーグの大阪教育大(国立)に所属。4年生時にチームを1部に上げた立役者。QB随一の学力を誇ります。将来は教育者を目指していた吉村選手ですが、高いレベルのフットボールで日本一を目指したくてフロンティアーズに入部しました。慣れない関東の空気で、謎の咳を発症しましたが今は復活。今後の活躍に期待大です!

最後に#18出原選手。

関西学院大学出身で、長身に甘いマスク、常に冷静で本格的なパサーと理想のQBを絵に描いたような選手です!高いプレー理解度、常に冷静なクォーターバッキングで確実に得点につなげます。いつもは冷静な出原選手ですが、飲み会の席ではおちゃめな一面を見せることも。本格的なパッシングオフェンスに注目です!

今シーズン、この4名でチームを初の日本一へと導きます!!

ぜひ、会場に足をお運びいただき、彼らのゲームメイクをご覧ください!応援よろしくお願いします!!

🔗 Facebook ★富士通フロンティアーズ
🔗 Twitter ★いろいろつぶやいてます
🔗 富士通FRONTIERS★Xリーグ2013特集
🔗 富士通アメリカンフットボール部 FRONTIERS HP


ポジション紹介 – DB編


いつもご声援ありがとうございます!
今回はアスリート集団、DB(ディフェンスバック)を紹介します。

DBはディフェンスの最後尾に位置し、主に相手チームパス攻撃を絶つ役割を持ち、SF(セーフティー)とCB(コーナーバック)の2つのポジションから成り立ちます。(※同じDBというポジションの中でも少し違った役割を持つのです。)

まずはSFのご紹介。
SFは守備の一番奥深くに位置し、ディフェンス全体を把握し、相手のランニングプレーやパスプレーでのロングゲインを阻止します。SFはディフェンス最後の砦。豊富な知識と経験、リーダーシップが必要なポジションです。そんなSFのメンバーはこちらです!

左から#7藤田選手、#16藤本選手、#40アディヤミ選手、#23善元選手、#34 樋田選手
左から#7藤田選手、#16藤本選手、#40アディヤミ選手、#23善元選手、#34 樋田選手

パートリーダを務める樋田選手を筆頭に、高い身体能力とアメフトIQを兼ね備える集団です!

続いて、CBのご紹介。CBは主に相手のWRへのパスを通させないことが役割で、高い身体能力に加え、冷静な判断力が必要なポジションです。そんなCBのメンバーはこちら↓

左から#14三木選手、#2佐藤選手、#21今井選手、#27山田選手、#24田中選手
左から#14三木選手、#2佐藤選手、#21今井選手、#27山田選手、#24田中選手

チーム1,2を争うスピードを持つ#2佐藤選手のほか、個性溢れるアスリート集団であるCB。相手チームのWRとの戦いにも期待してください!

さらに今シーズンは、新加入の#40アディヤミ選手、#24田中選手が加わり、10名のDBメンバーでフィールドを駆け回り、チームを勝利に導きます!!

是非、会場に足を運ばれた際には注目して見てみて下さい。新加入のアディヤミ選手(通称アディ)が魅せる本場の動きも必見です!応援よろしくお願いします!

最後はDB全員でパシャり。

パートリーダー#34 樋田選手を中心に、対戦相手を「迎撃」する日本一のユニットを目指します!

🔗 Facebook ★富士通フロンティアーズ
🔗 Twitter ★いろいろつぶやいてます
🔗 富士通FRONTIERS★Xリーグ2013特集
🔗 富士通アメリカンフットボール部 FRONTIERS HP


ポジション紹介 – WR編


みなさんこんにちは!#81中村輝晃クラークです!!
今回は僕のポジションであるWR(ワイドレシーバー)を紹介しますね。

QB(クォーターバック)から放たれたパスを華麗にキャッチし、誰もが一度は憧れるであろうアメフトの花形ポジションであるWR。一つのキャッチで良くも悪くも一気に試合の流れを変えてしまうプレッシャーの中で、必ずしも体の大きさや足の速さが求められるわけではない!

・QBから投げられたボールをどんな状況でも捕球する“強い気持ち”
・その場の状況に応じて冷静に自分の役目を判断し、オフェンスの“仲間のために働く”(パスコースの走り方や味方選手のためにブロックをする)
など、生きていく上で必要とされる重要なメンタリティが求められる。

このポジションで活躍する個性豊な2013年度メンバーを紹介します。

先ずはこのお2人から!

う~ん、、顔がなんか似てますね。。。
そうです!!ご存知の方もいると思いますが、
既にチームの顔となっている宜本兄弟です!
(上:兄の#4慎平、下:弟の#22潤平)

なんと、子供のころからずっと同じ進路・チームを歩んできたそうです。仲もとても良いみたいですね。体のサイズ・プレースタイルは全く違いますが、彼らで共通しているのは、なんといっても“負けん気の強さ”です!

続いて、宜本兄弟と同じ高校・大学出身でもある#85森 正也 選手

体の大きさからは想像もできないほどの俊敏さ、そしてキャッチングセンスとパワーを兼ね揃えるアスリートです。少し落ち着きがなく、おしゃべりなところもありますが、いつも笑顔で素敵です。

最後に、女性アメフトファン必見のWRイケメンユニット!
※宜本兄弟のご意向もあって、誠にあつかましいお話ですが、わたくしもこのユニットに所属させて頂きます。

左から#1強選手、#81僕、#25成田選手、#17秋山選手
左から#1強選手、#81僕、#25成田選手、#17秋山選手

#1強 盛 選手は、現在WRのポジションリーダーを務めていて、みんなを引っ張る存在です!面倒見も良く、僕もいつもかわいがってもらっています!

#25成田 竜馬 選手は、僕と同じ日本大学出身。おっちょこちょいで少し天然キャラ?ポジション内でもいつもみんなから可愛がられています!羨まし~。

#17秋山 武史 選手は、チーム1のポテンシャルの持ち主!美貌・身長の高さ・スタイルの良さ・運動能力と、完璧です!活躍間違いなし!!

#81中村 輝晃 クラーク 僕はと言いますと、、、
最近チームのポスター・スポーツガイドブックを制作しました。そしてWIDE TEAMのT-shirtをデザインしました!ここだけの話かなり好評なんです!#1強選手・#17秋山選手と僕が写真でも着てるものです。

今シーズン、この7名のWR陣でチームの勝利を掴みとります。是非、会場に足を運ばれた際には注目して見てみて下さい!そして気軽に声かけてください!みんな優しいので!!応援よろしくお願いします。

🔗 Facebook ★富士通フロンティアーズ
🔗 Twitter ★いろいろつぶやいてます
🔗 富士通FRONTIERS★Xリーグ2013特集
🔗 富士通アメリカンフットボール部 FRONTIERS HP


ポジション紹介 – TE編


みなさん、こんにちは!TE#93金本です。
今日はタイトエンド(以下、TE)について、紹介したいと思います。

TEというポジションは、OLの端に位置し、ランプレーではOLと一緒にブロックをしたり、パスプレーでは、QBからのパスをキャッチしたりと、パワーとスピードを兼ね備えたオールマイティな能力が必要なポジションです。TEはパワー、スピード、スタミナ、捕球力などが要求されるもっとも難しいポジションのひとつです。

フロンティアーズのTEの平均身長は184cm、平均体重100kgとなっており、40yds走(約37m走)を4秒台で走る選手ばかりです。50mで換算すると6.7秒くらいではないでしょうか。184cm100kgの巨体が50m走6.7秒のスピードで走るアスリートの集団なのです。

まずは右から

#83春田選手(#2の練習用ジャージを着ています)彼はなんと言っても筋肉!ベンチプレス200kgももう目の前!!そのパワーで相手を圧倒するところに注目!試合会場で会ったら腕を触ってみてください!!

#88大橋選手
彼の持ち味はスピード。186cm110kgの体格で40yds走4.55秒というチーム1,2を争うスピードで走る脚力をもっており、“和製黒王号”と呼ばれています。そのスピードを活かしたランブロックと、パスキャッチ後の大橋選手のスピードに注目!

#48白木選手
白木選手はMr.オールマイティ。ランプレーでは安定感のあるブロックでRBの走路をこじあけ、パスプレーではOLから転向してきたとは思えない4秒台の脚力でディフェンスを翻弄します。女性ファンの多さにも注目!(笑)

#44前田選手
過去、足を骨折した際に装着したギプスを自宅にて出刃包丁で取り除き、次の日から練習をしていたTEの番長”前田”選手。その気持ちの強さで、笛がなるまで最後までしつこく相手をブロックし、味方がタッチダウンした際には必ず一番にその選手に駆け寄る。ブロックをする選手の鏡である。見た目はちょっと怖いけど、とっても優しい人だよ。

真ん中の#89植田選手
TE最年長の“膝神リーダー”植田選手。その膝を駆使したブロックは青天(※注)を量産する。走る際にはひじを伸ばして走る。彼がひじを曲げて走る際には#88大橋選手より速く走るとも言われている。TE最年長にも関わらず、”伸びシロ”の塊である彼から目を離せない!

※注:ブロックした相手に青い空(天)を見せる=相手を仰向けに倒すこと

そして最後に左端がわたくし#93金本啓志です!
先輩方曰く、今年の新人金本。彼の特徴はなんと言っても声の大きさ。ハドルの中でもサイドラインでも大きな声で味方を盛り上げます。長身と長い手を活かしたブロックとパスキャッチにも期待。

との事なので、期待に応えられるよう、精一杯頑張ります!

以上6人のユニットとなっています。フロンティアーズのオフェンスにはどのプレーにもTEがキーとなっています。オフェンスが通るか通らないかは、TEにかかっていると思うので、TEが活躍してチームを日本一に導きます!

応援よろしくお願いします。

🔗 Facebook ★富士通フロンティアーズ
🔗 Twitter ★いろいろつぶやいてます
🔗 富士通FRONTIERS★Xリーグ2013特集
🔗 富士通アメリカンフットボール部 FRONTIERS HP


ポジション紹介 – OL編


みなさん、いつもご声援ありがとうございます!
今期、オフェンスライン(以下、OL)のポジションリーダーを務めている#55高橋です。

今日は皆さんにOLの役割とフロンティアーズのOLをご紹介したいと思います。

アメフトにおけるOLの役割は大きく分けて2つ。
1つ目はボールキャリアの走路を切り開くランブロック。
2つ目はパスを投げるQBを守る、パスプロテクションです。

ここでお気づきの方もいると思います。そうです。
OLはボールを持たないポジションなんです。

間違えてパスをキャッチしたらどうなるか。なんと……反則です。
球技なのに球技じゃない。それがOLです。地味ですねー

それではそんな体を張ってプレーするフロンティアーズOLを紹介します。今回はOLの特徴でもある、身体の大きさ=体重の重い順番に左から並べてみました。

左から#57斎田選手、#58山元選手、#75勝山選手、#74村田選手、#66望月選手、#73海津選手、#72小林選手、#71山本選手、#50岸田選手、#55高橋選手、#56高崎選手
左から#57斎田選手、#58山元選手、#75勝山選手、#74村田選手、#66望月選手、#73海津選手、#72小林選手、#71山本選手、#50岸田選手、#55高橋選手、#56高崎選手

1位の斎田選手は身長185cm、体重なんと130kg、大きいですねー。
ここで普段何を食べているか聞いてみました!

「たいしたものは食べてないですよ。普段の3食+2食ぐらいで、1食が普通の人の1回の食事の1.5倍ぐらい食べてれば誰でもこんな感じになれますよ?」

すごいですねー。1日で普通の人より倍の量を摂っているとこうなるんですね!

こちらは最下位の高崎選手。180cm、106kgだそうです。
体重増やすために頑張っていることを聞いてみました。

「しっかり筋トレすることと……あまりトイレに行かないことですかね?!笑)」

トレーニングはわかりますがあまりトイレに行かないって……健康に悪いのではないでしょうか

でも最下位の人でも体重が3ケタなんて、結局みんな大きい人ばかりですよね!そんな巨漢軍団のOLが、今年のフロンティアーズオフェンスを引っ張ります。

皆さん、ぜひ会場に足を運んで、その迫力を生でご覧ください!
次戦も応援よろしくお願いします。

🔗 Facebook ★富士通フロンティアーズ
🔗 Twitter ★いろいろつぶやいてます
🔗 富士通FRONTIERS★Xリーグ2013特集
🔗 富士通アメリカンフットボール部 FRONTIERS HP