#97納所幸司選手「#5→#97に変わりました」


8月26日に行われたIBMビッグブルーとの開幕戦、スターターとしてキックオフのキッカーを務めたのは納所幸司選手でした。

「最初は緊張していましたが、コーチから『いつも通りにプレーしろ』と言われて気が楽になりました。ただ、作戦通りのポイントに上手く蹴れない場面もあり、試合で精度の高いキックを蹴るのが課題です」

と、試合を振り返ります。

「#97納所」と聞いて「んっ」と思った人、そうなんです、今季から背番号が変わっているんです。

なんでも、今季入団したジョー・マシス選手に「思い入れの強い番号だから、どーしても譲って欲しい」とお願いされたそう。

それならば、と快諾した納所選手は空き番号の中から、久留米大学の先輩でありDLとして活躍した岩熊選手がつけていた#97をチョイスしたんです。

「アメリカの大学のキッカーには、結構90番台が多いんです。大学の先輩がつけていた番号で、チームの勝利に貢献できるキックを蹴りたいです」


🔗 ファンクラブの入会・更新はコチラ

🔗 Facebook ★富士通フロンティアーズ
🔗 Twitter ★FRONTIERS公式アカウント
🔗 富士通アメリカンフットボール部 FRONTIERS HP
🔗 富士通FRONTIERS★Xリーグ2018特集