RB#33高口和起選手「チームメイトを信じて走る!」


10月29日(日曜日)に行われたオービックシーガルズ戦、4Qに先制のタッチダウンを決めたRB#33高口和起選手。

「ディフェンスが頑張っていたし、『やるしかない、自分が決めてやろう』という気持ちが強くなった。オフェンスも3Qから波に乗っていて、チームメイトを信じれば行けると思った」

2年目を迎えた今シーズン、フロンティアーズのオフェンスにも慣れてきました。

「去年と比べて、ミーティングで言われたことを試合で実践できる確率が上がっています。OLとのコンビネーションも良く、ユニットとして上手く機能できています」

次戦以降も活躍を誓う。

「とにかく悔いのないシーズンを送りたい。ここからは今日のような試合が続くと思いますが、体も心もしっかりと準備していきたいです」

フィールドを力強く駆け抜ける、その姿をぜひ会場で!

🔗 Facebook ★富士通フロンティアーズ
🔗 Twitter ★FRONTIERS公式アカウント
🔗 富士通FRONTIERS★Xリーグ2017特集
🔗 富士通アメリカンフットボール部 FRONTIERS HP