LB#47山岸明生「ディフェンスで勝つ」


先制したものの同点に追いつかれ、一時は逆転を許したエレコム神戸ファイニーズ戦。試合中は、これまでの4戦とは違った緊張感がありました。

LB#47山岸明生に話を聞くと、

「序盤の展開を受けて、『今日はディフェンスで勝つ』と、サイドラインで話した時にはいつもとは違った雰囲気がありましたね。どんな状況でも目の前のプレーに集中するように、日頃から想定して練習していますが、やっぱり試合で緊迫した状況になると上手くいかないこともある。ディフェンスの粘り、ターンオーバーをしてオフェンスにボールを渡す大切さを改めて感じた試合でした」

と、厳しい表情で試合を振り返ります。
ラインバッカーとしての個人的なテーマはボールへの集まり。

「ボールキャリアーにしっかりと寄り切るのが目指すプレースタイル。タックルで相手を止めることを大切にしているけど、どんな形であってもプレーが終わるときにはボールの近くにいたい」

次戦もフィールドを駆け回る#47に注目です。


🔗 後援会・ファンクラブの専用サイトはコチラ

🔗 Instagram ★FRONTIERS公式アカウント
🔗 Twitter ★FRONTIERS公式アカウント
🔗 Facebook ★富士通フロンティアーズ
🔗 富士通FRONTIERS★Xリーグ2019特集
🔗 富士通アメリカンフットボール部 FRONTIERS HP