OL#57斎田哲也:フォースダウンギャンブル


12月16日(月曜日)に東京ドームで開催されたジャパンXボウル、
第1Q、フロンティアーズが先制点を上げたシリーズは、ともて印象的でした

敵陣で攻撃を得たもののサードダウンが更新できず、フォースダウンで残りは6ヤード。ボールは敵陣38ヤードと、FGを蹴るにはやや遠いシチュエーション。

タイムアウトの後に、ギャンブルに出たフロンティアーズは見事にオフェンスライン(OL)が時間を作り38ヤードのロングパスをサポートしました。

その時の状況をOL(ガード)の #57斎田哲也に聞くと、

「こういう状況も想定して練習してきたので、不安はありませんでした。自分のやるべきことに集中できたのがよかった」

と、その斉田は負傷により途中交代となりましたが、

「サイドラインで信じて見ていた。最後まで、誰一人諦めずにプレーできたのが勝利につながったと思う」

と、試合後は喜びを爆発させていました


🔗 後援会・ファンクラブの専用サイトはコチラ

🔗 Instagram ★FRONTIERS公式アカウント
🔗 Twitter ★FRONTIERS公式アカウント
🔗 Facebook ★富士通フロンティアーズ
🔗 富士通FRONTIERS★Xリーグ2019特集
🔗 富士通アメリカンフットボール部 FRONTIERS HP