新記録でMVPを奪取 WR#81中村輝晃クラーク選手


12月18日(月曜日)、東京ドームにて開催された第31回Japan X BowlでMVPに輝いたのは#81中村輝晃クラーク選手。

1タッチダウン、7レシーブで203ヤードの獲得は大会記録を更新。「ずっと欲しかったMVP」を手にした。タッチダウンのプレーと共に印象的だったのが、1Qで同点に追いつかれた後のシリーズ。2シリーズ続けてタッチダウンを奪ったが、直前のプレーはいずれも中村選手へのロングパス🏈。

「しっかり刻んで、要所で決める。ゲームプラン通りのプレーができました。今シーズンはずっと思うようなプレーが出来ずに悔しい思いをしましたが、この舞台で自分がやらなきゃいけないことができたのは嬉しい限り。『MVPが欲しい』ってずっと言ってきたので、今年やっと念願が叶いました!」

また、日本一を決めるライスボウルでは母校との対戦が決まっている。

「甲子園ボウルは、ライブで見られなかったんですが、帰宅後にすぐにみました。母校との対戦はいろんな思いがありますが、絶対勝ちます」

さらに目立つプレーを狙っている。

🔗 ファンクラブの入会はコチラ

🔗 Facebook ★富士通フロンティアーズ
🔗 Twitter ★FRONTIERS公式アカウント
🔗 富士通FRONTIERS★Xリーグ2017特集
🔗 富士通アメリカンフットボール部 FRONTIERS HP