【小話】LB#52海島裕希「あの瞬間のために」


いつもブログを読んでくださり、ありがとうございます!
今回もちょっとした【小話】を書いていきたいと思います!

先日のオービックシーガルズ戦。
とってもヒリヒリする展開の中、#40アディヤミが第4クオーターにインターセプトをした瞬間、試合は終わっていなかったですが、勝利を確信したあの時、フィールドとスタンドの一体感は、他ではなかなか得られない、かけがえのないものでした

「たぶん俺、あの瞬間のためにアメフトしてるんだな~って思った」

練習前にLB#52海島裕希がしみじみと話していました。
(以下、普段の呼び方で海島さんと書きますが、お許しください)

「あの一体感ってすごいよね。観客の歓声もすごいし、もう誰が誰だかわかんないけど、嬉しくて隣に居たやつらとハグしたりねこの歳になっても、良いプレーができなかったらめっちゃ悔しくて落ち込んで、良いプレーができたらめっちゃ喜んで」

そう続けました。

それだけ『アメリカンフットボール🏈という競技』、『フロンティアーズというチーム』に、本気で向き合って、本気で取り組んでいるからこそ、そんなにたくさんの感情を抱くんだと思います。

海島さんのあの熱い心とクールな頭は、フロンティアーズの武器です。

チームの中では、ベテラン。
「それでもまだまだ上手くなれる」

自分自身の可能性を、そう信じて前に突き進む姿は、チームメイトや周りの人に様々な感情をもたらしてくれます。周りをも本気にさせる、そんな存在だと思います。

そして、海島さんだけではなく、ほとんどの選手・スタッフがあのかけがえのない瞬間のために本気でフットボールに取り組んでいます。「そんなフロンティアーズの本気を東京ドームで直接観てほしいな~と思った」という【小話】でした。

NEXT GAME
2018年12月17日(月曜日)
19:00キックオフ
@東京ドーム(1塁側)


🔗 後援会・ファンクラブの専用サイトはコチラ

🔗 Facebook ★富士通フロンティアーズ
🔗 Twitter ★FRONTIERS公式アカウント
🔗 富士通アメリカンフットボール部 FRONTIERS HP
🔗 富士通FRONTIERS★Xリーグ2018特集